1. TOP
  2. 【美肌づくり】超!初心者向けのスキンケア基礎知識と習慣 〜方法を知ればきっと目指せる 女優肌〜
Sponsored Link

【美肌づくり】超!初心者向けのスキンケア基礎知識と習慣 〜方法を知ればきっと目指せる 女優肌〜

【美肌づくり】超!初心者向けのスキンケア基礎知識と習慣 〜方法を知ればきっと目指せる 女優肌〜

「潤いのあるみずみずしい肌になりたい!」
「キメが整ったきれいな肌に憧れる!」
美肌は女子の永遠のテーマです。

でわ実際にどうしたら美肌になれるのでしょうか?

「毛穴の黒ずみは綿棒で取ろう!」
「しみにはプラセンタエキスが良い」
いろいろな情報がありますが、
はっきり言ってよくわからないし、
何が自分に合うのかもわからない。

時間も無いので、
取り合えず化粧水をパパッと
つけて終わらせているあなた!

今のスキンケアの影響が
5年後10年後のお肌に
形となって現れますよ!

ここでは初心者の方でもわかりやすく、
美肌作りの基礎知識と
習慣をお伝えしようと思います。

既にスキンケアに関しては自信があるという
あなたもお肌の仕組みから一緒に復習して
みませんか?
もしかしたら新たな発見があるかもしれませんよ!

いちご鼻の改善方法については
《いちご鼻が治らない!》諦めないで!原因を知ってあなたもツルツル美鼻へ!治し方や改善方法をご紹介!
こちらをご覧ください!

そもそも美肌ってどんな肌?

「美肌になりたい!」
「きれいになりたい!」
と願う女子は多いはずです。
では美肌とはどのようなお肌でしょうか?

筆者がパッと思いつくのは、
女優の綾瀬はるかさんのお肌。
あの毛穴一つないキメの整ったお肌!透明感!
吸い込まれそうです!

小雪さんの、しっとりとした美白肌にも憧れます。
篠原涼子さんの、血色の良いハリのあるお肌。
桃井かおりさんの年齢を感じさせない
つややかなお肌。

芸能人にはお肌がきれいな人がたくさんいます。
では人は何を持って「あの人は美肌だ!」と
判断するのでしょうか?

一般的な美肌の定義をご紹介します。

①キメが整っている
毛穴が目立たたず凹凸のないつるっつるのお肌

②潤いに満ちている
十分に水分が保たれた、みずみずしいお肌

③弾力とハリがある
しわやたるみがない、
ふっくらとした若々しいお肌

④肌の色が均一で血色が良い
くすみ、しみがなく、顔全体が明るいお肌

みなさんのお肌はどうでしょうか?

①~④全てを叶えることは難しいと思います。
キメの細かさは生まれ持ったものが
大きいと言われていますし、
弾力やハリなどは年齢と共にどうしても
失われます。

しかし諦めてはいけません。
きれいにならないお肌なんてないのです!
努力次第で今抱えているお肌トラブルを改善し、
憧れの美肌に近づけるはずです!

美肌とは、健康で美しいお肌のことです。

今のお肌は日々の生活で作られたものです。

正しいスキンケアと
お肌に良い生活習慣を
コツコツ続けて
憧れの美肌を手に入れましょう!

超基本!お肌(皮膚)の仕組み!

【美肌づくり】超!初心者向けのスキンケア基礎知識と習慣 〜方法を知ればきっと目指せる 女優肌〜

「美肌の目標を立てたら、
次はスキンケアの方法!」

と、なりがちですが、
まずは一歩踏みとどまって
お肌の仕組みについて学びましょう!

美肌になりたいのであれば、
まずはターゲットである
お肌についてを知るべきです!

