1. TOP
  2. 恋愛
  3. 官能映画は大人の女性向け作品多数!ドラマも含め21本ご紹介
ナイトブラおすすめランキング

官能映画は大人の女性向け作品多数!ドラマも含め21本ご紹介

官能映画イメージ7

ここぞとばかりに女性の裸体が出てきて、
揺れているセックスシーンが多い
官能映画は男性が見るもの、
なんならちょっと長いAVでしょ…(ため息)
と思っていませんか?

官能映画は、男性のものだけではありません。
女性でも楽しむことができる官能映画は多く存在します。
むしろ、女子こそ
官能映画を楽しめるはずなのです。

「官能映画が女性向け」と言えるその理由や、
官能映画において女性が楽しめるポイントがある
ことをご存知でしょうか。
実は女性にも役立ってくれる官能映画。
ぜひあなたの生活、からだ、こころの潤いに
役立ててほしいと思います。

今回は、
女性が楽しめる作品の選び方もお伝えしつつ、
筆者がおすすめしたい女性向けの
官能映画・ドラマを21本ご紹介したいと思います。

【2019最新版】人気の恋活&婚活アプリ、おすすめランキング!

Contents

官能映画が女性向けと言える理由

官能映画イメージ4

官能映画が女性向けとしておすすめできるのは
いったいどうしてでしょうか。

それは、女性は現実のセックスで
ガッカリすることが多いから。
セックスなんてこんなもんか…
と思った経験がある女性は実は多いはずです。

けれど、それなりの経験を積んだ
大人女子の皆さん、諦めないで!
セックスはもっと楽しくて
気持ちのいいものにできるのです。

男性に任せたセックスを残念に思うのなら
自分でセックスをリードして
もしくは思い通りにリードさせて
セックスの醍醐味を感じるべき!

そんな素敵なセックスとは何かを教えてくれるのが
官能映画なのです。
自分が濡れるポイント
官能映画から知ることができますよ。

官能映画を女性向けとして
楽しむポイント

官能映画イメージ2

さて、官能映画が女性におすすめ、とは言いましたが
どんな作品でも女性が楽しめるとは限りません。
女性が官能映画を楽しむには
いくつかポイントがあります。

官能映画を選ぶポイントを押さえ、
自分が感じるポイントも知っていきましょう!
自分がどんな場面や、セックスの仕方に
感じるのかわかれば
彼とのセックスでいきやすくなるので
セックスが楽しいと思える布石になるでしょう。

エッチな濡れ場だけが多過ぎる
官能映画はNG

官能映画を選ぶときには
濡れ場があまりにも多い官能映画は、
女性にはNGです。

なぜなら、女性は男性と違い、
余りにも視覚にダイレクトなエッチの映像は
逆に出産を思い起こさせるために
興醒めしてしまうことがあるのです。

子作りを目的とした義務化されたセックスは
見ていてエッチな気分になりにくい。
そのため、セックスへの描写が直接的すぎる印象を
与えてしまう官能映画は、女性には向かないのです。

R18やR15だからといって
安易に選ぶのはやめましょう。
しっかりと、あらすじをチェックすることが
女性向けの官能映画を選ぶポイントです。

【ストーリー重視】官能映画は
エッチに入る前が印象的なものを

官能映画イメージ5

女性向け官能映画をチョイスするときに大切なのは
官能映画のストーリーと、
実際にエッチに入る前の描写を大事にしている映画
を選ぶことです。

男女の目と目があって、
はい、すぐにセックス!に入ってしまうのでは
私達女性は官能映画で濡れることはできません。

どんなに激しいセックスシーンであろうが
女性が濡れるには、セックスの前のストーリー
重要になってきます。

男女の目と目があい、お互い
気にはなるものの触れることはなく。
お互いがお互いを想い、
個別にオナニーをするくらいの焦ったさをいれながら、
映画の中でふたりがエッチするのは1回だけ。
そんな官能映画が最も女性の官能を刺激します。

官能映画イメージ7

男性は、視覚でエロさを感じて興奮しますが
女性妄想や想像で興奮が増します。
実際のセックス時、女性は実際の挿入部位を
あまり見ない場合が多いように思います。
ベッドのシーツを見ていたり
快楽に任せて目を閉じていたりして、
そのまま相手とキスをしたい。

