1. TOP
  2. トレンド
  3. インスタグラム・Instagram
  4. [海外セレブの着こなし] ブランドドレスや話題のコーデを特集!!25選
Sponsored Link

[海外セレブの着こなし] ブランドドレスや話題のコーデを特集!!25選

海外セレブ着こなし アイコン

ゴージャスなドレスを
着てレッドカーペットを
歩く海外セレブをテレビや雑誌でよく見ますよね。

あんな素敵なブランドドレスを着て
レッドカーペットを歩いて見たーい、
なんて思ったことありませんか?

毎年ハリウッドで行われる
アカデミー賞授賞式を始め、
カンヌ映画祭、
ミュージックアワードなど、
海外ではセレブがドレスアップして
レッドカーペットを歩く機会がよくありますよね。

レッドカーペットでセレブがインタビューされる
シーンはもうおなじみですが、
その時、セレブの皆さんが必ず聞かれることは、
”Who are you wearing today?”
「今日は誰を着ているんですか?」

これって、ドレスのブランド、デザイナーを
聞いているんですよね。

歴史の長いブランドから、
ここ数年で注目され始めた若手のデザイナーまで、
トレンドセッターのセレブたちの
お気に入りは、やっぱり気になりますね。

華やかなセレブの着こなしは、まさにここぞと
ばかり個性を輝かせる素敵なものばかり。
いつも私たちの目を楽しませてくれます。

あなたがセレブのようにレッドカーペットを
歩くチャンスがあったら、
どんなドレスを着てみたいですか?

インスタを中心に、最近の華やかなシーンで
思いっきりドレスアップした海外人気セレブの
ドレス25点を集めてみました!

Contents

海外セレブ愛用ドレスブランド~ヴィクトリアズ・シークレットモデル編

スーパーモデルへの登竜門ともいわれている
アメリカ最大の女性ランジェリーブランドである
ヴィクトリアズ・シークレット(ヴィクシー)。

多くのモデルたちの憧れである
そんなヴィクトリアズ・シークレット(ヴィクシー)
で活躍するスーパーモデルたちは
メリハリのあるスタイルだからこそ、
どんなファッションでもため息が出るほど
かっこいいですよね!

特に、彼女たちがレッドカーペットで着用する
ドレスは、まさに「Jaw dropping」-
びっくりするほど、大胆でセクシーな
デザインのものばかり。

インスタには、素肌露出度を競っているかのような、
シースルーのドレスがたくさんUP!
さっそく見てみましょう!

ジジ・ハディッドお気に入りブランド –   ベルサーチ(Versace)

ジジ・ハディッドと言えば、最近、
元ワン・ダイレクションのゼイン・マリックと
別れたとか復縁したとかで話題の
23歳のカリフォルニア・ガール。
(2018年4月誕生日時点)

不動産開発で富を得たパレスチナ人の父と、
オランダ出身の元スーパーモデルの母を持ち、
妹と弟もモデルをしています。まさに
セレブ一家!

ジジは、なんと生まれた時にゲス(Guess)の
創業者ポール・マシアーノ氏から、
将来はスターになると太鼓判を押され、
二歳でゲスのベビーモデルとしてデビュー。

まだヴィクシーのエンジェルではありませんが、
2015年と2016年にヴィクシーの
ランウエィを歩いています。

メイベリン・ニューヨークの広告塔も務めていて
2017年にメイベリン初のコラボで、
彼女のコスメラインが発売され、
プチプラコスメの人気の後押しになっていますよね。

人気沸騰中の彼女が、最近ニューヨークで
ドレスアップシーンに登場した時に着用していた
ブランドがベルサーチ(Versace)。

イタリアのデザイナー、ベルサーチは、
80年代から90年代にかけて瞬く間に
世界のトップデザイナーになり、
巨大ファッション帝国を築きあげました。

故ダイアナ妃にも愛用され、その他そうそうたる
セレブたちから愛され続けています。

こちらのインスタは、ニューヨークの
メトロポリタン美術館で開催された
世界最大級のファッションの祭典、メット・ガラにて。

今年のテーマが「カトリック教とファッション」
ということで、教会のステンドグラスを
思い起こさせるシースルーのデザイン。
ゴージャスという言葉がぴったりですよね。

髪型はシンプルにおろしてキュートな感じ。

A post shared by Mimi Cuttrell (@mimicuttrell) on

こちらもベルサーチ。

4月にニューヨークで23歳の誕生日を祝った時
プライベートパーティーで着用。

ガラッと雰囲気の違うこちらのベルサーチは、
全身ゴールドのストラップレスミニドレス。
ヒールとアイシャドーもゴールドにマッチ!

カジュアルにかるくカールした髪型は、
お仕事中と違って、肩の力を抜いて
プライベートをエンジョイしている様子ですね。

A post shared by Gigi Hadid (@gigihadid) on

ベラ・ハディッドのお気に入りブランド

ベラ・ハディッドは、前出ジジ・ハディッドの妹。
ダークヘアのベラは、とっても大人っぽい顔立ち。
でもまだ21歳。(2018年6月時点)

16歳でモデルの世界に入り、
姉ジジのヴィクシーデビューから一年遅れて
オーディションに受かり、
2016年と2017年に
ヴィクシーのランウェイをウォーキング。

2018年の春夏コレクションでは、
マーク・ジェイコブスや、マックス・マーラ、
マイケル・コースなど数々のデザイナーショーに
引っ張りだこ!