お肌は外側から
「表皮」「真皮」「皮下組織」
3つに大きく分けられます。

一番外側にある「表皮」は、
外からお肌を守る
バリアーの役割を担っています。

紫外線、気候の変化、乾燥、ウィルス、細菌等
お肌は常にトラブルになりえる危険に
さらされています。

この表皮(バリアー)が
様々な外部刺激をはねのけて、
お肌内部への攻撃を防いでくれているのです。

表皮はさらに内側から
「基底層(きていそう)」
「有棘層(ゆうきょくそう)」
「顆粒層(かりゅうそう)」
「角質層(かくしつそう)」
の4層になっています。

ターンオーバーとは

みなさん「ターンオーバー」という言葉を
聞いたことはありませんか?

実は、この表皮、
常に再生を繰り返しています。

健康なお肌ですと大体28日間で、
基底層で作られた基底細胞が、

有棘細胞→顆粒細胞→角質細胞と
順番に形を変え、

「角質層」まで押し上げられ、
表面に見える皮膚となります。

新しい皮膚ができると、
古い皮膚は垢となり、
剥がれ落ちます。

これがターンオーバーです。

例えば紫外線を大量に浴びてしまい、
日焼けをしてしまった表皮。
当然そのバリアー機能は低下します。

しかし心配はありません。

ターンオーバーにより、
新しく強い表皮(バリアー)が再生され、
再び身体を守ってくれます。

新しい表皮に変わるのですから、
見た目も元のきれいなお肌に戻ります。

このターンオーバーを正常に機能させることが、
美肌につながります!

「真皮」は、
お肌のハリや弾力を保つ役割があります。

みなさんコラーゲンという言葉を良く
聞きますよね?

実はこのコラーゲン、
真皮を構成するたんぱく質の一つです。

真皮は、この「コラーゲン繊維」と、
弾力性のある「エラスチン繊維」で
ネット上に構成されています。

そして、ヒアルロン酸等からなる気質が
たっぷりの水分を抱えて、
「コラーゲン繊維」と「エラスチン繊維」
の隙間を埋め、表皮を内側から
支えてくれています。

「コラーゲン繊維」「エラスチン繊維」「気質」
この構造が崩れると、
そこから「しわ」や「たるみ」が
できてしまいます。

若々しいお肌を保つためには、
この「真皮」を外部刺激から守り、
きちんと栄養を与え、
健康な状態にしておくことが重要です!

お肌の一番内側にある「皮下組織」は、
衝撃を和らげるクッションの役割を
果たしています。

これらを構成する細胞は「脂肪」です。
聞こえが悪いですが、この「脂肪」が女性らしい
弾力のあるお肌を下から支えてくれています。

太ってしまい、皮下組織を構成する脂肪が
分厚くなると、真皮のハリを下から押し上げ、
潰してしまいます。

ダイエットしたら老けてしまった
という人いますよね?
これは太った時に、
真皮を潰してしまっているからなのです。

真皮が潰れてしまうと、そこから
しわやたるみができて、
やつれたような顔になります。

逆に痩せすぎで、
皮下組織を構成する脂肪が薄いと、
真皮のハリを支えられず、
凹んでしまい、
これもまたしわやたるみ悪化の
原因となります。

美肌になるためには、きちんと体重を管理し、
ほど良い脂肪をキープしなくてはいけません。

お肌は、常に身体を守るために戦っています。
ニキビやしわ、たるみ等のお肌トラブルは、
お肌があなたに助けを求めているサインです。

おなたのお肌は、あなたにしか守れません。
「表皮」「真皮」「皮下組織」の健康を守り、
それぞれの役割をきちんと果たしてくれるように、
体調管理、スキンケアをしっかり行いましょう!

化粧品の基礎知識

【美肌づくり】超!初心者向けのスキンケア基礎知識と習慣 〜方法を知ればきっと目指せる 女優肌〜

お肌の仕組みを理解したら、
次はスキンケアの方法です!

スキンケアと聞いて思い浮かべる化粧品は、
化粧水、美容液、乳液、クリームですよね。

みなさん、それぞれ何のために塗り、
どのような効果があるのか、
きちんと知っていますか?

