1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. アラサー未婚女子に捧ぐ!結婚願望の理想と現実
ナイトブラおすすめランキング

アラサー未婚女子に捧ぐ!結婚願望の理想と現実

未婚女子アイコン

頬と唇を真っ赤に染め、肌が真っ白な
どこぞの国のお姫様がよく歌っている様に

女子は誰でもいつか王子様が来ると信じてやみません。
白馬に 乗った王子様が私を迎えに来てくれるのです。
いつの日にか。

いつの日にかと歌っていたお姫様は13歳。
いつの日にかと共感していたあの頃は何歳でしょうか。

いつの日にかと待ち続けた私達はいつの間にか30代。

アラサーになっていつの日にかは流石に痛い。
痛いとわかっていながらも
私達未婚アラサーは王子様を待ち続けます。

何故かって?

私達は王子様だけを待っている訳ではありません。
王子と一緒に理想の結婚も待ち続けているのです。

真っ白なドレスを着た花嫁は皆の憧れの的。
何十人何百人の友人や家族に
キレイだともてはやされ、おめでとうと祝福され
隣には、一生君を愛すよと誓った旦那様。

そんな友人の結婚式をいくつも見送った未婚アラサーは
自分の番が当然回ってくると信じてやみません。

そして式の参加回数と共に結婚願望の
パワーチャージは常にMAX状態。

結婚式やその後の友人達の結婚生活の大変さを
どんなに垣間見ても、自分はあぁはならない様にと
むしろ勉強した気分でいます。

そんな未婚アラサーの私達の
結婚の理想は高くなるばかり。

そもそも、どうして自分が結婚したいのか
王子様がどうして必要なのか
考えてみたことあるでしょうか。

漠然とした本能で感じていた子供時代の結婚願望
もう一度思い返してみません?

小さな子供と違い、私達アラサーには
今迄生きてきた経験と、
それによって培ってきた知能があります。

子供の頃は嫌なことから目を背けても許されましたが
大人になった今、目を背けた後には
莫大なしっぺ返しがくることを私達は知っています。

あなたのその結婚願望、
本当にそれが理想なのでしょうか?

ナイトブラのおすすめ人気ランキング!育乳効果は?!試着リポートあり【2019・新色も併せて紹介】

 

結婚願望のゴール地点「恋愛結婚」…まさかの【うまくいかない現実】

未婚女子の憧れと、厳しい現実

未婚女子イメージ2

愛する人と、愛し愛されての結婚。

朝起きると隣には愛するあなた。
食事を共に団欒し、愛するあなたの寝顔と夜眠りにつく。

好きな人との結婚生活は理想に満ちていると思います。

が、しかし。

理想は理想のままです。

全ての夫婦がそうとは言いませんが
日本の離婚率は正に3組に1組の現実。

しかも男女共に離婚原因のトップは
性格の不一致…!(2013年調べ)
からの浮気と次点に繋がっていきます。

浮気はひとつの着火剤にすぎず、
爆弾自身はまさかの相手への不満にあるとは。

あれ程愛し愛され一生を誓いあった2人ですが
その三分の一の誓いは成し遂げずに終わっています。

ルールは破るためにありますが、
結婚もそのひとつに入ってしまっている模様。

お見合い結婚と恋愛結婚と離婚率

1970年代からお見合い結婚より恋愛結婚が主流となり、
日本の離婚率はお見合い結婚の時代より上がり傾向に。

日本人が恋愛する様になってから
離婚率が高くなるなんて皮肉なことですが
それだけ個人の選択に
自由が与えられた証でもあります。

結婚願望の前に立ちはだかる「永遠の愛は存在しない」説

未婚女子イメージ3

好きな人が出来た時や、付き合いたての時期
私の世界にこの人以外いらない…!位、
2人の世界に浸ってしまう時があったことありません?
またはそんなカップルを見たことが
きっとあるはずです。

恋愛していて1番楽しく、薔薇色な期間ですが
日が追うにつれ、その薔薇の色は薄れ、萎み、
やがて枯れ果てていくのも
きっと見たこと(体験したこと)があるはずです。

そう、3年目の浮気を大々的に
まー君とキーボさんが歌ってしまった様に

私達の人間の脳は恋愛感情が
永続的に続く様には出来ておりません。

一般的には約1年半から2年で消える様に
出来ていると言われています。

従って、3年目に浮気したりされたり、
他の異性に目が向くことは
脳の造り的に当然に起こる出来事と言えるのです。

「ヌレヌレ」の効果って?”唇専用”美容液でステキなキスを♡

悲しい仕組みが心身を守る?

