1. TOP
  2. 【婚活力アップ】男の本音を知ろう!結婚したいと思われる女性・そうでない女性!!

【婚活力アップ】男の本音を知ろう!結婚したいと思われる女性・そうでない女性!!

【婚活力アップ】男の本音を知ろう!結婚したいと思われる女性・そうでない女性!!

【婚活力アップ】男の本音を知ろう!結婚したいと思われる女性・そうでない女性!!

「恋人はいるのに、なかなか結婚まで辿りつけないのはどうして?」

そんな思いを密かに抱えていませんか?

次々に結婚して、暖かい家庭を築いていく友人達。婚活を始めたと思ったら

あっという間に結婚までこぎつけてしまう人もいます。

中には離婚して2度、3度と再婚を繰り返す人も最近では珍しくなくなってきました。

母親が今の自分の年齢の時には結婚していたんだよなー

なんてふと考えてみたりして。そんなあなたにぜひ知ってほしい、結婚したいと思われる

モテる女性・そうでない女性の違いがあるのです。
男性が「結婚相手として魅力的」と思うのはどのような女性なのかをお伝えします!!

 

Sponsored Link

【婚活力アップ】結婚したいと思っている男性は減っているの?男性の本音は?

孤独死が取り上げられたり未婚率が上がっていたり

婚活中の方には耳の痛くなるニュースが頻繁に取り上げられています。

ですが、安心してください。
いずれは結婚しようと

考えている独身男性の割合は85.7%もいるのです。

草食系や悟り世代だ、なんて男性性の弱体化が嘆かれつつも

結婚については男性陣も前向きに考えているのです!
ただ「一生結婚するつもりはない」とする独身男性も12.0%はいるのが事実…。

婚活中であればお付き合いをする前に、彼が結婚に対してどう考えているのか

世間話をする感覚で確認を取っておけると良いですね!

【婚活力アップ】男の本音を知ろう!結婚したいと思われる女性・そうでない女性!!

 

【婚活力アップ】男性もいつかは結婚したいのに、今しないのはどうして?

多くの男性がいつかは結婚したいと考えていることが分かりました。

ではどうしてまだ結婚しないのでしょうか?

結婚する意思のある25~34歳の結婚適齢期の未婚の男性に

独身でいる理由をたずねた結果…。理由の第1位

「適当な相手にめぐり会わない」ことでした!
45.3%の男性が結婚相手として、適当な相手にめぐり会えていないと感じているのです。
男性は女性よりシビアに結婚と恋愛を分けて考えています。

自分が結婚対象としての相手・恋愛対象としての相手、どちらの相手として彼から認識されているのか…

気になりますよね。恋愛対象だったとしても結婚相手と見てもらえるような女性になる為には

どうしたらよいのか。一緒に考えていきましょう。

【婚活力アップ】男の本音を知ろう!結婚したいと思われる女性・そうでない女性!!

 

【婚活力アップ】こんな性格の女性が結婚相手としてモテる!

結婚する意思のある独身男性が結婚相手に求める条件としては

1番に人柄を重視しているという調査結果がでています。

割合は“人柄を重視する人76.6% 人柄を重視しない人18.6%”となっています。
ちなみに容姿を重視する男性は案外少なく

“容姿を重視する人24.1% 容姿を重視しない人60.1%”となっています。

男性が結婚相手に選ぶ条件は外見よりも内面だということが良く分かる結果ですね。
では具体的にどんな性格の女性が結婚相手に選ばれるのでしょうか?

ポイント1:思いやりのある女性が結婚相手としてモテる。

育った環境や価値観が違う2人が一緒に結婚生活をしていくには、思いやりが必要です。

自分勝手になることなく、相手のことを想って行動できるからこそ「思いやり」が発生します。

男性もそんな女性とは、一緒にいると居心地が良かったり、もっと一緒にいたいと感じます。
長い結婚生活では「教育・お金・介護」など、現実的な問題が色々でてきます。

夫婦としてその問題を乗り越える時に責め立てられるのではなく思いやりをもって接してもらうだけで

男性は頑張ろう!という気持ちになることができます。

では婚活中にはどのように接したらいいのでしょうか?
お付き合いをしている時から“彼が体調を崩したときには心配する”“どんな些細なことにも

「ありがとう」ときちんとお礼を言う”“周囲の人が共通の知人の悪口を言い始めても

一緒になって言わない”など自分なりに思いやりを表現する努力をしていきましょう。

ポイント2:ポジティブで前向きな女性が結婚相手としてモテる。

仕事から疲れて帰宅した時に、暗い顔をしたパートナーがいたら、どうでしょうか?