ここではスキンケアに欠かせないアイテムの
基礎知識とその効能をお伝えしようと思います。

化粧水

化粧水の大部分は水分でできています。
水分は浸透性に優れていますが、
すぐに蒸発してしまいます。

よく化粧水でお肌を潤そうと
考えている人がいますが、
実は化粧水に水分を保つ効果はないのです。

でわ化粧水は何のためにあるのでしょうか?

洗顔後、お肌は乾燥した状態になります。
お肌の一番外側にある表皮「角質層」の一部が
汚れと共に落とされて、お肌内部の水分の蒸発を
防ぐバリアーが薄くなっている状態です。

乾燥してごわごわしているお肌に、
潤いを与えようと、
栄養たっぷりな美容液を与えても、
お肌内部まで届きません。

化粧水は、そんな乾燥したお肌に一時的に
水分を与え、整え、柔らかくし、
次につける栄養価の高い化粧品を
通りやすくします。

美容液

美容液は、
保湿や美白などの美容成分を多く含み、
お肌内部に潤いを留める働きがあります。
化粧水にも保湿成分は入っていますが、
美容液の方が濃度が高いです。

そのため美肌になるためには、
この栄養価の高い美容液をどれだけ
お肌に浸透させられるかが鍵です!

一般的にジェル、エッセンス、美容乳液と
呼ばれているものは、美容液に該当します。

また、
「しみやくすみを目立たなくしたい」
「肌にはりを出したい」等、
個々のお肌トラブルに特化したものが
売られています。

自分のお肌の状態に合った美容液を選び、
目標の美肌を手に入れましょう!

化粧水はフランス料理で言うところの前菜です。
美容液はそのメインディッシュなのです。

乳液

乳液は、化粧水や美容液に比べ、
油分の割合が多い化粧品です。

油分は水分に比べて浸透性が無く、
お肌内部まで届きませんが、
言い換えれば蒸発せずに留まって
くれるということになります。

乳液がお肌表面を覆うことで、
お肌の水分の蒸発を防ぐバリアーとなります。

乳液は大体以下の3つに分けられます。

①保湿乳液
一般的な保湿効果の高い乳液です。
水分の蒸発を防ぎ、潤いを与えてくれます。

②UV乳液
日中付けることが多く、紫外線からお肌を守り、
しみやくすみ、そばかすを防いでくれる乳液です。

③ティント乳液
日中付けることが多く、お肌に近い色素が
含まれていて、化粧下地の働きがある乳液です。
紫外線防止成分も含まれていて、
これ一本で、乳液、下地、日焼け止め
の機能を果たしてくれるものもあります。

【美肌づくり】超!初心者向けのスキンケア基礎知識と習慣 〜方法を知ればきっと目指せる 女優肌〜

クリーム

クリームは、乳液よりも
油分の割合が多いものです。
役割も乳液と同じですが、油分が多い分、
水分の蒸発を防ぐバリアーの効果が高いです。

乳液・クリームの注意点

日中は紫外線や乾燥からお肌を守るために、
乳液またはクリームの塗布が必要ですが、
夜のスキンケアでは、あまり必要ありません。

大体の人は、洗顔後時間が経つと、
自然に皮脂が分泌され乳液やクリームと
同じ働き(乾燥を防ぐバリアー)をします。

酷い乾燥肌の人は
顔全体に塗布した方が良いですが、
そうで無い人は、
目の周りや口元など、
乾燥しがちなエリアにピンポイントで
使用すると良いでしょう。

過剰な油分は、そのままほっておくと
ニキビや吹き出ものの原因となります。

もし使うにしても乳液やクリームは
ベタベタした感じのないものを選びましょう。

また、お肌の状態は季節や体調により
日々変化します。
重要なのはその時々に合わせて、
化粧品の量やその油分の量を調節し、
お肌に与えることです。

夏は皮脂腺から皮脂が大量に分泌されるため、
角質層を覆う皮脂幕が充実しています。
そのため、洗顔後の保湿ケアは
化粧品→美容液までにして、
乳液・クリームはの使用を控える等
調節が必要です。