…悲しい。
恋する乙女には非常に悲しいですが、
これ私達の身体を守る為の
予防処置でもあるんですよ。

皆さん絶対的に覚えがあると思うのですが
恋をしてドキドキしたこと…ありますよね?

好きな人を思うだけで、胸が苦しくなったり
その人を目の前にしたら
緊張したり動揺してしまったり…

俗に言う、あぁ、
ドキドキ=ときめきが止まらないっ!
って奴。

さて、このときめき。

実は、このときめきが私達の身体には
問題ありなんです。

文字通り、ときめきで死ぬ?!

未婚女子イメージ13

ときめきが身体に良いと
女性は特に聞いたことがあると思うのですが
それは断続的なときめきな話。

たまにの刺激は必要悪。

ときめきが永続的に続くことは
マグロやネズミでもない限り、死を意味します。

何故なら、身体がときめいてる時、
(ドキドキしている時)
それは鼓動が速くなっている状態を示します。

いつもより身体が火照ったり
動いてもいないのに汗が出てきたり…

これ、全部ときめきの野郎のせいなんです。

言ってしまえば、ときめきとは
身体がマラソンをしている状態と酷似しています。

毎日、一定の時間のマラソンは
健康に良いと言われていますが

このマラソンがずっと、
それこそ永続的に続いていたら
身体はどうなるでしょう…?

運動不足のアラサー女子は答えが出てますね。

身体が悲鳴をあげない様、私達の脳は
恋愛感情を徐々に下げていくのです。

マラソンが終わった後って、時間がたてば
脈拍が通常に戻る様になりますよね。
むしろ、早く健康な状態に戻そうと
身体は頑張っています。

これと同じことが、
恋をした男女の身体に起きているのです。

ときめいていた相手が霞んで見えるのは
相手のせいでなく、自分の身体の健康の為。

この原理でいくと
どんな相手であれ(浮気相手であれ)、
必ずときめきは無くなります。

あなたが悪い訳ではなく、
あなたに限ったことでもないのです。

ま、ときめきが無いからと言って
浮気に走るのは
最低な事に代わりは無いですけれどね。

それでも結婚願望持っていられる?結婚生活は「我慢」で成り立つ

未婚なら想像してほしい「基本的に不満」な結婚生活

未婚女子イメージ12

理想は理想のままでと言いますが
結婚生活に満足している夫婦は
ツチノコ並みに稀です。
(見たこと無いと言う比喩)

人と人が一緒に暮らすにあたって
必ずどちらか、あるいは両方から、不満が
出てくるのは至極当然のこと。

勿論、結婚の形は多種多様なので
一緒に暮らさない方もいますが
それはそれでまた不満が出ています。

小さなことから大きなことまで
不満が無くなることはありません。

我慢する理由とは?

余りに大きな不満は
離婚と言うキーワードを引き出してしまいますが
3組に1組とは言え、離婚、離婚と騒いでも
実際に離婚に踏み込む人は多くありません。

多くの場合は我慢して、
そのまま結婚生活を続けようとします。

他者から見ると
既に、相手にときめきと言う恋愛感情も無いのに
我慢の多い生活で人生楽しいのかと
問いたくなりますが

離婚の大変さ(面倒くささ)の我慢と
結婚生活の我慢を天秤に掛けると
生活に傾く方が大多数です。

それだけ離婚にはリスクがあるのですが
同時に結婚にもリスクがあると見えるのは
筆者だけでしょうか。

【リビドーロゼの効果は?!】彼の臭覚を刺激する香り!話題のベッド専用香水(口コミも併せて紹介)