たまになら、良くても頻回だと疲れてしまいますよね。

家庭の雰囲気は、妻であり母親になる女性の雰囲気に大きく影響されます。

結婚生活で様々な問題に直面しても、前向きに考えてくれる女性と一緒だと

男性も前向きになることができ、明るい気持ちを取り戻し問題解決に向かうことができます。

ついついネガティブに考えてしまう癖があるのなら婚活中の今のうちから

物事を前向きに捉えるように努力しましょう!
例えば“人と比べない”“自分を認める”“明るい笑顔で人に接する”ことから始めましょう。

他にも、今お付き合いしている人がいるならば、彼の目をみて

「私たちって世界一、幸せなカップルだよね」と伝えることなどもとっても有効です!
ポジティブな気持ちでいるには、現実的にそうなのかどうかを考えるのではなく

自分自身でそう思い込んでしまうことが大切なのです!

ポイント3:経済観念のしっかりしている女性は結婚相手としてモテる!

一生懸命働いて、稼いできたお金を湯水のように使われたらどうでしょう?

反対に渡したお金で、堅実に節約をして貯金をして

必要な時にポンと必要額を渡して貰えたらどう思いますか?
恋愛をする相手なら派手で外見にお金をかけていても

自慢の美しい恋人だと許されるかもしれません。

しかし、結婚となると話が違ってきます。
現在の日本でも夫が家全体のお財布を握っている家庭というのはそんなに多くないでしょう。

お給料をすべて妻に渡して、お小遣いをもらっている男性が半数以上だと思います。

子供ができると女性は働けなくなることや、日本の昔ながらの「男は外で働き、女は家を守る」

という考え方が影響していることもあります。細かいことを継続的に行うことが苦手で

そうしたことは女性に任せたいという男性が多いためでもあります。
勝手だと思うかもしれませんが

男性は自分が稼いだお金を女性に少しでも上手く運用して欲しいものなのです。
筆者の男友達が凄く大好きな彼女がいたけれど、結婚に踏み込めなかったのは

「車は新車でなければ、どうしても嫌だと言われた。」ことが大きかったと話していました。

些細なことのように感じますが、単に無駄遣いをしてほしくないとか

自分と同じ金銭感覚を持っていてほしいなどというより男性は女性の役目として

「家計を安定させること」を求めるのでしょう。

婚活中は“デートに行っても一方的に奢られることを良しとしないで食事を奢ってもらえたら

帰りのお茶代は出す”または

“「今日はありがとうございました。凄く美味しかったです!お礼に次回の食事は私がお勧めのお店で出しますね!」

とフェアにする”“高価なブランドのバッグは持っていても、

あえて使わない”なんてことで、金銭管理がしっかりしているアピールをしていきましょう!

【婚活力アップ】男の本音を知ろう!結婚したいと思われる女性・そうでない女性!!

【婚活力アップ】家事のできる女性は結婚相手としてモテる!

結婚する意思のある独身男性が結婚相手に求める条件として1番重視するものは人柄でした。

では次に何を重視しているのでしょうか?

次に重視しているのは「家事・育児の 能力」なんです!
また、独身男性が考える結婚の利点の第1位が「自分の子どもや家族をもてる」ことからも

男性が結婚する女性に対して、家事・育児の能力を重視する理由も分かりますね。

ポイント1:婚活中に胃袋を掴んでしまえば結婚相手としてモテる!

一人暮らしの男性の食生活は悲惨なことが多いです。

毎日外食やコンビニ弁当で済ませている方が、ほとんどなのではないでしょうか。

男性にきちんと帰ってきて欲しければ、胃袋を掴んでしまうことが一番です。

愛妻家で知られる所ジョージさんの奥様は料理上手で有名ですよね。

手料理が美味しければ、外食せずに帰宅したくなるものなのです。

食欲は人間の3大欲求の一つですから、あなどれません。

「まだ、付き合いたてで料理を作る場面がない。」なんて場合や

婚活パーティー等で料理好きをアピールしたい時には

「毎日会社にお弁当を作って持っていっているので

献立を考えることが楽しいです。」なんて会話をしましょう。

料理上手な姿を想像させて、それだけで点数があがりますよ。

ポイント2:婚活中は特に身奇麗にして、結婚後の生活を想像させてモテる!