女性は、無意識に現実を避け、少し距離を置き、
愛されてると思いやすいイメージ・妄想の世界に
多かれ少なかれ身を委ねることで
快感を感じられるのです。

ふたりに障害があるストーリーの
官能映画は濡れやすい

官能映画イメージ6

女性向けの官能映画を楽しむポイントとして
ストーリーにはなるべく、
カップルとなる男女の間に障害の要素を含むもの
を選んでみてください。

例えば、兄弟であったり、
片思いが報われないような雰囲気を持っていたり、
自分や相手にパートナーがいたり…と、

障害が高ければ高いほど
官能映画内でのセックスは盛り上がり、
日常ではありえないシチュエーションでも
主人公に共感しやすくなります。

私たち女性は相手と自分を重ねやすく
男性よりも共感しやすい性質を持っています。

特に、恋愛において胸がしめつけられるような
経験をしたことがある女性は多いため、
切ない気持ちを想像しやすく、
その中での相手とのセックスシーンは
気持ちが入りやすいために、
官能映画を見ていて濡れやすくなります。

エッチに入る前のキスシーンの段階で既に
主人公に自分を投影している
女性は多いはずです。

官能映画をふたりで見るのは
トラブルの元!?

官能映画イメージ3

官能映画を見ることによって
自分の中の性欲が刺激されてエッチがしたくなりますが、
性欲が刺激されるからといって、
官能映画を彼氏や男性と見ることはおすすめしません。

なぜなら、男性と女性では官能映画で
性欲が高まるポイントが違うために、
官能映画を見た後でセックスをしても
お互いに違和感を覚えてしまうためです。

なので、官能映画を見るのであれば
断然、ひとりでの鑑賞がおすすめです。

ひとりでじっくりと
官能映画のストーリーの中に入り、
自分が濡れていくのを感じてみてください。
官能映画は、自分が濡れることを
自覚できる時間でもあるんですよ!

官能映画の後にはオナニーできる時間を確保!

官能映画を見るときは、
なるべく時間にゆとりがあるときが望ましいです。

何もない休日の朝や、午後、夜寝る前など
自分がリラックスできる時間を確保してください。
気持ちにゆとりがあると女性の身体は濡れやすくなります。

これは、お腹の中に子供を宿す女性の本能で、
自分が先の時間に安心を持てないと
子供を作ることを拒否する性質があるためです。

子供を作ることを身体が拒否していると
濡れにくくなることは必然であり、
気持ちいいと感じられなくなります。

【2019恋愛編】あの人気イケボ声優の声に癒されたい!気軽に楽しむイケボ♪10人ご紹介

女性におすすめな官能映画、マジで厳選3選!

官能映画イメージ1

数ある官能映画の中でも
特に女性におすすめの官能映画を3選、集めました。

これで濡れなければ、
再度繰り返してみることをおすすめします(笑)

必ず子宮がキュンキュンとする瞬間があるはず。
そして、セックスについて自分の中の認識を
もう一度考えさせられる映画でもあります。

見終わった後は、誰かと(!)彼と
セックスを試してみたくなっちゃうでしょう。

ニンフォマニアック



セックス依存症の女性の生涯
を描く、
鬼才と名高いラース・フォン・トリア監督のR18作品です。

映画は約4時間に渡って
主人公ジョーシャルロット・ゲンズブール)の半生を
セックスを通して描いていきます。
作品は二部構成になっており
子供の頃にオナニーに目覚めたジョーの初体験や、
不倫でのセックス、好きな人とのセックス、3P、SMと
あらゆる濡れ場が出てきます。

セックスを通じて人生を見つめ直すジョー
共感できる女性は多いはず。

男性にはチクリと痛い
ブラックセックスジョークが飛び交うので、
女友達や、ひとりで官能の世界に浸るのに
おすすめな女性向け官能映画です。

官能映画イメージk1

ニンフォマニアックでおすすめなのは、
映画内でたびたび登場する、
ジョーのオナニーシーンです。
何人もの男性とセックスをしても満たされない
ジョーは、とにかくオナニーをしまくります。

作中、好きな人とセックスをしてこれ以上ない程の
オーガズムを感じた彼女は、その後、オーガズムを
感じなくなってしまいます。
そんなときにジョーが手段としてとるのも、オナニー。
オーガズムを感じることが彼女の人生のすべて
であることが伝わってもくるシーンです。

