1. TOP
  2. 【日焼けSOS】1秒でも早く治したい顔の日焼けの対処法・治し方♡おすすめケアコスメ(美肌ケア)
Sponsored Link

【日焼けSOS】1秒でも早く治したい顔の日焼けの対処法・治し方♡おすすめケアコスメ(美肌ケア)

 2017/07/28 コスメ(化粧品) 美容
この記事は約 11 分で読めます。
【日焼けSOS】1秒でも早く治したい顔の日焼けのすぐ簡単な対処法・治し方♡

夏本番、これからプールや海などの
レジャーへ行く方も多いのでは
ないでしょうか。

そんな時に注意したいのが
「日焼け」です。

中でも
女性にとって気になるのは、
顔の日焼けですよね。

今回は、
日焼け対策をしたつもりなのに
顔が焼けてしまった!という時に

オススメの対処法をご紹介しますので、
ぜひご覧ください。

顔の日焼けを放置するとどうなる?

【日焼けSOS】1秒でも早く治したい顔の日焼けのすぐ簡単な対処法・治し方♡

まず、なぜ日焼け後のお肌を
放置してはいけないのかを
説明していきたいと思います。

日焼けをしているということは、
お肌がダメージを受けたということです。

顔が焼けちゃったけど
少しだからいいか、、

と油断しないようにしてくださいね!