そんなベラが最近のパーティーシーンでどんな
ドレスを着用したか見てみましょう。

ブランド:エリー・サーブ(Elie Saab)

エリー・サーブは、皇族や中東の富豪などの
セレブが愛用しているレバノン出身の
ファッションデザイナー。

エリー・サーブをひいきにしているその他の
海外セレブは、リアーナやスカーレット・
ヨハンソン、アンジェリーナ・ジョリー、
ケイティー・ペリー。。。などなど。

ファッションプレスのサイトでは、
エリー・サーブについてこう表現しています。

「。。。他のブランドが表現するラグジュアリー
よりもさらに上の贅沢で、
選ばれたごく一部の人のためのドレスという印象」

こちらのインスタ写真は2018年5月、
カンヌ映画祭のレッドカーペットにて。

着用ドレスは、2007年のオートクチュール
コレクションからのビンテージ。

シルバーのホルターネックドレスは、
背中が腰あたりまで大きくオープン、
その上にはボディーチェーン付き。
21歳の彼女をとても大人っぽく見せています。

スリックにアップした髪型も、エレガントに
落ち着いた雰囲気を出していますよね。

A post shared by @cannes_filmfestival on

ブランド:クリスチャン・ディオール(Christian Dior)

ディオールは、1946年創業の
フランスのファッションブランド。

ヨーロッパのハイブランドとしては、
初めて日本でショーを行ったことでも
知られています。

創業者クリスチャン・ディオールは
1957年に亡くなりましたが、
イヴ・サン・ローランを始め、数々の優秀な
デザイナーによってブランドが引き継がれてきました。

こちらのインスタは、カンヌ映画祭から。
ディオール社と雑誌フィガロによる
ディナーパーティーに出席して。

このドレスアップシーンでは、前出のスリムな
ロングドレスとはまた違った雰囲気で、
スカート部分がふわっとしたチュールの
くるぶし丈。とってもキュートですね。

赤のヒールに、赤いハートの刺しゅうが
施されたレディー・ディオールのクラッチ。
ジュエリーは、ヴルガリのダイアモンドというコーデ。

ディオール・メイクアップのアンバッサダーを
務める彼女は、メイクアップはもちろん
ディオール!

軽くアップした髪型は、前髪をおろして
少女のように。遊び心がのぞいていますね。

A post shared by Dior Official (@dior) on

ケンダル・ジェンナーお気に入りブランド

2017年、「世界で最も稼いだモデル』と
なった彼女、もともとはアメリカのリアリティー
番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」
でお馴染みでしたね。

14歳でモデルデビュー後数年で、
ハイブランドのランウェイを歩いてブレイク。
2015年と2016年には
ヴィクシーのショーに起用されました。

これまでに、シャネル、フェンディ、
カルバン・クラインなどのランウェイを飾り、
コスメ系ではエスティ・ローダーの
アンバッサダーを務めています。

妹のカイリーとの共同ブランドも立ち上げ、
自らのコレクションも発売してるケンダルですが、
最近のパーティーシーンには彼女がどんなドレスで
登場したのか、見てみましょう。

ブランド:エルザ・スキャパレリ(Elsa Schiaparelli)

イタリア生まれのスキャペリは、1930年に
フランスでブティックを開いた老舗ブランド。

当時のパリで数人しかいなかった
女性デザイナーの中で、ココ・シャネルと
エルザ・スキャパレリは最大のライバルでした。

「シンプルさがエレガント」を信念にしていた
シャネルが、シックな色をベースにしていたのとは
対照的に、スキャパレリは、ショッキングピンク
などのカラフルなデザインを基調に。

1974に亡くなりましたが、2013年に
ゲストデザイナーによってブランドがリバイバル。
スキャパレリの
オートクチュールコレクションが復活しました!

こちらはのインスタ写真は、カンヌ映画祭での
試写会に向かうケンダル。

白のロングドレスはシルクのチュール。
肩の大きなラッフルとウエストの幅広いベルが
ポイントになっていますね。

それにしてもドレスの大部分がシースルーって、
スゴイ!注目を集めたのは言うまでもありません。

A post shared by @cannes_filmfestival on

ブランド:エリー・サーブ
(Elie Saab)

前出のベラ・ハディッドもカンヌ映画祭で
このブランドのオートクチュールを着用。

こちらのインスタは、ニューヨークの
ティファニーでのイベントに出席したときのケンダル。
エリー・サーブのプレタポルテのミニドレス。

今回もやはり白のシースルー系に、白のミニバッグを合わせて。

A post shared by ELIE SAAB (@eliesaabworld) on

サラ・サンパイオお気に入りブランド

サラ・サンパイオはポルトガル出身。
16歳でモデルデビュー、ヴィクシーのモデルに
なることをずっと夢見ていたそう。

2013年、夢が叶い晴れてヴィクシーの
オーディションに合格!
2年ランウェイを歩いた後、2015年には
ヴィクシー・エンジェルに昇格しました!

