1. TOP
  2. トレンド
  3. 【全曲感想レポ】ヒプノシスマイク 3rdLIVE@オダイバ 韻踏闘技大會開催!熱狂の一夜をレポート!
Sponsored Link

【全曲感想レポ】ヒプノシスマイク 3rdLIVE@オダイバ 韻踏闘技大會開催!熱狂の一夜をレポート!

ヒプノレポアイコン

飛ぶ鳥を落とす勢いが止まらない!
大人気ヒプノシスマイクの3rdライブが
2018年11月17日にオダイバで開催されました。

激しいチケットの争奪戦の末
残念ながらオダイバのチケットは取れませんでしたが
各所映画館で行われた
ライブビューイングのチケットをどうにか
手に入れる事ができましたのでレポートします!

1、2回目同様、今回も熱気の凄いライブでしたよ!
大ニュースの発表もあるので
最後まで是非読んでくださいね♪

 

【2018冬・最新】おすすめナイトブラランキング!(新色も紹介)

Contents

大人気!ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-の
3rdLIVE@オダイバ 韻踏闘技大會が開催されました!

2018年11月17日、Zepp DiverCity Tokyo にて
開催された大人気『ヒプノシスマイク』の
3rdLIVE@オダイバ 韻踏闘技大會が開催されました!

とにかく人気のあるこのイベントは
チケットを取る事が難しく
私もニコ生先行など全部の抽選に
エントリーしましたが全て落選…。

1st、2ndと満足度の高いライブだったので
仕方ないですね。

やっと取れたライブビューイングから
今回は感想レポートしたいと思いますので
お付き合いお願いいたします!

BGMには是非こちらを♪

出演者はヨコハマディビジョンの碧棺左馬刻役の浅沼晋太郎さん以外の11人!

今回の出演者は木村昴さん、石谷春貴さん
天崎滉平さん、駒田航さん、神尾晉一郎さん
白井悠介さん、斉藤壮馬さん、野津山幸宏さん
速水奨さん、木島隆一さん、伊藤健人さんの11人!

浅沼さんがいなかったのはとっても残念ですが
その分を同じディビジョンの
駒田航さん、神尾晉一郎さんで
フォローし合っていたのが印象的でした。

人数が多いのでまだ全員揃ったことはないのですが
欠けた人の分をフォローするチームメイトの姿を
見れるのも楽しみかもしれません。
勿論来てくれることが一番ですけどね。

ゲストにラッパ我リヤさん、サイプレス上野さん、ロベルト吉野さん

今回のゲストはシンジュクのチーム曲の編曲を
担当しているラッパ我リヤさん、
ヨコハマ左馬刻のソロ曲を担当している
サイプレス上野さんなどでした!

やっぱり本物のラッパーは違う!と
思わせてくれるライブで、
馴染みのないファン達も盛り上がっていました!

ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-の3rdLIVE@オダイバ 韻踏闘技大會の全曲感想レポート!

ヒプノレポイメージ2

 

それでは、詳しく
ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-の
3rdLIVE@オダイバ 韻踏闘技大會の様子や
感想をレポートしていきたいと思います!

行けなかった方も、行った方も
興味が出てきた方も!

是非、行った気持ちになって読んでくださいね。
とにかく楽しく演者とファンが一体化した
アツいライブでした!

前説はおなじみ、ブクロの山田一郎役木村昴さん

ヒプノシスマイクの顔でもある、ラップ経験者の
イケブクロ山田一郎役木村昴さんが
格好良い前説で注意事項を教えてくれます。

格好良いラップでの前説で「あ~はじまる~!」と
ファンのテンションはうなぎ上り!
一気に会場内が期待と歓声で包まれました。

各チームの映像が流れた後は、-Division Rap Battle-と-Division Battle Anthem-で大盛り上がり!

オープニングVTRが流れた後は全員が登壇し
-Division Rap Battle-と
-Division Battle Anthem-を連続で熱唱!