あなたは、オーガズムを感じたことはありますか。

人間の生きる原点でもある、
食欲・睡眠欲と一緒に数えられる程
性欲を感じることは
人間として生きることにつながっていきます。

最近、性欲で満たされることがないのであれば
ニンフォマニアックで自分が満たされない原因
探ることができるかもしれません。

官能映画イメージk2

性欲は、男性のほうが表面化しやすいため
(勃起が良い例ですね)女性よりも性欲があるように
見られがちですが、女性だって個人差はあれど
実は男性に負けない程強く持っています。

そんな女性の性欲に注目したのがこの作品。

主人公は、セックス依存症として
強い性欲を持て余しているように描かれます。
いつでも性欲にだけは忠実に、自分の心のままに
セックスを求めるジョーに
性欲とは何かを見い出すことができるでしょう。

純粋に自分のオーガズムを求める姿には
勇気ももらえるはず。

男性が射精することにこだわるように、
女性もオーガズムを感じることに
セックスの重点を置いても良いはずなのです。

アデル、ブルーは熱い色

「アデル、ブルーは熱い色」は、
フランスでのコミックを原作とした
R18に指定される女性向け官能映画。

主人公アデル生涯に一度の燃えるような恋愛
中心となった作品です。

10代の女の子の同性愛の目覚め
色濃く描いてあることが特徴で、
カンヌ映画祭では初めて映画自体が
パルム・ドール賞を受賞したと話題になりました。

また、作中で描かれる
2人の女性のセックスシーンが長い
ことでも有名です。

監督は、官能的なだけでなく、
2人の愛情がリアルに出るよう、そのシーンに
かなりの時間をかけました。
あまりにも長時間に及んだため、
思わず主演女優ふたりから監督に向けて

(充分セックスシーンは堪能したため)
「二度とセックスの撮影はしたくない」

と冗談が出た程です。
その発言から、監督がいかに2人の愛情の形として
セックスシーンを繊細にあらわそうとしたかが
わかりますよね!

どんなふうに仕上がっているのか、このあと
詳しくご紹介したいと思います。

官能映画イメージk3

「アデル、ブルーに熱い色」が、他の官能映画と違うのは
セックスシーンの相手(もちろん恋愛の相手も)が
女性同士な点です。

そのため、男性との濡れ場とは工程が違い、
男性が後ろや前から挿入して
腰を揺らすような描写はありません。

主にシックスナインのようにお互いの性器を愛撫したり
キスシーンの描写が多く見られます。
男性とのセックスでは得られない快感を、
女性はこの作品で知ることができるでしょう。

官能映画イメージk4

「アデル、ブルーは熱い色」
の見所はたくさんあります。中でも
特筆すべきなのは、さきほども少しご紹介した
【官能映画では類を見ないほど長い濡れ場シーン】

ひたすら女性同士がお互いの身体を貪る映像は
動物的…と思いきや、
互いへの愛情が感じられる映像となっているため
7分という長い時間でも見続けることができます。

もしもこれが男性と女性での濡れ場であれば、
おそらく女性は7分間もの濡れ場シーンに
耐えられはしません。
ただただ男性が女性を揺さぶり続ける映像に
興醒めしてしまう可能性もあります。

その点、
ふたりの女性が喘ぎ続けながら
互いに愛撫している映像は、
同じ女性である私たちにとっては刺激的で、自身が
同性愛者でなくとも性欲を揺さぶられます。

官能映画の多い国でもあるフランスですが、
その中でもザ・フランス映画である
アデルたちの官能シーンをじっくりと堪能してみてください。

同じ女性が気持ち良さを感じるポイント
わかりやすく描かれてもいるので、
自分のオーガズムを感じるポイントが
発見できるかもしれません。

官能映画イメージk5

R18の官能映画「アデル、ブルーは熱い色」は、
主人公たちカップルの間に
難易度の高い障害が多々出てきます。

互いに惹かれ合うふたりには、
同性愛から社会における貧富の差までを
見ることができます。

特に、貧しい暮らしの中で
厳格な両親のもとで育ったアデルには、
相手役であるエマを好きになるときから
苦悩を抱えることになります。

ふたりがお互いの家を行き来するシーンでは
まさに対称的なフランスでの格差社会
出てくる食べ物両親の考えから見ることができます。

それでもエマを好きな気持ちを
持ち続けてきたアデルの濡れ場には、
多くの女性が気持ちを入れ込めるはずです。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