逆に冬は乾燥しがちなので、
油分の多いクリームを使用する等、
お肌のコンディションに合わせたケアが必要です。

自分の肌状況を知るには

「今自分のお肌がどのような状態か」
「自分に合う化粧品はどれか」
これらは化粧品をつけて
一晩寝た朝にチェックできます。

朝、お肌がベタベタしていたら、
過剰な栄養を与えすぎています。
美容液をさっぱりしたもに変えたり、
乳液やクリームの使用を控えたりして
様子を見てください。

乾燥しがちであれば、
濃いめの美容液に変えたり、
油分の多いクリームを塗ったりしましょう。

【美肌づくり】超!初心者向けのスキンケア基礎知識と習慣 〜方法を知ればきっと目指せる 女優肌〜

正しいスキンケアの順番

それぞれの化粧品の基礎知識を知ったあなた!
もうスキンケアの順番もおわかりですよね?

正しいスキンケアの順番は、
①化粧水→②美容液→③乳液またはクリームです。

まず化粧水が、
洗顔後乾燥しがちなお肌に水分を補い、
お肌を柔らかく整え、次に使う美容液の
通り道を作ってくれます。

次に浸透しやすくなっているお肌へ
美容液を使い、内部まで保湿や
美白などの美容成分を届けてくれます。

最後に季節に合わせて乳液または
クリームでふたをして終わりです。

定期的に行うと効果大!フェイスパック!

皆さんフェイスパックを使用していますか?

①化粧水→②美容液→③乳液またはクリームの
基本的なスキンケアをしっかり行うことで
お肌は改善されますが、
それに加えて定期的にフェイスパックを
使用すれば、更に美肌へと近づくこと
ができます。

云わばフェイスパックとは、
日頃疲れたお肌への
ご褒美・スペシャルケアです。

使用するタイミングは、
裏面の使用上の注意で書かれています。

ここでは代表的なフェイスパックを
紹介しようと思います。

シート型フェイスパック

顔の形をしたシート状のマスクを
お肌に乗せるだけの簡単なフェイスパックです。
色々な美容成分を配合しているものがあるので、
その時々のお肌の悩みに合わせたものを
選ぶと良いでしょう。

■おススメのシート型フェイスパック■

①ルルルン フェイスマスク ルルルンプレシャスRED
お米の力でお肌にハリと潤いを導き、
キメを整えてくれるエイジングケア用
フェイスマスクです。

②クオリティーファースト オールインワンシートマスク モイスト
35種類の美容成分を贅沢に配合し、
1枚で化粧水・美容液・乳液の役割を
果たすオールインワンシートマスクです。

Rihoさん(@r.xoxo18)がシェアした投稿

③SK-II フェイシャル トリートメントマスク
ピテラという保湿成分がたっぷり配合されていて
本来のお肌の働きを整え、潤い溢れるお肌に
導くフェイスマスクです。

塗るフェイスパック

クリーム状やジェル状のものがあり、
お肌に塗った後一定時間放置し、
剝がしたり洗い流したりするパックです。

保湿はもちろん、
余分な皮脂等を除去する働きもあるので、
くすみや毛穴詰まりのお肌トラブルがある人は、
このパックがオススメです!

顔全体に塗る手間はかかりますが、
上記シート型フェイスパックでは
くり抜かれていることが多い
目の周りや口元など細部まで
塗布することができます。

■おススメの塗るフェイスパック■

①豆腐の盛田屋 盛田屋豆乳よーぐるとぱっく 玉の輿
豆乳やヨーグルト、はちみつ等の美容成分を
たっぷり含み、もっちりツヤ肌に導いてくれます。
塗って5分後洗い流すタイプのパックです。

@s_sukisugiがシェアした投稿

②エリクシール シュペリエル スリーピングジェルパック W
コラーゲン等の美容成分をたっぷり含んだ
ジェル状のパックです。
夜、いつものスキンケアの後に塗って
寝るだけで翌朝吸い付くようなツヤ肌
になれます。

③ハウスオブローゼハーバルクレイパック
毛穴の汚れを無理なく落とし、
お肌を引き締めながら、
6種類のハーブエキスが潤いを
与えてくれるクレイパックです。
パックを塗って5~10分後洗い流す
タイプです。

パーツ用フェイスパック

目の周りの乾燥や小じわ、鼻の黒ずみ等、
気になる部分を集中的にケアするパックです。

シートタイプのものや、
クリーム状、ジェル状のものがあり
多種多様です。

きちんとパーツごとに特化した
美容成分が含まれているので、
気になる箇所があれば、試してみましょう!