同じ年、ワンダイレクションのハリーとの
お出かけをパパラッチされて話題になったのを
ご存知の方も多いでしょう。

彼女が最近着用していたドレスをチェック
してみましょう。

ブランド:ロベルト・カヴァリ(Roberto Cavalli)

ラグジュアリー、しかもエキゾチックな
プリントで知られるイタリア人デザイナー。
特にアニマルプリントが人気です。

1970年にブランドを立ち上げ、すぐに
皮製品にプリントをする技法や、様々な
パッチワーク手法が認められ、エルメスや
ピエール・カルダンからの仕事を
受けるようになりました。

これまでに、レディースラインの他に、
メンズ部門や若者向けのブランド、ジャスト・カヴァリ
(Just Cavalli)も展開しています。

こちらは、カンヌ映画祭レッドカーペットでの
サラ・サンパイオ 。

シースルーのストラップレスドレス。
全体にクリスタルが縫い付けられていて、
キラキラがステキです。

大きなゆるいウェーブのかかったきれいな黒髪を
おろしていて、エレガントな髪型はジュエリーを
まとう必要がありませんね。

 ブランド:ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Arman)

イタリア・ミラノ出身のデザイナー。
2018年6月時点で83歳にして現役です。

1975年にブランドを創業し、2001年
までには、世界で最も成功したイタリア系
デザイナーと認められました!

レッドカーペット用のファッションを
セレブに提供したデザイナーの先駆者とも
言われています。

こちらのインスタは、ニューヨークでの
ファッションウィークにて。

ラメ入りチュールのレイヤーが入った
ふんわりスカートのドレスは、ブラックでも
とても可愛らしい感じ。

シルバーのストラップに合わせてつけているのは、
ショパールのダイアモンドジュエリー。

本人曰く、
「去年のカンヌ以来、アルマーニのビンテージを
着られるのを夢見てきたの。
今日やっと着ることができてとっても幸せ。
プリンセス気分よ。」

A post shared by Sara Sampaio (@sarasampaio) on

イザベル・グラールお気に入りブランド

イザベル・グラールはブラジル出身の33歳
(2018年6月現在)。

20歳の時にサンパウロでモデルデビュー。
デビュー翌年にはヴィクシーと契約し、
その翌年2005年から2008年までは、
ヴィクシー・エンジェルとして活躍しました。

これまでに、ドルチェ&ガッバーナ、
ロベルト・カヴァリ 、ウンガロ、「H&M」などの
ランウェイを歩いている彼女、
パーティーシーンではどんなドレスを選んでいるでしょうか。。。

ブランド:ブランド:ズハイル ムラド(Zuhair Murad)

レバノン出身のデザイナー。パリコレクションでもデビュー!

アラブの富豪やハリウッド女優、ミュージシャンを始め、
ミスユニバースやミスフランスの
ドレスもデザインしているんですね。

特に、豪華なレースやシルク、金や銀の糸を使用した、
ロンマンチックなウェディングドレスは、
おとぎ話に出てくるようなドレスで、
晴れの日を夢見る女性に大人気!

このインスタ写真は、カンヌ映画祭の
レッドカーペットを歩いた時。

ズハイル・ムラドのオートクチュールコレクション
から選んだ、サンディーゴールド色の
ホルターネックドレス。

幾何学模様のロングドレス全体にビーズが
あしらわれ、デザイナーのアイコンになっている
キラキラのモチーフがとってもゴージャス!

A post shared by Izabel Goulart (@izabelgoulart) on

ブランド:ヴァレンティノ(Valentino)

ヴァレンティノ・ガラバーニが1960年に創業。

オートクチュール、プレタポルテともに、
イタリアを代表するラグジュアリーブランドになりました。

バッグやシューズ、その他のアクセサリーと
フレグランスなど、トータルファッションの
ラインを展開中!

76歳になった2008年にブランドの
クリエイティブディレクターを引退しました。

こちらの写真は、パリで行われたヴァレンティノ
2018年春夏ファッションショーにて。

オフホワイトに春らしいグリーンのトリムが
爽やかなオフショルダーのワンピース。
グリーンのミニバッグを合わせて
とても清楚な感じですね。

ふくらはぎ半ばの長さのアコーデオンプリーツは、
歩いた時の軽やかな動きがとてもきれいそう!

テイラー・ヒルお気に入りブランド

テイラー・ヒルは、アメリカ イリノイ出身、
1996年生まれ。

2014年、18歳の時、最年少でヴィクシー
モデルデビュー。翌年にはエンジェルに昇格し、
ヴィクシーの広告塔として活躍中!

