1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 【2018】読み応え抜群おすすめのエッセイ漫画31選
Sponsored Link

【2018】読み応え抜群おすすめのエッセイ漫画31選

 2018/07/13 ライフスタイル
この記事は約 23 分で読めます。
コミックエッセイ

皆様、漫画は読まれますか?
本屋さんの漫画コーナーを良く見る方
最近やたらとゆるい絵の漫画があるな・・・と
思ったことはないでしょうか?
それ、きっとコミックエッセイです。

カワイイ動物やパステルの色彩
鉛筆書きでラフに描かれた漫画たち
「きっとふわふわ~な内容だろうなあ」
なんて思ったら大間違いです。
えぐいです。
(※本によります)

何せ「エッセイ」漫画なものですから、
人間のポジティブな部分だけではなく
ネガティブな内面を的確に抉り取ってネタにする
そんな本も少なくありません。

それでも漫画の構成自体はシンプルで
読みやすいものが殆どですから
気がつけばドはまりしている・・・なんてことも。
そんな個性あふれるコミックエッセイを
31冊ご紹介いたします!

Contents

ほっこり癒される!動物コミックエッセイ

コミックエッセイの中でも比較的癒されるジャンル
それが動物ものです。

動物が出てきたらもう、癒ししかありませんよ!
逆になにがあるというんですか!?
ペットと暮らす日常はこんな感じなんだなあ、と
思いをはせることの出来る動物コミックエッセイ。

カワイイ、面白い、だけではなく
人間の手に託された小さな命の
ずっしりとした重みまで感じられます。
ちなみに今回は筆者の独断と偏見によりまして
猫多めでご紹介いたします。

くるねこ大和

BOUさん(@k.w11.21131)がシェアした投稿


猫の里親探しのために始めた猫漫画ブログから
人気に火が付いた実録猫飼育漫画です。

何と作者と暮らす猫は現在・・・12匹でしょうか?
迷い猫や捨て猫の保護で様々な猫が
入れ替わり立ち代りするご自宅ですので
どの猫が作者の猫でどの猫が一次保護の猫かも
あやふやになってしまう猫盛り沢山な漫画です。

ですが登場する猫一匹一匹のキャラが立っていて
猫が多すぎて分からない!なんて事はありません。

猫とのちょっと面白い日常話や
猫飼いならではのあるある話が満載で、
最新刊が20巻となるシリーズや関連本は
猫好き必携と言っても過言ではありません。

  

鴻池剛と猫のぽんたニャアアアン!

Funiさん(@ss.in.funi)がシェアした投稿


猫と人間の主従関係をシュールに描いた作品です。
この場合主人は猫の方です。

やたらツンツンしている眼光鋭い猫のぽんたと
それに翻弄される飼い主の鴻池剛さんの日常は
面白おかしく飽きません。

やめてと言ってもゴミをあさるし
疲れて寝込んだときに限って遊んで攻撃するし、
でも可愛いから許される!
許されると分かっててやるからズルイ!

俺様ツンデレにゃんこを楽しみたい方は
是非読んでみてください。

ゴメスが見てる!?

miruku3412さん(@miruku3412)がシェアした投稿


こちらもシュールさでは負けていません。
主な登場人物のハゲた髭のおっさん・・・
この方、現在も絶賛子育て中の主婦なんです。

何を言っているのか分からないでしょうが
私にも分かりません。

何故か常時裸でパンツ一枚な彼女(?)について
漫画の中では特に触れられることもなく
猫のゴメスとの日常が綴られています。

著者ヤマモトさんの娘さんとの絶妙な関係も
読んでいてほっこりしてくる作品です。
マッチョな髭のお母さんについては
読んでいるうちに自然と慣れますよ、多分。

 

うちの猫がまた変なことしてる。


こちらは正統派カワイイがつめられた
ツンデレ猫トンちゃんとデレデレ猫シノさんの
猫あるあるな日常が描かれた漫画です。

見てくださいこの絵柄のかわいらしさ!
マズル(鼻先から口にかけた部分)のぷっくりした
何ともプリティなデザインが猫好きの心を掴みます。

カワイイだけではなく、多頭飼いならではの
性格の違いや二匹のコミュニケーションなど
見所はたくさんございます。

ひたすら猫に癒されたい方にオススメの
ラブリー猫コミックエッセイです。

水槽は経費に入りませんか?