きれいな部屋で過ごす休日と、汚い部屋で過ごす休日。

どちらの方が疲れが癒され、リラックスできるでしょうか?
勿論、きれいな部屋で過ごしたいですよね。

過度な装飾を施した部屋は、男性にとっては好みが分かれるとは思いますが

まず清潔な部屋で過ごしたいのは、どんな男性でも共通しています。

婚活中はなかなか部屋に男性を呼ぶ機会もないとは思います。

その場合、自身の格好やポーチ、鞄の中を整理整頓しておきましょう。

身奇麗なたたずまいは、清潔な部屋や家事の手際の良さなどを連想させます。

反対に毛玉のついたセーターや、はげかけたネイル、

とれかかった付けまつ毛、カラコンの長時間着用で

充血した白目などを見られたら…自己管理能力が低く日常でも不衛生な生活をしているイメージを

持たれてしまう可能性が大きいです。婚活中は派手なネイルや香水などに気を配ることよりも

シンプルな服装で清潔感のある装いを心がけましょう。

【婚活力アップ】男の本音を知ろう!結婚したいと思われる女性・そうでない女性!!

【婚活力アップ】働き者で自立している女性は結婚相手としてモテる!

専業主婦で日中はのんびりお煎餅を食べながらワイドショーを見て…

なんて主婦生活は昭和の遺物になったようです。

女性活躍推進法が2016年4月に施行され、ニッポン一億総活躍プランが5月に策定され

今後は結婚しても共働きが当たり前の社会になっていきそうです。

当然、男性の意識もそのように変革されてきています。

男性が「パートナーに望むライフコース」も専業主婦コースに代わって

両立コースが増加しています。

以前は男性が女性に専業主婦を望む人が多かったのですが2000年前後に割合が逆転しました。

今は専業主婦を女性に求める男性は1割(10.1%)に減少し

両立コースを望む人は33.9%と増加しています。
不景気の波、高齢化社会、伴う増税…。社会情勢が安定する見通しが全くたたない中で

家計の収入を2馬力で支えたいと考えるのは当然かもしれません。

そうすると、女性に求められるのは柔軟な働き方です。

妊娠・出産・子育てと仕事を並行して行える強さとしなやかさがある女性が求められます。
例えば、正社員で産休・育休が取れる環境で働いている女性。

専門職で資格を持っていて一旦子育ての為に退職しても、また再就職ができるような女性。

派遣でも特筆できる技術があり、どこでも働けるような女性。
なんの資格も技術も無く、法律に守ってもらえる立場の正社員でもなく

「素敵な人と寿退社するから、今は合コンに時間を使いたい!」なんて考えていると

誰からも選ばれること無く、時間だけが過ぎていってしまう…。なんてことにもなりかねません。

婚活のためにも、経済的に自立した女性になる為に、

もう一度働き方を見つめなおしてみることも必要な場合もあるかと思います。

【婚活力アップ】男の本音を知ろう!結婚したいと思われる女性・そうでない女性!!

まとめ

「いつかは結婚したい」と考えている男性も

“友達が皆結婚しだした”“親から結婚の催促がうるさくなった”などの

状況にならないと面倒なことは後手後手にまわしがちです。

男性の気持ちが結婚に向くのを待ち、向いた瞬間にゴールインするのも一つの方法です。

または「俺にとって、こいつ以上に理想のパートナーはいない。

もう出会えない」と思わせてしまうことです。

「適当な相手にめぐり会わない」と思っていた男性の最適な相手に

あなたがなってしまうことです。

なんだか女性に求められているものが多くてとっても結婚なんて無理だー!

なんて思ってしまいませんでしたか?
けれど、実は料理や片付けなど結婚して子供が産まれたら

必然的にできるようになることばかりなんです。

婚活中からできるようになっていた方が後々楽ですし

婚活中のご自身のポイントが高くなること間違いなしです!

早いうちに、やれることから少しずつ努力してみた方が確実にお得です!

今のちょっとした努力が、この先何十年も続く幸せな結婚生活に繋がるのです。

最後に、結婚してからも何より大切なのは、思いやりです。

思いやりは相手を理解していないと間違った方向に進んでしまいます。

良き理解者となって、お互いがお互いの一番の味方になって

素敵なパートナーシップを築いていけるといいですね。

婚活中から是非彼の一番の味方になってあげてくださいね!

参考: HYPERLINK “http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/NFS15_gaiyou2.pdf” http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/NFS15_gaiyou2.pdf
(↑http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/doukou15_gaiyo.aspの中の独身者調査の結果概要を参照)

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

スマート美学の注目記事を受け取ろう

【婚活力アップ】男の本音を知ろう!結婚したいと思われる女性・そうでない女性!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スマート美学の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

藍川 りつ

藍川 りつ

20代後半に人生最大の大失恋をし、その後は婚活に勤しむ数年を過ごしました。
毎週末金土日と合コンやデートにあけくれた日々でした。
その習慣が抜けず、結婚した今でも友人の世話焼き(?)でフリーの友人同士、紹介等をしています。それらの経験が少しでもお役にたてば幸いです。