ニューヨーク、ミラノ、パリでの
ファッションショーでは、ヴェルサーチ、ヴァレンティノ、
シャネルを筆頭に、数々のハイファッション
ブランドのランウェイを歩いています。

現在は、ランコムのアンバッサダーにも
任命され、本人のインスタでは
パーティーシーンでのメイクアップに
ランコムをアピール。

本人曰く、「15歳の頃からずっと日本に
行きたかった」その夢叶い、2018年5月に
日本上陸。日本でも大人気ですよね。

そんな彼女のパーティーシーンでのドレスを
探して見ました。

ブランド:ダイアン・フォン・ファステンバーグ(Diane von Ferstenberg)

ベルギー生まれのデザイナー。

1970年にアメリカで自身のブランドを
立ち上げた当時、シグニチャーデザインの
幾何学模様のラップワンピースが爆発的な人気に
なりました。

女性デザイナーとしては、ココ・シャネル以来の
成功と言われるほど、とても高い評価を
受けています。

こちらのインスタは、ファッションの祭典、
メット・ガラにて。
ダイアン・フォン・ファステンバーグの
アイコン、ラップドレスです。

一目瞭然、カトリックという今年のテーマに
とても忠実にデザインされていますね。
メッド・ガラならではのドレス!

十字架のロングネックレスも、
ローマカトリック聖教者のイメージそのもの!

A post shared by DVF (@dvf) on

ブランド:ブランドン・マックスウェル(Brandon Maxwell)

アメリカ、テキサス出身のデザイナー。

実は当初、スタイリストとしてファッション界入りをしました。
女性が、美しく、洗練され、力強い
と感じられるようなファッションを作りたい気持ちで
2015年、自らのブランドを立ち上げました。

彼のプレタポルテのコレクションは、
ミシェル・オバマ前ファーストレディーを始め、
オプラ・ウィンフリー、ニコール・キッドマン
など、数々のセレブをファンにつけています。

こちらは、ファッション雑誌ハーパーズバザー主催のパーティーにて。

クレープ素材のこのドレスは、スリムでエレガントなシルエット。

ホルターネックからつづくドレープは、
この写真では見えませんが、
腕から背中に回って腰まで下がって、きれいな曲線を描いています。

インスタでは、メイクと髪型は自分で5分くらいで
仕上げたと言っていますが、全くそんな風に見えませんね。
メイクはもちろん、アンバッサダーを務めているランコム。

A post shared by Taylor Hill (@taylor_hill) on

ジョセフィン・スクライヴァーお気に入りブランド

デンマーク出身のヴィクシー・エンジェル。
ジョセフィン・スクライヴァー は身長180cm
の長身!

15才の時に、サッカーの試合で訪れていた
ニューヨークでスカウトされたんだそうです。
当時から目立っていたんでしょうね。

その後、コペンハーゲンで
モデルエージェント契約をしました。

2013年にヴィクシーモデルになり、
3年後にはエンジェルに昇格。
これまでに300以上のハイファッション
ブランドのランウェイを歩いています。

ブランド:ジョルジュ・オベイカ(Georges Hobeika)

レバノン出身のオートクチュール、プレタポルテデザイナー。

パリでのインターンシップを終えて
レバノンに戻った1995年、ベイルートに
アトリエをオープン。
中東の王族にファッションを提供してきました。

現在はパリにショールームを持ち、
ロサンゼルスと北京にブランドのPRオフィスを構えています。

こちらのインスタは、カンヌ映画祭中、
スイスの高級時計ジュエリーブランド、
ショパール主催のシークレットナイトパーティーにて。

ジョルジュ・オベイカの2018年春夏
オートクチュールコレクションから
彼女が選んだのは、シルクジョーゼット生地の
やさしいミントグリーンのロングドレス。

ブランド:ジャンバティスタ ヴァリ(Giambattista Valli)

イタリア出身のデザイナー。

1995年から10年間、
エマニュエル・ウンガロの下でデザイナーとして
働きました。

2005年に自身のファッション
ブランドを立ち上げ、プレタポルテのラインを
発表します。

2011年に初めてのオートクチュール
コレクションを発表し、その年の終わりまでに
パリオートクチュール12人目の正式メンバーとなりました。

こちらのインスタ写真は、カンヌ映画祭での
試写会にて。

ライトブルーのストラップレスドレスは、
全体に花の刺繍が施されています。
前はミニでキュートな感じですが、
後ろはたっぷりのトレインで、とても豪華!

太めの無地のベルトによって、彼女の長い足と
細いウエストが強調されていますよね。

A post shared by @cannes_filmfestival on

海外セレブ着こなし-1

 

 海外セレブ愛用ドレスブランド~女優・ミュージシャン編

年間を通していろいろな賞の授賞式に出席する
機会のあるハリウッド女優やミュージシャンこそ、
ゴージャスなドレスを着るチャンスには事欠きませんよね。

特に、毎年3月に行われるアカデミー賞授賞式は
テレビでも大々的に放映され、一年で最大の
お祭りモード。
毎年楽しみにしている方も多いかと思います。

いろいろなパーティーシーンでは、おなじみの
ハリウッド女優やミュージシャンが、
どんなドレスアップをしているか、見てみましょう!