シミや色素沈着の原因になる

こちらはご存知の方も多いと思います。
紫外線を浴びるとメラニン色素が生成され、
シミの原因となります。

本来であれば、不要な角質として
剥がれ落ちるものですが、
ターンオーバーが乱れていたり
過度に日焼けをしたりすると、
顔にシミや色素沈着となって残ります。

乾燥

顔が乾燥するぐらいなら大丈夫!
と侮ってはいけません。

乾燥は、
あらゆるトラブルを引き起こします。

小ジワや毛穴の開き、
ターンオーバーの乱れなどに繋がっていきます。

ターンオーバーが乱れると
不要な角質が溜まり、
くすみやシミを濃くする原因にもなります。

たるみ、しわ

日焼けすると、
目に見えないお肌の奥も影響を受けています。
ハリや弾力を作ってくれるコラーゲンと
エラスチンがダメージを受けると、
たるみやしわにつながります。

肌を老化させる

恐ろしいことに、
紫外線によってお肌は老化します。

紫外線を浴びると
活性酸素が作り出されます。

活性酸素が増えすぎると、
お肌が酸化します。

酸化するということは、
「サビる」のと同じです。

酸化はターンオーバーなどの
お肌の働きを鈍くしてしまい
シミやシワのリスクが一層高まります。

皮むけ

ひどい日焼けをすると、
しばらくたってから
皮むけしてしまうことがあります。

これは、
日焼けによって死んだ細胞が
剥がれ落ちているのです。

うまく剥がれずに、皮むけの跡が
まだらになってしまうこともあります。

特に顔が皮むけすると
見た目が良くない上に、
スキンケアもうまく浸透せず
メイクのりも悪くなってしまいます。

顔が日焼けした時の対処法

【日焼けSOS】1秒でも早く治したい顔の日焼けのすぐ簡単な対処法・治し方♡

日焼けを放置することの
デメリットがわかったところで、

顔の日焼けの対処法を
ご紹介したいと思います。

意外と手軽にできるものが多いので、
ぜひ試してくださいね。

 冷却する

日焼けは、
お肌が軽いやけどしたような状態です。
まずはその熱を冷ますため、
しっかり冷やしましょう。

早速、冷却するための
オススメの手順をご紹介していきます。

水で冷やす

最初は水で流したり、
濡れタオルで冷やしたりするのが
おすすめです。

強い刺激を避けるために、
シャワーを顔に直接かけるのは
避けた方がよさそうです。

どうしても使う場合は
水圧は弱めにし、
ゆっくり冷やすようにしましょう。

濡れタオルで冷やす場合、
ヒリヒリと痛むところに乗せて
直接冷やしていきます。

濡れタオルを作るとき、氷水などの
極端に冷たい水は使わないようにしてください。
皮膚組織の炎症につながります。

この2つの方法は、手軽なので
出先でも簡単にできますよね。

日焼け後のお肌は
デリケートでダメージも受けやすいので、
メイクや汗をできる限り
しっかり落とすことがおすすめです。

冷却材で冷やす

冷却材は水よりも
しっかり冷やしてくれます。

顔には、
柔らかい素材の冷却材が使いやすいですよ。

もしくは、
氷をビニール袋に入れて冷やします。

いずれも、
タオルで包むなどして
直接顔に触れるのは避けましょう。

ポンポンと抑えるようにして、
こすらないように注意してくださいね。

日焼けした部分だけでなく、
顔全体を冷やすようにしていきます。

メイクを落としたくない場合は、
水で冷やすよりもこちらがおすすめですよ。

スプレータイプの化粧水で冷やす

こちらは、しっかり冷えた後に
併用するのがオススメの方法です。

スプレータイプの化粧水や
収れん化粧水を使うと、

お肌が冷えるのと同時に水分も補給できます。

顔の日焼け止めを塗り直したいときや、
メイクが崩れた時にも便利ですよ。

保湿ケアをする

【日焼けSOS】1秒でも早く治したい顔の日焼けのすぐ簡単な対処法・治し方♡

日焼け後は、
お肌のつっぱりや乾燥を感じることが
多いと思います。

乾燥はあらゆるトラブルにつながりますので、
早めにたっぷり保湿を行いましょう。

化粧水

日焼けしたから美白ケアを!
と思う方も多いですが、
ダメージを受けたお肌は
美白成分がしみたりすることがあります。

美白ケアは、
お肌が落ち着いた頃に開始するのが
おすすめです。

顔は特にデリケートなので、
低刺激の化粧水がオススメです。

敏感肌用のものは、
余分なものが入っておらず安心して使えます。

コットンにたっぷり含ませ、
風を送るように
顔全体を優しくパッティングしていきましょう。

しっかり保湿することで、
ひどい皮むけを防ぐ効果もあります。

コットンパック

お肌を冷やしながら保湿できる
フェイスパックもおすすめです。

コットンパックか、
シートパックをしましょう。

コットンパックの場合、
裂いたコットンに
ひたひたの化粧水を含ませ、
顔全体に乗せて2~3分放置します。

このとき時間をおきすぎると、
お肌の水分がコットンに
逆に奪われてしまうので
使用時間には注意してください。

コットンパック、シートパック共に
敏感肌用の高保湿タイプなど
お肌に刺激が少なく、
保湿メインのものがおすすめです。

たっぷり保湿することで
ひどい皮ムケを防いでくれますよ。

クリームなど

最後に、
クリームなどで蓋をしていきます。

これをしないと、
化粧水が蒸発するのと同時に
お肌の水分も蒸発してしまいます。

顔に塗る場合、
普段のスキンケアクリームを
想像しがちですが、刺激を避けるために
ワセリンを使うのがおすすめです。

少しペタペタするので、
薄めに顔に伸ばしていきましょう。

ワセリンは朝・晩の2回使いましょう。
化粧水などで保湿した後に塗っていきます。
少しペタペタするくらいが適量です。

どうしてもペタペタ感が気になるときは
ティッシュオフするのがおすすめですよ。

また、顔全体だけでなく、
唇が皮ムケしてしまった時のケアにも使えます。

そのまま塗るのも効果的ですが、
さらにラップでパックすると
保湿力が高まります。

顔の日焼けで注意したいこと

【日焼けSOS】1秒でも早く治したい顔の日焼けのすぐ簡単な対処法・治し方♡

ここまでで
日焼けした顔のケアは
大体分かっていただけたかと思います。

続いて、
日焼け後の顔にしてはいけないことや、
注意点をご紹介していきます。

こする、刺激する

日焼けした顔はかなりデリケートな状態です。
こするのはもちろん、刺激になるようなことは
徹底的に避けましょう。

例えばコットンで化粧水を塗る時も、
コットンに含ませる化粧水の量が足りないと

お肌とコットンの摩擦が強くなるので
それだけでも刺激になります。