ヒプノシスマイクが人気になり
YouTubeでは1200万人以上が見ている大人気曲なので
尋常ではない盛り上がりでした。

また各チームで一人が歌っている最中は
残る二人が何かしらのアクションをしているので
声優さん達も本気で楽しんで
公演されている感じがして良かったです。

その中で特にシブヤFlingPosseの
飴村乱数役白井悠介さんは乱数らしく
ピョンピョン跳ね回っていてキャラクターを
しっかり演じてくれていました。

シンジュク麻天狼の観音坂独歩役伊東健人さんの
叫びも腹の底から響き渡っており
独歩のアングラ感がらしくて良かったです。

ヨコハマの碧棺左馬刻役浅沼晋太郎さんのコメントが入ると各ディビジョンのソロ曲へ

ヒプノレポイメージ3

今回は残念ながら参加されなかった
碧棺左馬刻役 浅沼晋太郎さんから
コメントとラップが届くと、
その後は各ディビジョン毎にソロ曲を熱唱します。

VTRの浅沼さんの即興ラップは格好良く
ライブに参加したい気持ちが
伝わってくるものだったので
次回は皆揃って登壇してくれると良いですね。

まずはヨコハマディビジョン MAD TRIGGER CREWの男らしさが際立つ二人!

ヒプノレポイメージ5

浅沼さんのVTRの後は
毒島メイソン理鶯役 神尾晋一郎さんの
What’s My Name?でした。

「小官の名前を言ってみろ What’s My Name?」
のあとに『リオー!』と
ファンが一丸となってレスポンスしました。

何度も出てくる『リオー!』は
かなりテンションが上がります。

その次は入間銃兎役 駒田航さんの
ベイサイド・スモーキングブルース。

銃兎を意識された衣装で
大人の男らしさが際立つ駒田さん。

曲は勿論でしたが、特に印象的だったのが
熱狂のあまりに前のめりになってしまっていた
ファンに対し「一歩ずつ下がるんだ」と
言っていたことです。

もう少し下がれと数回促し
出来たファンには理鶯役神尾さんが
「よくできたな」とご褒美のねぎらい。

ディビジョンのチームワークを感じた一面です。
勿論、黄色い歓声が上がっていました!

シブヤディビジョン Fling Posseは煌びやかな可愛さとオリジナリティーが溢れてる!

ヒプノレポイメージ6

シブヤ飴村乱数役 白井悠介さんのdropsでは
飴を持ちながらピョンピョン跳ねるように
舞台を左へ右へ移動していました。

それでいて地声より随分と高い曲を
歌うのだから凄いですね!

定番の「おねーさん♡」と
アドリブの「またデートしようね♪」には
声援で会場が揺れた気がします。

乱数役白井さんが温めた場所に今度は
有栖川帝統役 野津山幸宏さんが3$EVENを熱唱。

ノリやすいテンポに自然に腕を振ってしまいます。
『フリーズ』や『プリーズ』など
レスポンスもしやすく
ライブ感を凄く味わえます♪

『アップ』『ダウン』では
一喜一憂している帝統が目の前にいるようで
かなり盛り上がっていました。

お次は
夢野幻太郎役 斉藤壮馬さんのシナリオライアー。

前回は欠席だった斉藤壮馬さんがついに登場し
本を持った姿でシナリオライアーを歌い上げました。

優しく語りかけ過去の話をしている曲ですが
徐々に熱が入っていき
『こんな嫌われ者に何の用があるのか』では
CDの比にならないぐらいの
幻太郎の悲痛の想いを感じさせます。

そして最後には
アドリブがかなりの量入っていたので
大分準備されてきた事が伺えます。

はける前の白紙の本とお決まりの
『まぁ全部嘘だけどね』で鳥肌が立つ程の
夢野幻太郎でした。

シンジュクディビジョン 麻天狼はジェットコースターのように舞台が変化する!