結婚はヘレン・ケラー。仕事家事育児の三重苦

未婚女子イメージ5

男は外に働きに出て、女は家を守る。

この言葉を推進した方は、アメリカの人種差別並みに
奇異な目で見られるでしょう。
若しくは殴り合いの喧嘩にまで発展する可能性もあるので
ご注意くださいね。

石器時代であれば
この言葉は理にかなったかもしれませんが、
今は21世紀。

日本においては昭和の考えは終わり、今は平成。
その平成さえも終わり、年号は変わろうとしています。

変わらないのは、悲しいかな
現実の結婚生活の内容だけです。

女性権利が認められ、男女雇用均等法で
女性の社会進出が当たり前の時代に
やっと(ですね)なって来ました。

表向きに言えば、特に女性にとっては
選択肢が増え、嬉しい様にみえますが

同時期にバブルが弾け、いわゆる不景気に突入し
男性だけの働きでは人員が足りなくなり
女性も働かざる終えなくなったとも言えます。

これに伴い、男性の生涯収入は一気に下がり
自分以外の誰かを養うことは
難しくなってきました。

結果、男だけが生活費を得る時代は終わり
共働きの時代に突入しているのですが

結婚生活に大きく関わってくる
家事や育児はどうなのでしょう?

男女共に、結婚生活での不満を聞くと
必ず出てくる家事育児。

双方意見はほぼ一緒です。

働いていると家事育児まで手が回らない。

ここで、乳母やハウスメイドを雇う余裕があれば
問題は解決するのですが
収入に問題があるから共働きなんですもんね。

当然、家事の負担は両者に(場合によっては片方に)
かかり、不満が溜まってくる訳です。

未婚女子イメージ6

未婚の時も仕事をしながら
お互い自分の家事をやってきましたが
結婚すると、人がいる分住むスペースは広がり、
家事は倍になり、
のちにはそこへ育児まで入ってくる。

未婚の時より仕事が2倍ではなく
3倍に増える訳です。

自ら望んで結婚したけれど
仕事に家事に、育児と正に地獄の三重苦。
現代の多くの結婚生活はこんな現状です。
それでも、未婚のアラサーは結婚したいと
願うのでしょうか。

ヘレン・ケラーの様に
結婚とは、ウォーターとは何かがわかる日が
来ると良いのですが。

サリバン先生と言う旦那様と共に。

結婚生活の不協和音。お金時間実家の三重奏

結婚生活は時間が経てば経つほど、
ひたすら忍び耐え抜くものとなっていきがちですが
人によっては我慢の限界値を
超えてしまうことがあります。

結婚する前は、どんなにラブラブであった2人でも
過ごした年数が経てば経つほど関係は別物に変わり

ちょっとした勘違いや思い込み
誤解を招き、夫婦であればこそ
その溝がどんどんと埋めにくくなっていく…。

結婚への理想や期待が大きければ大きい程
2人のすれ違いは起きやすくなっていきます。

未婚女子イメージ4

また、彼氏彼女であれば
別れを選択肢にいれることが比較的簡単に出来ましたが
結婚の別れとなると、踏み止まらざるを得ないことも。

これが、結婚生活=忍び耐えることになってしまう
場合の、カラクリのひとつですね。

特に、お互い相手にとって不協和音の
きっかけを作り出しやすいのが
お金、時間、実家に纏わる事柄です。

この3つの三重奏がお互いにとって
同一の価値観でないと
必ずどちらかに不満が溜まり、相手に礼を欠いた
態度をとる様にもなりかねません。

たとえば…

よくあるケースではありますが
例えばどちらかの実家に
2人で顔を出す場合。

常に食事は家族で一緒にと育てられた片方と
食事は家族の時もあれば、各々の時もありの
ケースバイケースで育てられたもう片方。

これだけでも、
手土産の予算、どれ位実家に滞在するのか、
到着時間の選択(食事時に行くのか、食後に行くのか)で
2人の価値観は大きく違うことでしょう。

チリも積もれば山となりますが
山となった我慢は何処に行くのでしょうか。

結婚生活には、難易度の高い自分改革が必要

わかってくれる、やってくれると
相手に期待するのはやめましょう。
そして、特にこの
3つのワード(お金、時間、実家)に纏わる
事柄に関しては自分が常識と思わないこと。

夢見る未婚アラサーにはツライ現実ですが、
結婚願望があるなら、変わる必要を迫られる
のは自分です。

離婚したがらない男達と離婚したい女達

結婚は墓場だと言っておきながら
意外にも結婚生活に不満が少ないのは
男性側だったりします。

大抵は悲しいがな女性の不満が圧倒的に多い。
それに付随して、離婚を申し出るのも
女性に多いんです。

勿論、性格の不一致の原因の他に
相手側の浮気の発覚や、DVの件数が多いのは
非常に残念なことですが。

が、しかし
ここで私達女子には嬉しいお知らせ。
どうやら結婚すると
男性の愛情は盛り返すことが多いらしい!?