こちらは海の町出身の著者が
関東に越してきたときに見た海に
物足りなさを覚えたことから始まります。

部屋に水槽と、猫。
(また猫かという指摘は甘んじて受けますとも)
これが結構癒される組み合わせなんです。
猫と魚が同居するための試行錯誤や
水槽内浄化のあれやこれなど
魚飼ってみようかな?という
ビギナーにも嬉しいプチ情報が頻繁に出てきます。

猫が貰われてきた当初のエピソードなど
猫要素も結構ありますよ。
猫と魚なんてちょっと意外な組み合わせですが
一度読んでみると意外とハマってしまいます。

ドヤ顔柴犬どんぐり

サリチャヒママさん(@sallychappy37)がシェアした投稿


小悪魔のような天使のようなドジっ子のような
魅惑の柴犬どんぐりちゃんとの生活を綴った作品。
柴犬ってこんなに自由で適当な性格なの!?と
驚いてしまう程のインパクトを与えてくれます。

もちろん個々の性格に違いはあるかと思いますが。
どんぐりちゃんの話だけではなく
先代の犬ぺっちゃんとの思い出を描いたシーンや
晩年の介護、ペットロスなど
生き物を飼う上で避けて通れないエピソードも
ペットを飼う方に読んで欲しい一冊です。

人生色々悲喜こもごも。女の生き様を描いたコミックエッセイ

女性だって色んな生き方がありますよね。
一人で生きたかったり誰かと生きたかったり
そんな自分に葛藤したり開き直ったり
仕事に生きたり恋愛に生きたり趣味に生きたり
人生って結構複雑。

そんな人それぞれの人生、チラ見してみませんか?
今を懸命に生きている女性達の生態を
興味本位で楽しんでみるもよし
共感してみるもよし。
読むと元気付けられること間違いありません。

アラサーちゃん

saiさん(@aigoss501)がシェアした投稿


元セクシー女優の峰なゆかさんが
男と女の酸いも甘いもを観察して描いた
性にまつわるあるあるが沢山つまった漫画です。

アラサー女の痛いところをグサグサ突きまくる
この小気味いいストーリー!

モテる女の影の努力や
非モテがどうしてモテないかを鋭く描いた4コマは
同年代女子の参考書かもしれません。

ただし、この物語はほぼフィクションです。
登場人物全員がクセの強いキャラクターですので
「こういう世界もあるんだな・・・」くらいの
気持ちで読んでいくほうが心に優しいです。

Aさんの場合。

なお♪さん(@book_705)がシェアした投稿


30代独身のAさんの
心の葛藤や仕事や人生観について描かれたコミック。

ふわっとした絵なのに、真綿のような重圧感です。

「何で誰かと一緒にならなくちゃいけないの?」
「結婚してる人がそんなに偉いわけ?」

そんな「女」としての自分の人生に
もやもや悩み続けるこの姿。
この年代なら誰もが悩む様々なことを
代弁しているかのように共感を誘います。

主人公が心の迷いや葛藤に出口を探しながら
淡々と過ぎていく日常風景。
ある意味ハードボイルドな世界観です。

既刊の本タイトルに加えて
続刊『Aさんの恋路。』も
七月に発売されたばかりですので
要チェックですよ!

   

北欧女子オーサが見つけた日本の不思議


ヘビー級な二冊をご紹介いたしましたので
ここでふわっとした一冊もご紹介しましょう。

スウェーデンから日本にやって来たオーサが
日本で暮らす日常の中で見つけた不思議な出来事を
描き綴った作品です。

作風が正に日本のコミックエッセイのテイストで
本当にスウェーデン出身?と疑ってしまいます。
オーサさんが日本に来た理由のひとつは
アニメのセーラームーンだということで
改めて、アニメの力って凄いんだな・・・と思います。

日本の不思議だけでなく
スウェーデンの文化についても触れていますので
北欧に興味のある方にもオススメの一冊。
筆者もこれを読んでザリガニパーティーを
開きたくなりました。

  

一人交換日記

nao_ike3310さん(@nao_ike3310)がシェアした投稿


またまた重量級の一冊をご紹介しましょう。
タイトルの通り
作者さんが自分と交換日記をするお話です。
そこに書かれているのは、寂しさと孤独と
焦燥感となんだか分からない不安と。