ヒプノレポイメージ7

シブヤの後は
伊弉冉一二三役 木島隆一さんシャンパンゴールド!

盛り上がらない訳がない!という
テンションの高い曲で
会場の熱気がまたぐっと上がりました!

一二三の華やかさが一気に溢れてくるこの曲は
レスポンスが多く
シャンパンコールではソロ曲の中での
盛り上がりベスト1,2を争うレベルでした。

とにかく楽しい!
そんな雰囲気に一二三役木島さんが
してくれた気がします。

次の観音坂独歩役 伊東健人さんのチグリジアは
独歩になりきった伊東さんが俯いたまま
壇上の真ん中へ行ってから始まりました。

アップテンポなのに
独歩の陰々とした雰囲気のある曲を
鬼気迫るラップで歌い上げました。

前曲のシャンパンゴールドとの湿度の違いが激しいのに
しっくりとくるのが不思議ですね。

シンジュクの締めは
神宮寺寂雷役 速水奨さんの迷宮壁。

語りから入る迷宮壁は演じる速水さんの
ベテラン故の経験の差なのか、空気が重厚でした。
今までの曲のどれとも違う、『すごい人がきた』
という雰囲気に圧倒されます。

こんなにも空気が一瞬にして変わる経験は
初めての事で、自然と体が止まりました。
まさに速水マジック。
この重厚感はライブでしか味わえない
貴重な体験でした。

イケブクロディビジョン Buster Bros!!!は元気と勢いのある正統派で盛り上がる!

ヒプノレポイメージ8

最後のディビジョンはイケブクロBuster Bros!!!
山田一郎役木村昴さんが壇上に上がると
俺が一郎のイントロ中にいつものように
ファンに盛り上がっていこう!と声を掛けてくれます。

歌いだすと圧倒的な経験を感じるラップが
最高に格好良い!

兄弟の曲の時も積極的にレスポンスのタイミングや
振りを笑顔全開で教えてくれるのが山田家の長男
そしてヒプノシスマイクを
引っ張ってくれている感じをひしひしと感じました。

ソロ曲の中で一二三のシャンパンタワーと
盛り上がりベストの1,2を争っていました。

次は山田二郎役石谷春貴さんのセンセンフコク!
勢いのある正統派のラップを
石谷さんが二郎さながらに熱唱しました。

一郎を尊敬してやまない
二郎の若さ溢れる曲の雰囲気をそのままに
ライブならではの気迫を感じます。

特に石谷さんはニコ生でのイベントにも
出ているので場数を踏んできているからか
どんどん歌い方に強い自信が現れていていて
それが二郎にもダブってきました。
一番キャラと声優さんの差がない気がしました。
ソロ曲の締めは
山田三郎役 天﨑滉平さんのNew starです。

「G線上のアリア」をサンプリングしたこの曲は
しっとりとした曲調ですが
途中、兄弟とのやり取りのあるラップで
Buster Bros!!!らしい強さと
三郎らしいしたたかさを天崎さんが
見事に歌い上げました。

歌っている天崎さんの側に二人がくると
仲の良い山田三兄弟らしさにこちらの頬が緩みます。

思わず聞き入ってしまう、
しなやかさと美しさが詰め込まれたものでした。
三男として最高のパフォーマンスだったと思います。

盛り上がったままゲストへ…

ソロ曲で盛り上がった後は
ゲストのサイプレス上野とロベルト吉野が出演!

お休みだった左馬刻のソロ曲のラップを披露し
その後にヒップホップ体操第二を披露しました!

シンプルで簡単なものですが
とても盛り上がっていました。
恥ずかしそうに振りをしていたファンもいたのですが
この体操のおかげで
皆思い切り振りをしていたような気がします。

とても気に入ったので
帰ってきてから思わず動画を探しちゃいました♪

大熱狂!バトル曲は迫力の3曲連続!