イギリスのハーレクイン小説をもとに描いたこの
官能映画は、当初、これほどの話題性が出ることは
予測されていませんでした。
そのため、出演している俳優たちも、
世界的には名が知れているわけではありません。

しかし、古めかしいハーレクイン小説を現代的に
美しく愛あるSMという形で映像化したことで人気が出て、
各国で公開が続き人気の官能映画となりました。

とにかく障害が多いのが
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイの楽しさ。

主役となる二人は
大学生のアナ・スティールと
大企業CEOのクリスチャン・グレイ。

身分差の障害から始まり、
人を愛することをためらうクリスチャン、
という障害も立ちはだかります。

そして、この官能映画最大の障害となるのが
「彼の性的趣向」。
アナがこれを受け入れるのか否か
最後まで目が離せません。

すでにシリーズ3作目が公開されている
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ。
特に話題となった1作目は
女性監督がメガホンを取ったこともあり、
女性が濡れてしまうほど、相手役である
クリスチャン・グレイ(ジェイミー・ドーナン)が
魅力的に描かれています。

女性の理想を全て実現してくれる
クリスチャン・グレイに自分の膣が濡れていくのを、
あなたも感じることができるはずです。

官能映画イメージk6

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイを
そこらのSM官能映画として見てはいけません。

実は、映画の中では直接的な濡れ場描写が
少なめなのがこの官能映画の特徴。
濡れ場よりも、その濡れ場に至るまでの
ふたりの気持ちや表情を丁寧に撮影しています。

そのため、いざ濡れ場のシーンにいくまでに、
自分がじんわりと濡れていくのを
感じることができるでしょう。

普段見ることのできないSMでの濡れ場も、
男性が好きそうな映像で描かれるのではなく、
あくまでも男性の愛情を感じながら
SMセックスをしているのが見てわかります。

ムチで叩かれても、両手を吊るされても、
そこにはただただ相手への信頼があるからこそ、
刺激が官能となり、女性のオーガズムに通じていくことが
この映画でわかるはずですよ!

官能映画イメージk7

SMといえば、まずは視界を遮ることを
思い浮かべる人も多いはずです。
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイも
例に洩れず、SMシーンでは
すぐに目元を隠されます。

目を隠された状態で触られたり舐められたりすると、
気配でしか相手の行動を読むことができないために
他の感覚が敏感になります。
そう、実は相手が見えているセックスよりも
快感を得やすくなっているのです。

主人公アナが目隠しされた状態での
セックス描写は、よくある激しいSMではなく、
ねちっこく愛をふんだんに囁かれながら
愛撫を受けるもの。

SMは痛くて嫌だと思う人でも、この作品で
SMへの印象が変わるかもしれません。

目隠しセックスの経験がないのであれば、
一度は試してみても良いかもしれないとすら思える
女性向け官能映画です。

官能映画イメージk8

セックスの醍醐味といえば、挿入中の相手と
抱き合いながら愛情を確認できることです。

身体の物理的行為で濡れる男性と違い、
女性は気持ちで身体を濡らします。そのため、
相手からの愛情や思いやりを感じれば感じるほど、
女性はオーガズムを感じやすくなる
と言われてるんです。

さて、その愛情を感じる行為である抱擁を、
SMセックスでは禁止されています。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ内では、
M側である女性は、S側である男性に
勝手に触っていけない、というルールがあります。
大好きな相手であるからこそ、
主人公アナも相手に触りたい葛藤に悩まされます。

しかし、実はその葛藤こそが
女性が最大に濡れるポイントでもあるのです。

セックスで男女ともに
オーガズムを感じやすくなるのは、
相手に焦らされたときです。

焦らされれば焦らされるほど、相手を求める気持ち
は強くなり、結果、自分の希望が叶いがちな
スムーズなセックスよりも
性欲を感じる力は強くなります。

▽彼をドキドキさせたいときはこれ!

【リビドーロゼの効果は?!】彼の臭覚を刺激する香り!話題のベッド専用香水(口コミも併せて紹介)

日本の女性向け官能映画。
日本映画でも濡れます!