家族と自分との関係について悩む
痛々しいリアルな感情が丁寧に描かれています。

「一人のほうが寂しくない。実家は孤独」
でも
「私は実家を嫌いなのか好きなのか」
と作者が葛藤していく様子は
読んでいて胸を打たれます
この一冊を読むときは
時間を作ってじっくり読むことをオススメします。

バリ島だらだら旅

abereeさん(@aberee5617)がシェアした投稿


ああ・・・仕事疲れた。家庭に疲れた。
休みたい、ふらっと海外に行ってみたい・・・
そんな大人女子の夢を体現したような一冊。

バリに行き、観光そっちのけでひたすらだらだら。
うらやましい事この上ありません。

漫画の中では、バリ島に暮らす人々との交流や
屋台やスイーツなどのグルメ情報が盛りだくさん。
そのほかにも
飛行機のチケットの取り方から
市場のグルメや価格相場まで
事細かに旅行手順が描かれています。

バリに行きたいと思ったとき
かなり参考になりそうな一冊です。

ミュージアムの女


美術館を訪れた際によく見かける
壁際にひっそりと佇む人たち。
彼ら彼女らは
一体何を考えながら過ごしているのでしょう。

本作は美術館で監視員を務める方の
知られざるお仕事コミックエッセイです。
丁寧な言葉遣いと擬猫化された登場人物が特徴で
読めば美術館に行ってみたくなる事請け合いです。

美術館での意外なお客さんの話や
一風変わったロッカールームトークなど
ふふっと笑いながら読めますよ。

漫画の舞台は岐阜県立美術館だということで
お近くにお住まいの方はこの本をお読みになり
そして美術館に行ってみてはいかがでしょうか。

チロルチョコで働いています

ティモシーさん(@timothy08.25)がシェアした投稿


お仕事コミックエッセイからもうひとつ。
皆大好きチロルチョコ!
誰もが知っているあの小さな一粒を作るために
入社2年目の新人さんが奮闘する物語です。

チロルチョコって、コンビニのレジ横に
いつもひっそり鎮座していますよね。
新商品や見慣れない味を見つけたら
ついつい手を伸ばしてしまう方も多いのでは。

実は筆者もその一人です!
定番の味から挑戦的な期間限定品まで
様々なフレーバーがあるチロルチョコ。

その開発では一体どんなことが起こっているのか。
商品が実際に世に出るまでは
様々な苦難が待ち受けているのです。

意外と小規模な「チロルチョコ株式会社」で
今日も頭を振り絞って新商品を開発する
企画室の奮闘っぷりを読めば
チロルチョコを買いに行きたくなるはずです。

他人の生活覗いてみない?暮らし系コミックエッセイ

コミックエッセイの中には
変わったライフスタイルを紹介するものもあります。
自分の暮らしの参考になるものや
妄想の糧となる素敵な暮らし方、
はたまた「どうやって生きてるの?」と
問いたくなるものもございます。
そんな他人の「暮らし方」を覗いてみませんか?

ねむようこと雑な草たち

Book1001さん(@1001_book)がシェアした投稿


「雑」な「草」。
つまり雑草。
雑草を持ち帰りベランダで育てるという
何とも変わったガーデンエッセイ。

これが意外と面白そうなんです。
雑草だからこそ強くたくましく枯れにくい!
そして良く見れば意外と可愛い花を咲かせる!
園芸初心者も安心のガーデニングで
雑草ガーデンというジャンルもある程なんだとか。

作者さんはお散歩の時にスコップを持ち歩き
気に入った草を見つけたら即確保!
そうして採集した雑草たちは
寄せ植えにしたり単体で育ててみたりと
自由に育てて楽しんでいる様子。

ねむようこさんの画力も相まって
雑草が素敵なベランダガーデンとなっています。
もしこれからガーデニングを始めようという
ガーデニング初心者にもオススメな一冊です。

わたし今、トルコです。


トルコ在住の著者による
トルコを取り巻く出来事を綴ったコミックエッセイ。

トルコから見た国際事情について描いてあったり
トルコに住んでいる様々な外国人と
作者の交流する様子が描かれています。

トルコの良いところやそうでもないところ
民族的な対立や人間関係
漫画では踏み込みづらい緊迫した政治事情など
トルコで暮らす今何が起こっているのか
かなりディティールが細かく描かれています。