テイラー・スイフトお気に入りブランド

ヴェルサーチ(Versace)

アメリカのスィートハートと呼ばれた
人気カントリーシンガーのテイラーも、
28才になりました。(2018年6月現在)

出すシングルが立て続けにヒットし、
いろいろな賞を受賞していますよね。
自身の恋愛経験をベースに書く曲も多く、若者の
共感を得て大人気!

そんな彼女は、慈善活動にも熱心で、
ファンを大切にすることでも知られているんです。

178cmという身長とそのスタイルは、
モデルにも負けていませんよね。
そんなテイラーがヴェルサーチ(Versace)で
イベントに登場したインスタを見つけました。

こちらの写真は、5月のビルボードミュージック
アワードにて。

授賞式イベントに約2年ぶりにサプライズで
出席した時に着用したヴェルサーチ(Versace)。
長いスリットの入った、ライトピンクのドレス。

左右非対称のネックラインと片袖には
フェザーとビーズがあしらわれていて、
ネックレスをつけなくても華やかな印象。
スウィートなイメージを演出していますね。

A post shared by Billboard (@billboard) on

マーゴット・ロビーお気に入りブランド

ミュウミュウ(MIU MIU)

マーゴット・ロビーはオーストラリア出身の女優。

2008年から2011年まで
オーストラリアのテレビシリーズで人気を得た後、
ハリウッド女優としてデビュー。

ハリウッドではこれまでにレオナルド・
デカプリオやウィル・スミスなどと共演。

最近彼女が主演した映画、
「アイ、トーニャ~史上最大のスキャンダル」は
フィギュアスケート人気の高い日本でも
ヒットしましたよね。

トーニャ・ハーディングを演じ、アカデミー賞
主演女優賞にノミネートされました。

アカデミー賞に先立って行われた
全米映画俳優組合賞(SAGアワード)で
彼女が着用したドレスが
ミュウミュウ(MIU MIU)でした。

プラダ(PRADA)創始者マリオ・プラダの孫娘
ミウッチャ・プラダによって1993年に
立ち上げられたプラダ系のラグジュアリーブランド。

こちらのインスタ写真は、SAGアワードにて。

パステルピンクのロングドレスは、
シルククレープ生地のシフォンでとてもやさしい雰囲気。

高い位置でのエンパイア・ウエストには
ふんわりフェザーでアクセントを。
スワロフスキーのクリスタルをちりばめて
キラキラ感も忘れていませんね。

ブロンドのミディアムヘアはおろしたままで、
こんなシンプルな髪型もサマになってしまう
なんて、うらやましいですよね。

A post shared by Miu Miu (@miumiu) on

アリアナ・グランデ お気に入りブランド

ヴェラ・ウォン(Vera Wang)

アリアナ・グランデと言えば
第二のマライア・キャリーとも呼ばれた
アメリカのポップシンガーで女優。

15才でブロードウェイデビューをはたし、
これまで数々のヒット曲を放っている
若き歌姫!

コメディアンのピート・デヴィッドソンとの
交際宣言をして、そのわずか二週間後には
電撃婚約と、話題になっています。

イベントでヴェラ・ウォン(Vera Wang)デザインの
ドレスを着用した彼女を見つけました。

ヴェラ・ウォンは、ニューヨーク出身の
中国系デザイナー。

1990年にサロンをオープンして以来、
フィギュアスケーターのコスチュームや
ウェディングドレスを中心にデザイン。

過去の冬季オリンピックでは、
ナンシー・ケリガン、ミシェル・クワン、
ネイサン・チェンなど、そうそうたるアスリートの
コスチュームを手がけました。

セレブの結婚式では、チェルシー・クリントン、
イヴァンカ・トランプ、マライア・キャリーなどが
彼女のウェディングドレスを着用。

こちらのインスタは、5月アリアナ・グランデが
ニューヨクのメット・ガラで初デビューした時。

ドレス生地にプリントされているのは、
バチカン宮殿内にあるシスティーナ礼拝堂の
壁画、ミケランジェロの「最後の審判」。

今年のメット・ガラのテーマ、
「ファッションとカトリック」にばっちりマッチ。

彼女のアイコン、ポニーテールルックに、
今回は大きなリボンをのせて、彼女らしく
プリンセスドレスを演出していますよね。

A post shared by Ariana Grande (@arianagrande) on

エミリア・クラークお気に入りブランド

ディオール(Dior)

エミリア・クラークは1986年生まれの
イギリス女優。

アメリカHBOの人気ドラマシリーズ、
「ゲーム・オブ・スローンズ」のデナーリス・
ターガリエン役でブレイク。

最新のスター・ウォーズ映画、
「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」
では、ミステリアスな美女キーラを演じています。

彼女がカンヌ映画祭で着用したのが
ディオール(Dior)のデザイナー、
マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)
のオートクチュール。

マリア・グラツィア・キウリはイタリア出身。
2008年から2016年まで
ヴァレンティノのクリエイティブ・ディレクターを務めていました。

そして2016年、ディオール創立以来初の
女性アーティスティック・ディレクターに
抜擢!