結婚1年目から30年以上までの夫婦を対象とした
パートナーを愛しているかと言うアンケートに対して

なんと、全ての年代で
男性側が女性を上回っていたのです。

結婚をすると安心して
浮気をし始めることも多い男性達ですが
(特に小金を持ち始めた40代には要注意)

妻とする女性はひとりだと決めているらしく
安易に離婚もしたがりません。

特に歳が上に行けば行く程顕著なご様子。

1、2年で消えると言われている愛情が
意外と何十年も続いている…?
と期待してしまいそうになりますが

面白い種明かしはここからです。

寂しいと死んじゃう?孤独死を避けたい男達

未婚女子イメージ7

人生100年と言われ始めた現代ですが
依然として変わらないのが男女の寿命差。

男性が約81歳、女性が約87歳となり
一般的には女性が男性を看取る構図が多くなります。

離婚したがらない多くの男性の理由はここ。

歳が上がってからの離婚は
養育費は勿論のこと、慰謝料、退職金、
そして年金までも妻に半分取られることになります。

その後は、
収入が半減していて、
たとえ再婚しても数十年で
病院や介護施設にお世話になる男性と
誰が一緒にいたがるでしょう。

むしろ自分ひとりでさえ生きていけるのか
怪しい所です。

よって、何としてでも孤独死を避けたい男性達
歳をとればとる程離婚を恐れ、
妻達に優しくなっていきます。

結婚願望が強い未婚女子へ。こんな男がいたら気をつけて!!

未婚女子イメージ9

また、1回結婚したことにより
恋愛的な愛情は長く続かないんだなと感じた場合、
再婚の意思をもちにくい為に離婚をしたがりません。

だからこそ、未婚のアラサー女子、
特に結婚願望が強い30代は注意が必要なのです。

結構な数の男性は、離婚はしませんが不倫します。

妻に愛情(ときめき)はないから、それは別の女子に。
ただし、どんなにその女子に本気に見えても
浮気の範囲で終わります。

希望を持ってしまっている不倫女子はご注意を。

絶対に離婚するよ。
なんて絶対に離婚しない男の常套句。

不倫の末離婚なんて、
最も収入が半減する原因となります。

彼が離婚しないのには
それ相応の理由があるのです。

アラサーも、大志を抱ける

結婚したい未婚女子のホンネ

未婚女子イメージ1

私達、未婚のアラサー女子ならぬ姫が手に入れたいのは
実は結婚でも王子でもないんです。

王子と言う名の
自分が働かなくても
安定して暮らしていける収入と

一生自分に優しくしてくれる男性
(見目と肩書きが良ければ尚良し)
欲しいだけ。

全未婚アラサーの女子を代表して
心を鬼にして、
心理をハッキリと言いましょう。

楽して暮らしたいんです。

だから今、結婚出来ないんです。←

結婚願望の理想が高すぎませんか?現代社会の「現実」

特に私達アラサー女子の理想は
親のバブル世代の結婚生活を見て
更には就職氷河期を過ごしているので
その結婚観が非常に強いです。

結婚とは、自分が働かなくても良い程の
安定収入のある男性とするものだと。

男女平等を謳う平成の世の中に
これは非常にマズい。

そんな王子はいないに等しいことを
良く理解する所から始めましょう。

男性に自分を養える程の収入はありません。
自分を養える収入があるのは自分だけです。

未婚アラサー女子が「現代だからこそ」できること

未婚女子イメージ8

結婚して仕事を辞める必要も無いし
育児休暇がとれない会社や職場復帰出来ない会社、
家事と育児に参加しない旦那は
存分に批判出来る世の中です。

働くことから逃げることは出来ませんが
結婚も、その後の結婚生活も
自分で切り拓いていくことが出来る。

自分次第で道が作れること、そして選択出来ること、
それってバブルの結婚より
素敵なことだと思いませんか?

結婚しないも選択肢内?