■おススメのパーツ用フェイスパック■

yoさん(@pdy47)がシェアした投稿

①スパトリートメント ストレッチiシート
目元に嬉しい美容液がたっぷり入っている
目元のための密着型豊潤シートです。
シートを目元にのせて10分間放置する
だけです。

yukaさん(@yuka_coconut_)がシェアした投稿

②ビオレ毛穴すっきりパック鼻用黒色タイプ
小鼻に貼ってはがすだけで、
毛穴の黒ずみや汚れを
取り除くシート状のパックです。

ローションパック

ローションパックとは、
他のフェイスパックとは異なり、
化粧水の効果を高めるためのものです。
いつものスキンケアの化粧水を、
下記の方法で使ってみましょう!

やり方は以下の通り!

①コットン全体にタップリ水を湿らせ、
両手で挟みながら、軽く水気を切ります。

②コットンに化粧水をしみ込ませて、
2つに裂き、伸ばします。

③伸ばしたコットンを顔にのせて、
3分間放置します。

これだけです。

「化粧水には美容液みたいに
濃度の高い成分が含まれていないから、
大して変わらないのでは?」

と考える人がいると思います。

ローションパックはお肌内部の保湿等、
美容成分の浸透を目的としていません。

お肌の調子を整えて、その後投与される美容液
の浸透性をぐんっと高めるためのものです。

化粧水はアルコールフリーのものが
おすすめです。

アルコールが含まれた化粧水は付けた後、
爽快感がありますが、
お肌に刺激が大きく、乾燥を進めて
しまう原因になりうるそうなので、
アルコールフリーの商品の使用を
おすすめします。

ローションパックにより、
美容液の効果がさらに高まり、
お肌が美肌に近づきますよ!

【美肌づくり】超!初心者向けのスキンケア基礎知識と習慣 〜方法を知ればきっと目指せる 女優肌〜

美肌作りの習慣

毎日のスキンケアも大切ですが、
お肌は私達の身体の一部です。
身体が健康でなければ、当然お肌も
健康ではありません。

ここでは美肌作りに欠かせない習慣と
健康な身体作りの方法について
まとめます。

お肌はこすらず、たたかず、優しく扱う

大人女子の様々なお肌トラブルは、
一番外側にある表皮「角質層」の
バリアー機能が低下したことが
原因で起こります。

でも角質層はターンオーバーで
新しい皮膚に生まれ変わるから大丈夫!
と思っていると意外な落とし穴が・・・

このターンオーバー、年を追うごとに、
機能が低下します。

お肌を再生するのに時間が掛かるようになり、
弱く古い皮膚が表面を覆うようになります。

当然古い皮膚はお肌を守り切れず、
様々なお肌トラブルを引き起こします。

例えば、お肌内部の水分の蒸発を防げず、
乾燥肌になります。

髪の毛に触れたり等ちょっとの刺激で傷付き、
炎症して、赤み、かゆみ、にきびにつながります。

さらに乾燥が酷いときは、
真皮にある水分まで蒸発してしまい、
真皮の組織がやせ細り、
ハリや弾力が保てず、しわやたるみができます。

このように大人女子のお肌は
非常にデリケートです。
丁寧に優しく扱ってあげなくてはいけません!

洗顔の際、ごしごしお肌をこすってはいませんか?