歴代男性だったアーティスティック・ディレクター
に代わって就任した彼女は、
現代女性のエンパワメントをテーマに、
長い歴史を誇るディオールに新風を吹き込んだ
と言われているんですね。

このインスタは、
「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」
プレミアのレッドカーペットにて。

250時間以上かけた手作業で、
彼女のために作られたこのドレスは、
ネイビーブルー、紫、黒の三色のチュールの
レイヤーからなっています。

デザイナーのマリア・グラツィア・キウリに
とっても、誇りの大作と言えるでしょう。

A post shared by @cannes_filmfestival on

プリヤンカ・チョープラー お気に入りブランド

プリヤンカ・チョープラーはインド出身の女優。
2000年のミスワールド優勝者だったんですね。

その後インドで女優の仕事を始め、
2015年にはアメリカのケーブルテレビABCの
ドラマ「クアンティコ」でハリウッドデビュー!

南アジア出身の女性として
初めて米ネットワークテレビドラマの
主役を演じた女優さんなのだそうです。

ブランド:ディオール(Dior)

ハリー王子とメーガンマークル嬢の
ロイヤルウエディングのレセプションに参加したプリヤンカ。

日中の結婚式に着用した薄紫のスーツから
大変身、夕方のパーティーには
優しいゴールドのふんわりとした
シフォンレイヤーのキラキラドレスで登場!

その美しさは、まるで「黄金の女神」と
賞賛されました。

本人は、「朝起きただけでこんなふうに
なってる人なんていないわ。」と言って、
彼女をこんなに美しく見せてくれるスタッフに感謝しています。

ブランド:プラバル・グルン(PRABAL GURUNG)

シンガポール生まれネパール育ちのデザイナー。
インド、ニューデリーでデザイナーとしての
キャリアをスタート。

1999年に渡米し、パーソンズでデザインを
学びます。2009年、ニューヨーク・
ファッション・ウイーク中、自身ブランド
プラバル・グルンのコレクションでデビュー!

アメリカ小売り店大手のターゲットや、
コスメブランドM・A・Cとのコラボコレクションも展開開始。

エレガントで斬新、そしてグラマラスなデザインは、
ミシェル・オバマ前ファーストレディや
キャサリン妃など多くのセレブが愛用することで知られています。

また日本の航空会社ANAも2015年から
このブランドの制服を取り入れたことを
ご存知でしたか?

こちらの写真は、NYのタイムズスクエアにあるABC局の朝の番組に出演時。

4月だったということで、春らしい黄色ベースにピンクのフローラルデザインで登場。
ジャージー生地のボディースーツには、シフォンのツイストスカートをまとって。

ピンクのミニバッグがキュートなアクセント。

実はこの日のメークは、現在ニューヨークで
活躍中のユミ・モリ(Yumi Mori)という日本人
メイクアップアーティストによるものでした。

海外での日本人の活躍はうれしいですね!

ダイアン・クルーガーお気に入りドレス:ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)

ドイツ出身の元モデルですが、
「トロイ」や「ナショナルトレジャー」などの
ハリウッド映画に出演して知られています。

ドイツ映画「女は2度決断する」に主演して、
2017年のカンヌ映画祭では女優賞を受賞!

5月に、交際相手でアメリカのテレビドラマ
シリーズ「ウォーキング・デッド」の俳優
ノーマン・リーダスとの間に第一子懐妊の
おめでたい報道がされています。

こちらの写真は、2018年のカンヌ映画祭で。
妊娠中ということもあってか、
ウエストを絞っていないAラインドレスを着用。

アイスブルーのドレスは、流れるような
シフォンがとてもきれい。上品、かつクールで
凛としたイメージのダイアンの魅力を引き立てて
いますよね。

ウェット感のある髪型は、レトロなウェーブで
クラシック感がでています。

A post shared by Diane Kruger (@dianekruger) on

ゼンデイヤお気に入りブランド:

マイケル・コース(Michael Kors)

ゼンデイヤは、1996年カリフォルニア生まれの
女優で歌手。14歳の時から出演した
ディズニー・チャンネルのテレビドラマシリーズ、
「シェキラ」で人気を得ました。

今年のアカデミー賞にノミネートされた映画、
「グレイテスト・ショーマン」で
アン・ウィーラー役として出演。

アフリカ系アメリカ人の父親と白人の母親を
もつハーフで、180cmの長身と
スタイルの良さはモデル並みですね。

マイケル・コースはニューヨーク出身の
デザイナー。

1981年にブランドを立ち上げ、
サックス・フィフス・アベニューや、
ニーマン・マーカス、ブルーミングデールズなど
高級デパートで婦人服ラインを展開。

フランスのファッションブランド
セリーヌから招かれ、1998年から2004年まで
ブランドのクリエイティブ・ディレクターを
務めます。

マイケル・コースによるスポーティーな
デザインの人気のおかげで、
業績が下降気味だったセリーヌはその息を吹き返しだのです!