ヒップホップ体操で体を動かしたあとは
各ディビジョンの曲へ。
4曲連続の後にバトル曲が3曲、と
目まぐるしく盛り上がるセットでした!

最初はヨコハマMAD TRIGGER CREWのYokohama Walker

ヒプノレポイメージ9

ヨコハマMAD TRIGGER CREWはYokohama Walkerを
二人でフォローしながら盛り上げました。

左馬刻パートは銃兎役駒田さんが
カバーする事が多かったですが、
銃兎の台詞は多く理鶯役神尾さんの
絶妙なフォローが効いてました。

最後の銃兎の「あいつが待ってる」には
MAD TRIGGER CREWを通り抜けて
声優さん達の熱を感じた気がします。

二人のYokohama Walkerも良かったですが
次は三人のYokohama Walkerが聴きたいですね。

シブヤFling PosseのShibuya Marble Texture -PCCS-

シブヤの仲の良い楽しそうな雰囲気通りの
この曲ですが、ライブでもそのまま!

楽しそうに聞いてる乱数、名前を叫ぶ帝統
微笑む幻太郎、まさにファンが想像した通りの
Fling Posse。

一曲終え、はける時に自撮りしようとする
乱数と帝統
止める幻太郎という寸劇も良かったです。

シンジュク麻天狼のShinjuku Style ~笑わすな~

一二三と独歩の幼馴染設定が生きたステージでした。
寂雷に付いていく二人という立ち回りで
勢い良くラップを刻んでいました。

イケブクロBuster Bros!!!のIKEBUKURO WEST GAME PARK

とにかく楽しい!参加している!という
気持ちになれる一曲で
Buster Bros!!!らしかったです。

この曲でも一郎役木村さんが弟二人と
私たちファンも引っ張っていってくれるので
気持ち良くノッていけました。

木村さんのヒューマンビートボックスは
この曲の見せ場!格好良いですね♪

バトル曲はWAR WAR WAR・BATTLE BATTLE BATTLE

ヒプノレポイメージ10

各ディビジョンの3人が出てきて
目の前でメンチを切りながらバトルをする
パフォーマンスを披露したバトル曲。

最初はバトルCDの1番目
Buster Bros!!!とMAD TRIGGER CREWの
WAR WAR WARでした。

額がぶつかってるのでは?と思う程の
競り合いにファンの熱気もピークに!

MAD TRIGGER CREWは一人足りないとは
思えないほどの気迫を感じ
Buster Bros!!!は青い迫力を感じました。

特に弟二人とヨコハマの二人は
ぶつかり合いを見せてくれたと思います。

次はFling Posseと麻天狼のBATTLE BATTLE BATTLE!
こちらも迫力十分でした。

CD同様、食って掛かる一二三と帝統
などの演出も良かったです。
幻太郎の「嘘ですよ」では
ファンから悲鳴のような叫び声も…!

新曲DEATH RESPECTも披露!

バトル曲最後はライブの数日前に出たばかりの
新曲、DEATH RESPECTです。
勝ち抜いたMAD TRIGGER CREWと麻天狼の曲ですね。

前曲とは違う熱の籠ったパフォーマンスで
ファイナルバトルに相応しい熱唱でした。

ゲスト、そしてラストトーク

バトル曲を終えるとラッパ我リヤさんが登場。
さすがプロ!と言った
ヒップホップ曲を披露しました。

その後はいよいよトークで
壇上に11人全員が並びました。
そこでも木村さんがMCとして
コラボ商品の発売発表などをします。

たかはし智秋さん演じる無花果様から大発表!!

その後、たかはし智秋さん演じる
勘解由小路無花果からの大発表!

新バトルCDの結果発表が12月12日になるとのことです!
プレゼンターはZeebraさん!

ニコニコ生放送と新宿アルタビジョンで
同時生中継が行われます。
楽しみですね♪

まだCDの投票をしていない方は12月5日までに
忘れずに投票してくださいね!