トルコってどんな国?と思っている方の
入門書にもオススメ出来る一冊です。

直島古民家シェア暮らし

konami suzukiさん(@kona_mi)がシェアした投稿


都会での暮らしに疲弊しきったOLさんが
香川県の直島で古民家にたどり着き
あれよあれよと言う間にシェアハウス入居。

カフェで働きはじめることになるという
疾風怒濤の始まり方をする古民家暮らし記録。
古民家暮らしは憧れる方も多いと思いますが
実際のところはどうなんでしょう。

この著者さんの場合では
・島民も驚きのボロ屋
・割とトラウマ級の蜘蛛が出る
・謎の金縛り現象(眠れない)

思わず尻込みしてしまうような出だしで
古民家暮らしがスタートした様です。

しかし生活を始めてみるとそこは癒しの天国で
天然のヒーリングミュージックが流れるわ
島民は温かいわ
結婚相手は見つかるわ
これはもう夢に描いた憧れの島暮らし!

離島での古民家暮らしに憧れる全女子に
読んでいただきたい一冊です。

神主さんの日常

@second_floorsがシェアした投稿


パワースポットとしても名高い奥秩父三峰神社。

由緒正しきこの神社の神主さんに
著者が好奇心のみで質問をしまくる漫画です。

ガンガン質問ぶつけていきます。
コメディタッチでテンポ良く描かれる漫画ですから
すいすい楽しく読めますよ。

取材を受けた神主さん達は
ビールを片手に大爆笑したり
失礼な参拝客に黒い思いを抱いたり
奉納箱に捨てられた市松人形にドン引きしたりと
日々濃厚な毎日を過ごしているようです。

意外と知らない謎に包まれた神主さんの日常、
ちょっと読んでみたくありませんか?

 

山賊ダイアリー

インスタ書店員さん(@dig_manga)がシェアした投稿


自分で動物を捕って捌いて食べる。

そんな狩猟生活をする方の日常を綴った漫画です。
狩猟生活というと山深い小屋に暮らすイメージが
どうしても出てきてしまいますが
この漫画では、主人公はマンションに住んでいます。

普通にキッチンのグリルでキジバトを焼いたり
ウサギをから揚げにしたりしてます。

意外と美味しそうなジビエ料理です。
命をいただくというテーマを扱いながらも
主人公の心理描写はあっさりしたもので
さくっと読めてしまいます。

余談ですが
冒頭で野ウサギの糞を口にする主人公の破壊力は
相当なものでした。

  

ほのぼのドイツ暮らし。

国際結婚でドイツの大都市ハンブルグに住んでいた
作者さんが
旦那さんの転職に伴いドイツの田舎へお引越し。

アルプス山脈を見渡せる絶景のド田舎で
牛に囲まれ馬に追い越され
ドヤ顔のアルパカに見下ろされる。

そんな暮らしは中々に大変で面白くて・・・
日本人のあまり知らないドイツの暮らしが
よく分かる一冊です。

そしてちょいちょい出てくる牛乳の描写が
とんでもなく美味しそうでうらやましい。
(筆者は牛乳が好物です)

恋愛だって人それぞれ!多様なエッセイを集めました。

コミックエッセイには恋愛ものも多様にあります。

そりゃそうです。
恋愛なんて人それぞれで千差万別ですから
作家さんの数だけ恋愛ドラマがあるというもの。
苦しんだり葛藤したり
もう二度と恋なんてしないなんて思ったり。

それでも恋愛で人は幸せになれるみたいです。
辛酸も苦渋も甘さもしょっぱさも
全部ごちゃ混ぜになった実録恋愛コミック
是非お楽しみください。

実録 泣くまでボコられて初めて恋に落ちました。

銈儞馃悩銇曘倱(@kibimouse)銇屻偡銈с偄銇椼仧鎶曠


合コンで
「あたしドMだから~」
と言い放つ自称マゾヒストが裸足で逃げ出す
真性マゾヒストの初恋物語です。

マゾヒストな作者が躊躇なく殴られるという
衝撃のシーンから物語が始まります。

死を感じるほど殴られて初めて満たされるという
特殊な性癖を抱える作者が
恋をして初めて気付いた孤独と葛藤。
ポップな線で描かれているこの漫画は
表紙から想像できないほど
深く考えさせられます。