マイケル・コースブランドは、
ミシェル・オバマ前ファーストレディーにも
愛用されていることで知られています。

写真は、アカデミー賞授賞式後のオスカーパーティーにて。
落ち着いたヌードベージュのマイケル・コースを着用。

パールとクリスタルが豪華に散りばめられた
フィッシュテールのとても女性らしいシルエット。
21歳とは思えないほどエレガントに着こなして
いますよね。

髪型は、トップノットですっきりまとめて、
スモーキーなメークがドレスにマッチ。

A post shared by Zendaya (@zendaya) on

リース・ウィザースプーンお気に入りブランド

カルバン・クライン(Calvin Klein)

リース・ウィザースプーンは1976年生まれ、
ルイジアナ州出身。
幼少時代からテレビCMのモデルなどをしていました。

2001年に主役を演じた映画
「キューティー・ブロンド」がヒットし、
名前が知られるようになりました。
その後も数々のラブコメディー映画をヒットさせ、
「ラブコメの女王」に。

2005年の映画、
「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」で、
アカデミー主演女優賞を始めとする数々の賞を
受賞し、名実ともにハリウッドのトップ女優に
名を連ねることになります。

カルバン・クラインは1942年生まれ、
ニューヨーク出身のデザイナー。

1968年、幼馴染みの親友とブランド
カルバン・クライン社を設立して、
女性向けプレタポルテのコレクションを
発表します。

「全てはカッティングから始まる」という
カルバンの哲学通り、ボディーランを強調し
洗練されたシルエットが多く、とりわけ
ニューヨークのキャリアウーマンから
好まれました。

アパレルの他に、下着とフレグランスが人気を
得ています。
セカンドライン「c k Calvin Klein」も創設。

2003年にカルバン自身はデザイナーを引退
しましたが、別のデザイナーらが、カルバンの
哲学を引き継ぎながらも新風を吹き込み、
ブランドを存続させています。

インスタ写真は、「エル」主催の
「ウイメン・イン・ハリウッド」イベントで
カルバン・クラインを着用したリース。

黒のミニドレスは、洗練されたエレガントさを
感じさせ、肩にカットの入った長袖は
フリルスリーブで女性らしさが出ていますね。

A post shared by CALVIN KLEIN (@calvinklein) on

エマ・ワトソンお気に入りブランド

ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)

エマ・ワトソンは1990年フランスのパリ生まれ、
イギリスのオックスフォード育ち。

2001年から2011年の間に、世界的に人気の映画
「ハリー・ポッター」シリーズ全8作に
ハーマイオニー役で出演。

2009年には過去10年間で最も興行収入を得た
女優としてギネスブックにその名を刻みました!

2017年には、ディズニーのミュージカル映画
「美女と野獣」のベルを演じ、
プリンセス役を演じたキュートな彼女と
きれいな歌声にも感激した方も多かったことでしょう。

今年のアカデミー授賞式のアフターパーティーに
ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)に身を包んで
登場したエマ・ワトソンを見つけました。

ラルフ・ローレンは1939年ニューヨーク生まれ。

自身のスポーツにへの関心から、
メンズウエアラインを「ポロ(Polo)」と称し、
1968年にブランドを立ち上げました。

1971年にはレディースラインの展開を始め、
イギリスのトラディショナルルックを
アメリカのファッションに取り入れ、
アメリカントラディショナルやアイビールック
として定着させました。

2017には、EXCILEのAkiraが
アジア人として初めてブランドのアンバッサダーに
任命されています。

今年のアカデミー授賞式のアフターパーティーに
ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)に身を包んで
登場したエマ・ワトソン。

自身のファッションを通じて、
環境問題を提起したり、サステナブルや地産地消、
また若手支援などのメッセージを発信しています。

今回のドレスもラルフ・ローレンの
アーカイブからのベルベットのビンテージドレス。

シューズもサンプル品。写真には写っていませが、
バッグもイタリアの小さな町で職人が
手作りした品なのだそうです。

セレブの中でも最もサステイナブル・ファッションを
意識した彼女らしいチョイスですが、
新品のオート・クチュールを着なくても
美しい彼女ですよね。

海外セレブ~イギリス王室編。

メーガン・マークル妃着用ドレスは
サプライズブランド

マークル妃は1981年カリフォルニア生まれの、
元ハリウッド女優。
世界中が熱狂した今年5月のロイヤル・ウエディングで
ハリー王子のお妃となり、
サセックス公爵夫人の称号を受けました。

結婚前は、アメリカのテレビドラマシリーズ
「スーツ」でパラリーガルの
レイチェル・ゼイン役として人気を得たメーガン・マークル妃。

彼女がアメリカ人女優であること、
混血でバツイチであることなど、王子との結婚に
際して数々の異例な背景が話題になりましたが、
世界中から祝福を受け、ウエディングではとても
幸せそうなお二人でしたね。

彼女の着用するブランドは大人気となり、
洋服はあっという間に売り切れという、メーガン効果が
しばらく続きそうですね。

メーガン妃のウエディングドレスと、
結婚後、サセックス公爵夫人として初めての公務で
お披露目したドレスを見てみましょう。

ブランド:ジバンシィ(Givenchy)