これはお肌の汚れだけでなく、お肌を傷つけ、
正常なお肌の組織まで洗い流してしまいます。

洗顔は洗顔ネットを使用し、
泡で優しく包み込むように
汚れを落としましょう。

そしてきちんとすすぐことも大切です!
最低20回はすすぐようにしましょう。
洗顔料が少しでも残っていると、
デリケートなお肌は赤く荒れてしまいます。

また、すすぐ際は、熱湯NGです!
熱湯はお肌表面を覆い守っている皮脂を必要以上
に洗い流してしまいます。

しかし冷水でも、
きちんとお肌の汚れや毛穴のつまり等を
洗い流すことができないので、
ぬるま湯ぐらいが丁度良いです。

ぬるま湯とは約35~37℃ぐらいの
人肌ぐらいの温度です。

そして最後に冷水で注ぎ、
毛穴を引き締めましょう!

洗顔後は清潔なタオルで、
優しく押さえて水分を取ってください。

化粧水や美容液等も
パンパン叩いてつけてはいけません!
コットンや手で優しく押しあてて、
浸透させるようにつけましょう!

お肌は、
こすらず、たたかず、優しくが基本です!

美肌は健康な身体から生まれる

お肌はあなたの身体の一部です。
身体が不健康な状態だと、
当然お肌も血色の悪い不健康な状態になります。

ここでは美肌のための健康な身体作りの方法
をまとめてみようと思います。

美肌に欠かせない栄養素

美肌を目指すには、内側からも
きれいにならなくてはいけません。

お肌は日々の食事から栄養を得て、
作られています。

これから、お肌に良いとされている
栄養素をご紹介します!

【シミ改善やハリが欲しい時】

・ビタミンCが豊富な食材を摂りましょう。
レモン/キウイ/トマト/ブロッコリー 等

【肌の乾燥やシワ、シミを防ぎたい時】

・ビタミンAやカロチンが豊富な食材を摂りましょう。
◎ビタミンAが豊富な食材
うなぎ/レバー/卵/牛乳
◎カロチンが豊富な食材
かぼちゃ/ニラ/人参/ほうれん草

【肌荒れとニキビを予防したい時】

・ビタミンB群が豊富な食材を摂りましょう。
魚/海藻/豆類/チーズ/緑黄色野菜等

【お肌の老化を遅らせ、血行を良くしたい時】

・ビタミンEが豊富な食材を摂りましょう。
たらこ/ごま油/うなぎ/ほうれん草/発芽米等

【便秘によるお肌トラブルを解消したい時】

・食物繊維が豊富な食材を摂りましょう。
さつまいも/りんご/そば/根菜類/きのこ類等

色々な情報がありますが、
これらを初めから大げさに食事に反映すると、
無理がたたり、長続きしません。

しみを改善させたいと
ビタミンCばかり取っていても
身体に悪いです。

大切なのはバランスの良い食事です!
そこにちょっとだけお肌に良いとされる栄養素を
加えるぐらいで良いです。

お肌を乱すストレス

お肌はストレス等の心的外傷にも影響されます。

ストレスは自律神経に影響を及ぼし、
血行が悪くなり、便秘や不眠を引き起こし、
ホルモンのバランスを崩します。

ホルモンのバランスが崩れると、
それらと密接な関係があるお肌の再生機能
「ターンオーバー」も乱れます

皮脂の分泌も乱れ、皮脂量が増えて
顔がテカテカしているのに、
乾燥して炎症し、ニキビができたりします。

なるべくストレスを貯めないようにしましょう。

入浴剤やアロマテラピーの良い香りで
リラックスしたり、
ヒーリングミュージックを聞いたりしても良いです。

好きなスポーツや趣味を見つけたり、
お部屋の模様替えや髪型を変えたりしても
良いでしょう。

気持ちを切り替えて、ストレスを発散できる
自分なりの方法を見つけておきましょう!