実録であるが故に予定調和のない
結末の見えない一風変わったラブストーリーは
きっと読んだ人の心にも刺さるはずです。

花嫁は元男子

梨。-読書記録-さん(@gym85hn)がシェアした投稿


戸籍の名前も性別も「女性」のちぃさんは
生まれたときの性別は「男性」でした。

そんな元男子のちぃさんが
恋人(現夫)とどのように出会って結婚に至ったか
そしてどんな結婚生活を送っているのか
赤裸々に綴った漫画です。

ふわっとした乙女な絵柄が可愛らしく
ほんわかと物語が進んでいきます。
要所要所にLGBTについての解説が織り込まれ
LGBTについて知りたい方にもオススメな一冊。

彼氏が4年おりません

みけさん(@sxmikexh)がシェアした投稿


彼氏がいない歴4年の花咲さんの日常を描いた
ゆるゆる日常4コマ漫画です。

ゆるいイラストタッチで中学生のような下ネタを
2ページに1回は出してくるギャップがすごい。
9割は下ネタです。

そして何より彼氏が4年いないという
リアルな数値が心にちくちく来ます。
「あるある・・・」と共感したり
「いやそこまでじゃないし」とドン引きしたり
それでも何故か読むのがやめられない
ゆるっと読みたくなる一冊です。

だから女はめんどくさい


作者の毒舌が光る
全女性メッタ刺しの女論漫画です。

作者いわく
「私と仕事、どっちが大事なの!?」
という台詞の模範解答は
「ごめんね、寂しかったんだよね」
なんだとか。
これに共感するあなたは読むべきです。

思わず「めっちゃ分かる・・・」と
同意してしまうツッコミが満載で
「女ってほんとうにめんどくさい」
それでいて
「女は楽しいぞ」という
作者のメッセージが込められた作品です。

ぼくたちLGBT

@withclouds_northbynorthwestがシェアした投稿


ノンケ寄りのバイセクシュアルである作者が
LGBTを含めたセクシャルマイノリティの方に
インタビューする形式で進んでいく漫画。

これを読むと痛感しますが
世の中、本当に様々な人がいます。

むしろ「普通って何?」ぐらいの勢いです。
LGBTについて気になっている方や
自身の性癖にどこか違和感がある方は
この本を読めば解決の糸口があるかも?という程
様々な人の事例を紹介しています。

 

人間は愛でできている 石田衣良のスナック恋愛相談対決

恋愛相談の達人でもある小説家石田衣良さんが
スナックでママやマスターを相手に恋愛相談対決!
夜の大人の愚痴の掃き溜めスナックは
最近若い女性に密かなブームなんだとか。

意外と可愛い系おじさんの石田衣良がスナックで
女性の悩みに赤裸々に答えちゃいます!
ほぼほぼ下ネタなのは
スナックという場所柄もあるのでしょうか。

とにかく相談内容が濃い!
特濃!
そして大体の相談は
「考えすぎないでとにかく行動しちゃいなよ」
で解決しようとする!
でも恋愛って考えすぎちゃうから悩むんですよね
そうですよね分かります。

石田衣良さんの意外な一面が見られるこの一冊。
一風変わった恋愛トークもかなり楽しめます。

心の疲れに効く一冊。メンタル系コミックエッセイ

毎日仕事に対人関係にと頑張っている方
心が疲れている・・・と感じたことはありませんか?

それでもメンタルクリニックに行く程でもないしと
放って置いている方も多いのでは。

手軽に自宅で心の疲れをほぐすのに
コミックエッセイは一役買ってくれるかも。

目には見えないから中々治せない心のコリは
言葉や絵で形になれば見えてくるはずです。

ツレがうつになりまして。

miyoさん(@kasshii34)がシェアした投稿


うつ病を扱ったコミックエッセイのパイオニア
「ツレうつ」の略称で知られるこちらの作品。

コミカルに、でも真面目に
うつ病を患った夫との暮らしを綴った漫画です。

「うつ病って何!?」という所から始まっていて
身近な人がうつ病になった時に
理解の手助けとなることでしょう。

続刊で『その後のツレがうつになりまして。』や
『7年目のツレがうつになりまして。』など
うつ病と戦ったその後の経過も読めるので
オススメですよ。

  