時代の流れと共に
結婚の形も多種多様となってきました。

事実婚の認知や、夫婦別姓案が出されたり
渋谷で同性婚が認められたとニュースになったのも
もう随分と昔の様に感じます。

あなたが求める結婚の姿は見えてきたでしょうか。

時代の違う親友達の姿に自分を重ねてしまうのは
良くありません。
勿論、ドラマや漫画も論外。

必ずしも、王子の城で暮らす必要はありませんし
物理的に一緒にいる必要もないのです。

子供を産まないと選択した夫婦がいる様に
結婚をしないと決めるのも選択肢のひとつです。

未婚女子イメージ10

子供がいるから、結婚してるから
幸せな訳ではありません。

男女が出会い、付き合って、結婚して、
赤ちゃんを作って、産んで、
子供が成長して、その子がひとり立ちして

旦那が病気になって、それを看取り
自分も病気になって、子供に看取られ、生を全うする。

そんな人生を必ずしも選ぶ必要はないんです。
あなたにとって、それが幸せだとも限りません。

男女が付き合って…辺りから、どれ程の不満が
立ち込めているかわからないじゃないですか(笑)

人生には、我慢より楽しいが多いに
越したことはありません。

結婚と言う肩書きに縛られず
今の時代だからこそマイペースに
自分の幸せを模索出来るはずです。

誰かと人生を共にするには
先ずは自分の人生軸を
ひとりでも歩いていけることが何より重要です。

リビドーロゼ

まとめ

未婚女子イメージ11

散々結婚への苦言をまとめてきましたが(笑)
それでもやっぱり、女子の夢から
結婚が外れることはありません。

どんなに自分が望んだ結婚の形では無いにしても
パートナーがいると言うだけで
人は安心感を得ます。

そして、自分の為より他人の為に頑張れてしまうのが
人間の素晴らしい所でもあります。

私達哺乳類は、群れを作る習性があるので
ひとりより二人、二人より三人と
人数が多い方が本能的には
生きやすい生物なんですよ。

肩書きも収入も愛情も
全て取っ払って突き詰めていくと
最後に辿りつくのは
動物としての本能だけです。

誰かと一緒にいたいと思うのは
生きているだけで、自然な流れでもあるんですね。

それが偶々、日本の法律の世界では
結婚と言う名前になり
細かなルールが増えていったと…。

全ての未婚女子の皆様。
既婚者の皆様の教えを元に
焦りと妥協に負けず、人生を謳歌しましょう。

因みに、巷では未婚者より
バツイチが人気の現在です。
離婚を恐れるなとは声を大きくして言いませんが
離婚が早い程、再婚も早いです。

大丈夫、
自分の結婚願望に突き進め、アラサー女子!

ヌレヌレ

<参考文献>

なぜ、結婚はうまくいかないのか?
森川友義 著

「婚活」症候群
山田昌弘、白河桃子 著

ずっと独身でいるつもり?
雨宮まみ 著

一生幸せなふたりでいるための10のワーク
湯原玲奈 著

大人女子の安心シングルライフプラン
じゃこめてぃ single life 編集部 編著

【彼の手で…バストアップ♡】彼氏のマッサージでバストアップできる!?そのコツと、大切なポイントを解説。

大人女子の為のおすすめ恋愛本

【自分で出来る?!】彼氏とのHでイく方法

ナイトブラおすすめランキング

ライター紹介 ライター一覧

矢澤雪子

矢澤雪子

ガールズムービーや海外ラブコメドラマにガールズトークが大好物女子。
女友達の失恋話を何度も聞かされた経験から、女性と男性の脳や身体の違いからくる感情心理に興味を持ち始め、恋愛ライターとして執筆に至る。
人生において恋愛は必ず必要だと信じてる恋愛オプティ二スト。

関連記事

  • 【2019アマゾンで買える】おしゃれでかわいい文房具43選

  • 【睡眠障害からの卒業】原因や症状・劇的に変わるリラックス快眠方法をご紹介!薬に頼らず最高の眠りを手に入れよう〜快眠への道〜

  • 【2018注目!埼玉のおしゃれカフェ】穴場多数!・さいたまのインスタ映えするカフェ35選

  • 【2017】全国のハロウィン婚活パーティー特集13選!(大人の出会いをみつけましょう!)

  • 【2019ハロウィン】100均でイケてるおしゃれな飾り付け!お菓子つくりなど事前準備を楽しもう!

  • 【海外ドラマ・恋愛編】今見ても盛り上がる!2013年以降に 放映されたおすすめの海外・恋愛ドラマ