お肌の大敵は夜更かし

【美肌づくり】超!初心者向けのスキンケア基礎知識と習慣 〜方法を知ればきっと目指せる 女優肌〜

夜更かしもお肌に良くありません。

私達の身体は自律神経にコントロールされていて、
昼は活動時間、夜は停滞・回復時間と生活リズム
が刻まれています。

新しいお肌を再生するターンオーバーは、
夜が重要な時間帯です。
夜更かしをして生活リズムを崩すと、
ターンオーバーが乱れ、新しく強い皮膚が
作られなくなります。

大体22時~深夜2時までの4時間に、
お肌のターンオーバーが促進され
ると言われています。

どうしても22時までに寝られない人でも
深い眠りに入ってから3~4時間がお肌に
とって重要な時間です。

最低でも6時間は睡眠時間を取って、
規則正しい生活を心掛けましょう!

紫外線からお肌を守ろう!

紫外線はしみやくすみ、たるみ、しわの
原因となり、お肌にとって大敵です!
今の紫外線対策が、
5年後10年後のお肌に影響します。

紫外線の量は3月から増え始め、
5月~8月が最も多いと言われています。
しかし秋や冬でも紫外線は
あるので一年中注意が必要です。

日焼け止めのPAやSPFとは?

お肌に影響を与える紫外線は、
UV-AとUV-Bの2種類あります。

紫外線を防いでくれるサンスクリーン剤には、
PAやSPFの値が載っていますよね?

PAはしわやたるみの原因となる紫外線のUV-Aを
防ぎ、SPFはしみやくすみの原因となるUV-Bを
防いでくれます。

よくレジャー用でSPFの値が高いものがありますが、
これはお肌に負荷がかかるので、
毎日使用するのは避けた方が良いです。

サンスクリーン剤は普段用とレジャー用の
2種類用意して、使い分けてください。

また、ウォタープルーフのものもありますが、
基本サンスクリーン剤は汗等で流されたり、
時間が経つと効果を失います。
こまめに塗り直す習慣をつけましょう。

装備で紫外線の脅威からお肌を守ろう!

紫外線からお肌を守るためには、
日焼け止めにプラスαで
日傘や帽子等も使用しましょう!

日傘や帽子は、UVカット加工された
ものが良いです。
白は紫外線を通しやすくするので、
黒っぽい色のものを選びましょう。

紫外線は屋内や車の中でも油断は禁物です。
よく目から日焼けすると言われますが、
目に紫外線が入り、
目の細胞にダメージを与えると、
脳が反応して、紫外線から身体を守る
メラニンの生成を促します。

このメラニン色素がお肌に留まり、
しみやくすみを作ります。

運転中などは
UVカット加工された眼鏡をつけましょう。

従来の黒いサングラスは、
視界が暗くなり、
よく見ようと瞳孔を開きがちになり、
返って目の中に入る紫外線の量を
増やしてしまうので、
避けた方が良いです。

薄い色のレンズやほぼ透明のレンズの
サングラスをおススメします!

その他できるだけ肌を覆う服装にし、
紫外線の脅威からお肌を守りましょう!

めんどうかもしれませんが
日々の対策が、未来のお肌につながります!

【美肌づくり】超!初心者向けのスキンケア基礎知識と習慣 〜方法を知ればきっと目指せる 女優肌〜

まとめ

以上ここまでスキンケアの基本知識について
紹介してきましたがいかがでしょうか。

意外とシンプルで実践しやすい方法が
多かったのではないかと思います。

お肌に必要なケアというのは
高価な化粧品をライナップ使いすることでも
フェイシャルエステに通うことでもなく
このシンプルなケアをコツコツと
毎日続けることで、
目標の美肌を手に入れることができますよ!

大人ニキビの原因を徹底解析!
【絶対治したい】大人ニキビの原因・治療法をとことん紹介!!!
ぜひこちらの記事も合わせてご覧ください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

スマート美学の注目記事を受け取ろう

【美肌づくり】超!初心者向けのスキンケア基礎知識と習慣 〜方法を知ればきっと目指せる 女優肌〜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スマート美学の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

やんやん

やんやん

独身時代はシステムエンジニア、現在はリラクゼーションサロンで働く主婦です。
仕事や恋愛、自分磨きに悩む女性達のための情報を発信していきたいと思います。
少しでお役に立てれば幸いです。