シャワーを直接顔に当てるのもNG。
意外と水の勢いが強いので、
手にすくってから顔にかけるようにしましょう。

熱いお湯をかける

日焼けはお肌がやけどした状態なので、
普段の温度調整のままお風呂に入ったり
シャワーを浴びると、
ヒリヒリして痛むことも。

日焼け後のお肌に暑いお湯をかけると、
さらにダメージを受けてしまいます。

お肌がヒリヒリしない程度の
ぬるい温度、もしくは水にすると
刺激を抑えられますよ。

また、長時間の入浴は避けましょう。
温めてしまうと
かゆみが増す場合があります。

日焼けした後は、
できるだけシャワーで済ますのが
炎症しているお肌のためになりますよ。

水ぶくれは要注意

水ぶくれができてしまった場合は、
重度の日焼けをした状態なので、
必ず皮膚科へ行きましょう。

また、
そのみずぶくれを潰してしまうと

雑菌が入りやすくなって
より悪化したり
傷跡が残ってしまったり
などのリスクが高まります。

セルフケアで悪化させないためにも、
皮膚科で受診するまでは
触らないようにしましょう。

ベースメイクを長時間つけっぱなしにする

【日焼けSOS】1秒でも早く治したい顔の日焼けのすぐ簡単な対処法・治し方♡

日焼けが落ち着くまで
すっぴんでいようと思っても
なかなか難しいですよね。

ですが、メイクはどうしても
お肌の負担になります。

乾燥しやすくなったり、
吹き出物の原因になったりします。
そのため、外出や仕事から帰ったら
なるべく早くメイクを落としましょう。

日焼けしたお肌のクレンジングは、
ゴシゴシこすらないようにしましょう。
皮ムケや痛みにつながります。

なるべく刺激を与えないよう、
優しくマッサージするように
クレンジングしていきましょう。

また、メイク落としの種類としては
クリームタイプがおすすめです。

しっかりお肌を保湿してくれますし、
たっぷり手に取って使うので
手とお肌の摩擦を防いでくれます。

日焼け止めを塗らない

メイクが負担になるなら、、と
日焼け止めを塗らないのは間違いです。

日焼けを今より悪化させないために、
日焼け止めは必須です。

日焼け止め効果が高いものは
お肌への負担になりやすいので、
レジャーや長時間外出する時のみにしましょう。

そして普段使いにはSPFやPAの数値が
低いものにすることで、
顔の乾燥やツッパリ感が少なくて済みますよ。

皮をめくる

皮が自然にめくれる時は、
皮膚が新しく再生されている証拠です。

無理に剥がしてしまうと
その下にまだ新しい皮膚が完成していないので、
さらにダメージを与えることになります。

めくれてきてしまうと気になりますが、
自然にめくれるのを待ちましょう。

日焼けした顔を美白するケア

【日焼けSOS】1秒でも早く治したい顔の日焼けのすぐ簡単な対処法・治し方♡

最後に、日焼けで黒くなってしまった顔を
なるべく早く美白に導く
ケアをご紹介していきます。

スキンケアはもちろん、
体の内側からのケアがポイントになりますよ。

夜しっかり眠る

関係あるの?と思われるかもしれませんが、
とても大切なことなんですよ。

日焼け後はメラニン色素が大量に作られ、
そのせいでお肌が黒く見えます。

日焼けで黒くなったお肌を早く白くするには、
ターンオーバーを活発にして
メラニン色素を剥がれ落ちるようにするのが
効果的です。

メラニン色素を含む角質を落とすことで、
白いお肌に近づくのです。

これは、皮むけが起きた時にも効果的です。
ターンオーバーが早くなると、
皮むけもスムーズに行われるようになります。

夜間は特に、
ターンオーバーが活発になったり
お肌を修復したりする大事な時間です。

この時間に眠ることで、
日焼けしたお肌を
白い肌に導くことができます。

栄養バランスを考える

ビタミンCやビタミンEなどは
ターンオーバーを促し、お肌の老化を防ぎます。
美白だけでなく、お肌のハリやツヤにも
関係するんですよ。

ビタミンCが多く含まれるのは
グレープフルーツやレモン、緑黄色野菜です。

ビタミンEが多く含まれるのは
大豆や豆腐、ナッツ類などです。

いずれもそれだけ摂れば良い
というものではなく、
バランスの良い食事をするのが一番です。

また、忙しい時には
手軽に使えるサプリメントの活用もおすすめです。

水分をたっぷりとる

体内の水分が足りないと、
顔も乾燥しがちになります。

さらに、水分不足で血流が悪くなると
栄養が届きにくくなったり、
老廃物がうまく排出されなくなったりします。

そうなると、
くすみやむくみなど他のトラブルも
起こりやすくなってしまいます。

水分不足にならないように、
たっぷり水分を取りましょう。

お茶やお水をたくさん飲むと
血液がサラサラになり、
疲労回復を早めたり
お肌のターンオーバーを活発にしてくれます。

トマトジュースや人参ジュースなどは
ビタミンCやベータカロテンが豊富で
日焼け後のお肌の回復に役立ちます。

美肌効果が高いのでおすすめですが、
飲みすぎると糖分の摂りすぎになります。

普段の水分補給は水かお茶にして、
ジュースは1日1、2杯程度にしましょう。

顔を日焼けした時の対処法 まとめ

【日焼けSOS】1秒でも早く治したい顔の日焼けのすぐ簡単な対処法・治し方♡

いかがでしたでしょうか?

日焼け後のお肌は、
デリケートな状態だということが
わかっていただけたかと思います。

中でも、顔は特にシミやシワが目立つので
注意が必要ですよね。

もしうっかり日焼けをしてしまっても、
今回ご紹介した対処方法を使っていただければ、
ダメージは最小限に留められます。

顔が日焼けした後、適切なケアを続けることで、
将来のお肌の状態が変わってきますよ。

これから夏本番、うまく日焼けのケアをしながら
プールや海などレジャーを楽しみましょう!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

スマート美学の注目記事を受け取ろう

【日焼けSOS】1秒でも早く治したい顔の日焼けのすぐ簡単な対処法・治し方♡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スマート美学の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

yuxx

yuxx

元美容部員で、二児の母です。今までの経験
を活かして、みなさんのお役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています!よろしくお願いします。