メーガン妃のウエディングドレスの詳細は、
式当日まで極秘となっていて、そのデザイナーに
関しては様々な憶測が飛び交っていましたよね。

そして、教会に到着した彼女が車から降りた時
着用していたドレスは、多くの予想を裏切り、
フランスのブランド、ジバンシィ(Givenchy)だったのです。

ジバンシィ(Givenchy)は
ユーベル・ド・ジバンシィ(Hubert de Givenchy)
によって1952年にフランスで設立されました。

ジバンシィ自身は1995年に後任デザイナーを
指名して引退。王室ウエディングで
自社ブランドのドレスが着用されるのを見ることなく、
直前の2018年3月に91歳で亡くなっています。

実際ウエディングドレスをデザインしたのは、
イギリス人デザイナーの
クレア・ワイト・ケラー(Clare Waight Keller)。

一流のファッション教育を受けた彼女は
数多くの有名デザイナーのもとで一流の経験を
積みました。

2011年から6年間フランスの
ラグジュアリーブランド、クロエ(Chloe)の
クリエイティブ・ディレクターとして活躍。

そして2017年、王室ウエディングの約一年前、
ジバンシィ初の女性アーティスティック・デイレクターに就任。
そしてメーガン妃のウエディングドレスを
デザインする名誉を得たのです。

メーガン妃のウエディングドレスは、
クラシックなプリンセスドレスではなく、
直線的なシルエットにボートネックの七分袖。
いたってシンプルなデザインには
多くの人がおどろいたようですね。

モダンでエレガントというデザインは、
メーガン妃本人の希望だったそうです。
5メートルのベールのトリムには
可憐な花の刺繍が施されていました。

髪型も、ロイヤルウエディングでよくみられる
かるいカールのついたブロースタイルとは異なり、
メーガン妃はゆるいアップスタイルの髪に
ティアラという上品なチョイス。

全体的に、ロイヤルトラディションにこだわらず、
メーガン妃の個性が表れた、新しいロイヤル・
ウエディングという印象でしたね。

A post shared by GIVENCHY (@givenchyofficial) on

ブランド:ゴート(Goat)

2001年にジェーン・ルイス(Jane Lewis)
によって設立されたイギリスのブランド。

メーガン妃の義姉、ケンブリッジ公爵夫人の
ケイト・ミドルトン妃が愛用したことで
脚光を浴び始めました。

今回メーガン妃が結婚式後、初の公務で
このブランドを着用すると、ブランドの
ウェブサイトは瞬く間にクラッシュしてしまった
そう。

ブランドの創設者で
クリエイティブ・ディレクターのジェーン・ルイスは、
正式なファッションデザインの教育は受けていません。
自己流でファッションを学び、
静かにブランドを立ち上げました。

ファッションショーも開きませんが、
ブランドを立ち上げから17年間、
セレブたちにひそかにカスタムメイドの最高級服を
提供してきました。

自身のような、仕事と家庭を両立する
キャリアウーマンの洋服を頭に描きながら、
機能性の良いかつエレガントな製品を
手がけてきたようです。

まさに、腕一本で成功を収めたワーキングマザー
という彼女の背景に、メーガン妃も共感を覚えたのでしょうか。

写真は、バッキンガム宮殿で催された、
チャールズ皇太子の70歳の誕生日のガーデンパーティーにて。

サセックス公爵夫人として初の公務に出席した
メーガン妃が着用したのは、
ゴートの「フラヴィア」というシルククレープ生地のドレス。

ほんのりローズピンクで、シンプルなラインと
メッシュの袖はとてもやさしくエレガントな
雰囲気が出ていますね。

髪型は、やっぱり低めのシニヨンヘア。
フィリップ・トレーシーのハットをつけ、
ウィルバー・アンド・ガシーのものと思われる
オイスターカラーのクラッチをコーディネート。

海外セレブ着こなし-2

 

まとめ

いかがでしたか?セレブ着用のドレスはどれも
ため息の出るようなステキなものばかり。

スタイル抜群のヴィクシーモデルの皆さんは、
何を着てもお似合いなのは間違いなさそう。
イベントで引っ張りだこなのはナットクです。

セレブのお気に入りは、
全体的にはチュール生地でシースルー系の
ドレスがトレンドのようですね。

チュール生地ならセクシーさと同時に、
ふわふわのアクセントもあしらうことができて、
キュート感も出せます。

シンプルな色やデザインなら、
クリスタルをちりばめてキラキラ感でゴージャスに。

ご紹介のブランドも、歴史の長いおなじみの老舗から、
新進気鋭のデザイナーまで、
それぞれの背景を知るのはとても興味深いですよね。

今年大注目ブランドは何と言っても
メーガン妃が着用したドレスのブランド、
ジバンシィとゴートではないでしょうか?

特にゴートはこれまで、一般にはレーダー外だった
こともあって、一気にたいへんな注目を集めて
います。みなさんも一度チェックしてみては
いかがでしょうか?

あなたがもしレッドカーペットを歩く機会が
あったら、どんなドレスを着てみたいですか?

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

スマート美学の注目記事を受け取ろう

海外セレブ着こなし アイコン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スマート美学の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

スマート美学編集部

スマート美学編集部

生活がより鮮やかになるための情報発信していきます!