うつヌケ

Sayori_y_Satoさん(@sayori_y_sato)がシェアした投稿


あれ?この絵のタッチ、どこかで見たような・・・?
と手に取る人は誰もが思うはず。

手塚治虫が憑依したかのような絵で綴られる

本作品は、真面目な「うつ」に関する漫画です。
著者のうつ病克服体験をベースにしながら
うつ病に罹患し克服した方々の体験記を
症状の多様性と回復に焦点を当てて描いています。

これを読めば、つかみどころのない
「うつ」の正体が少しだけ分かるかもしれません。

作者の田中圭一さんが
長いうつ闘病を通して感じた
「大丈夫・・・うつはそのうち完全に治る」
という言葉が胸に響きます。

うつにもいろいろあるんです

細川貂々さんの漫画からもう一つ。
うつ病を初めとした心の病とその治療について
分かりやすく紹介している漫画を紹介します。

現代社会において心の病は
いつ誰が罹患してもおかしくない病気だと
本当に実感させられます。

「自分が罹るかも」だけではなく、
身近な人が罹った時の周囲の対応についても
詳しく記載されています。
女性に起こりやすい心の病について
まとめている点も要チェックポイントです。

母がしんどい


母といると何故かしんどい。
心臓を掴まれているような感覚になる。

母親の過剰な干渉や押し付けによる
幼少期から感じた生きづらさを綴った
娘目線のコミックエッセイです。

作中に登場する母親が本当にしんどいです。
読んでいるだけで息苦しくなってきます。

理不尽に怒る時もあれば抱っこも沢山してくれる。
母を憎めばいいのか愛せばいいのか分からなくなる
そんな苦しさや生きづらさと戦った
壮絶な手記とも言えるでしょう。

親との関係に悩んでいる方にとっては
とても影響力の強い漫画ですから
読むには若干の覚悟が必要です。

ゆがみちゃん

AKIKOさん(@emc.akiko)がシェアした投稿


歪な家族の関係を描いた作品からもう一点。

こちらは母だけでなく
祖母や兄が精神的にも肉体的にも
「女」として生まれた著者を抑圧する
壮絶な実録コミックエッセイです。

宗教を妄信し兄だけを溺愛する祖母と
性的な嫌がらせをする母。

著者は「うちの家はどこかおかしい・・・」
と思いながらも逃げ出せない幼少期を経て
自立して家を出るに至るのですが
それでも祖母や母から受けた影響は
社会生活や結婚生活に色濃く影を落とします。

そんな自分の一面に気付き過去と対峙し
人生を好転させようと前に進む姿は
どんな賛辞の言葉も霞むほど。

こちらも読むには勇気がいる本です。

自律神経どこでもリセット ずぼらヨガ

R’esetさん(@reset0622)がシェアした投稿


自律神経失調症で
八年心療内科に通った著者が
ヨガを始めたら回復していった!?
一人で出来て場所をとらず
適当にやっても効果がある「ずぼらヨガ」で
心身をリフレッシュしちゃいましょう♪

簡単に出来るヨガのポーズを
イラストの解説はヨガのポーズだけでなく
筋肉の流れや内臓への効果も細かく描かれて
とても分かりやすい!

気軽に始められることが出来ますよ。
ヨガ教室に通うのは気後れする・・・という
筆者のような方にもオススメです。

 

コミックエッセイイメージ

あとがき

皆様いかがでしたか?
コミックエッセイには人生のエッセンスが
これでもかと言わんばかりに凝縮されております。

大胆な事を言ってしまえば
作者が自らの半生を綴った作品には
純文学のような重厚さが備わっていると言っても
過言ではないと筆者は思っています。

ご紹介した以外にもコミックエッセイは
探せば探すほどざくざくと出てきます。

気になったタイトルやジャンルを見つけたら
是非手に取ってみてください。
これまで知らなかった世界が広がって
人生が少しだけ楽しくなるかもしれません。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

スマート美学の注目記事を受け取ろう

コミックエッセイ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スマート美学の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

紙山 弥実香

紙山 弥実香

図書館勤務経験を持つ趣味人。
自宅の本棚は分類番号と作者の名前あいうえお順で並べることをポリシーとしている。将来自宅に壁一面の書庫を作ることを目標に日々節約している。