最後にもう一度、-Division Battle Anthem-

無花果様役たかはしさんがはけた後は
各ディビジョンからの一言があり、
その後-Division Battle Anthem-を全員で熱唱して
ライブが終了となりました。

今回のライブの最初に歌った時とは違う
これでこの楽しい時間が終わってしまうんだと
物悲しい気持ちになりました。

とは言え、アップテンポで
ヒプノシスマイクの顔である曲なので
ファンも更に一丸となって最後を見送りました。

まとめ

ヒプノレポイメージ4

いかがでしたか?
私の感じた熱量を少しでも
感じて貰えたでしょうか?

最初から最後まで爆走し曲数も多く
満足度の高い最高のライブでしたよ!

ヒップホップ初心者でも
ヒップホップに馴染みのある方でも
違った楽しみ方ができるライブだったと思います。

声優さん達のキャラクターへのリスペクトを感じ
曲を作った方々の愛を感じる、熱い2時間半でした。

ライブビューイングでも楽しめましたが
次こそ現地で生のライブを楽しみたいです!

ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 3rdLIVE@オダイバ 韻踏闘技大會のセットリストはこちら!

1.「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」
Division All Stars
2.「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」
Division All Stars

3.「What’s My Name?」
毒島メイソン理鶯(CV:神尾晋一郎)
4.「ベイサイド・スモーキングブルース」
入間銃兎(CV:駒田航)

5.「drops」
飴村乱数(CV:白井悠介)
6.「3$EVEN」
有栖川帝統(CV:野津山幸宏)
7.「シナリオライアー」
夢野幻太郎(CV:斉藤壮馬)

8.「シャンパンゴールド」
伊弉冉一二三(CV:木島隆一)
9.「チグリジア」
観音坂独歩(CV:伊東健人)
10.「迷宮壁」
神宮寺寂雷(CV:速水奨)

11.「俺が一郎」
山田一郎(CV:木村昴)
12.「センセンフコク」
山田二郎(CV:石谷春貴)
13.「New star」
山田三郎(CV:天崎滉平)

14.「ヒップホップ体操第二」
サイプレス上野とロベルト吉野(ゲスト)

15.「Yokohama Walker」
MAD TRIGGER CREW
16.「Shibuya Marble Texture -PCCS-」
Fling Posse
17.「Shinjuku Style ~笑わすな~」
麻天狼
18.「IKEBUKURO WEST GAME PARK」
Buster Bros!!!

19.「WAR WAR WAR」
Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW
20.「BATTLE BATTLE BATTLE」
Fling Posse VS 麻天狼
21.「DEATH RESPECT」
MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼

22.「ヤバスギルスキル10」
ラッパ我リヤ(ゲスト)

23.「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」
All Cast

【2018冬・最新】おすすめナイトブラランキング!(新色も紹介)

Sponsored Link
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

三上千春

三上千春

美容学校を卒業後、大手化粧品会社で美容部員として勤務。
結婚後はフリーのヘアメイクに転向し、出産を機に育児に専念していましたが子どもが少し大きくなったので、身に付けたプロの知識でアドバイスができるライターとして現在活動中

関連記事

  • 【2018】仮装しない大人のおしゃれなハロウィンの楽しみ方!ネイル/ホテルビュッフェ/ホームパーティー

  • 【画人・竹久夢二の人生】2017『命短し恋せよ乙女展』・『モチーフ図鑑展 』を弥生美術館にて開催中。若者からも支持される竹久夢二の素顔とは

  • 【2018】キスシーンがたまらない!大人気イケメン俳優イ・ジョンソクに密着!

  • 【2018春の新テレビドラマ】漫画原作多数!注目のドラマたちを紹介

  • 【2018最新版】イケメン・高杉真宙を徹底紹介!

  • 【世界の渡辺直美2018大ブレイク中!】メイクやファッションなどインスタ女王を徹底解剖!