官能映画は海外だけのものではありません。

海外よりも、芸術や性に関して規制が厳しい日本。
そのくせ、AV大国と言われるほど
男性の性欲のためだけに作られた映像はたくさんあり、
女性としては悲しく思うところ。

ですが、そんな日本でも、実はひっそりと
女性向けの官能映画は制作されています。

近年では、松坂桃李さんが主演したことで
有名になりつつある女性向け官能映画のジャンル。
その作品を紹介したいと思います。

しかしそれだけではありません。
それよりも前から、女性が見ても楽しめる
官能映画は存在していました。
いくつかピックアップしてみましょう!

絶頂をありがとう!松坂桃李の「娼年」

2018年に公開され、官能映画は女性が見ても
楽しめるものだと感じさせてくれたのが、
石田衣良の小説原作、
三浦大輔監督、そして松坂桃李主演で
映画化された「娼年」です。

女性が男性にセックスをしてお金をもらう話は
よく聞くと思いますが、娼年はその反対。
女性が男性をお金で買う、いわゆる男娼の話です。

名門大学生である森中領(もりなか・りょう)は、
アルバイト先のバーの客、静香から
娼年のアルバイトを打診されます。

最初は興味本位だけで始めた男娼の仕事ですが、
幾人もの女性客と触れ合うことによって
領が愛情とは何かを見つけていく、というストーリー。

原作の小説は直木賞候補となり、2001年には主演キャストが
一糸まとわぬ姿で演じる舞台も話題になりました。

女性の官能をこれでもかっ!と見せてくれるので、
自分も素直に性の解放をしていいのだと思わせてくれる
日本の官能映画です。

三浦大輔が考えるセックスの形!「愛の渦」

「娼年」の監督として話題になった三浦大輔監督ですが
元々は「ポツドール」という劇団の主催者です。
そのポツドールの公演で
伝説とされていた舞台が「愛の渦」

「ただただセックスがしたい…」
と乱行パーティーを目的に、
とあるマンションの一室に集まった
男女10人の一夜の会話劇。

女子大生や保育士、サラリーマンにフリーターなど
多種多様の肩書きを持つ彼らが持つ性欲や欲望を
作品の中で垣間見ることができます。

123分の上映の中、キャストが服を着ている時間は
約18分しかありません。
これほどまでに性について考えさせられる作品は
日本では愛の渦しかないでしょう。

渦は愛だけじゃない?!「恋の渦」

三浦大輔原作の渦シリーズにあるのが
「恋の渦」です。
メガホンをとったのは
「モテ期」がヒット作の大根仁監督。

ワークショップオーディションの形態をとり、
主要キャストに有名俳優を使わなくても
ヒット作を作り出した、と話題になりました。

合コンを機に集まった男女9人の恋心と下心と
関係性が明らかになっていくのは、
「ある、この場面に私いたことある」と、つい思い出して
子宮と心を疼かせてくれるでしょう。

江戸のセックス!
女性監督が描く花魁の世界「さくらん」

女性が見るにふさわしい官能映画の代表といっても良いのが、
女子に人気が高い安野モヨコのコミック原作、
有名写真家でもある蜷川実花が監督、
そしてモデルとして人気の土屋アンナ主演
「さくらん」です。

おしゃれ女子3人がコンビを組んだこの映画は、
官能映画にも関わらずファッション性を感じさせて
くれるため、女性でも抵抗なく
官能映画を楽しめることでしょう。

↓原作漫画も面白いですよ!

江戸時代の吉原で育つ女性、きよ葉の成長を
店にくるお客や先輩姉さんを通じて見ることができます。

特に店の先輩姉さんである
菅野美穂木村佳乃の官能シーンは圧巻もの!
同じ女性として、性に恋に溺れるその姿に
じっくりと官能を感じられます。

池脇千鶴・妻夫木聡の生々しいセックス!
「ジョゼと虎と魚たち」

女性に人気が高い田辺聖子の小説を原作として
実写化したのが「ジョゼと虎と魚たち」

犬童一心監督、池脇千鶴妻夫木聡のダブル主演です。
車椅子の女性との恋愛を描く作品ですが、
その中でも二人の濡れ場は見もの。

公開当時は、池脇千鶴の演技が生々しい
女性の間で話題になりました。

セックスだけでなく、ふたりが互いに惹かれていく様
キュンとし、そして胸が苦しくなるので、
そんなふたりの濡れ場には思わず自分の隣にいる誰かを
想像して濡れてしまうはずです。

失恋に子宮がキュンする
「さよならみどりちゃん」

星野真里西島秀俊のふたりが演じる
男女の曖昧な関係に、女性としては胸が痛くなります。
けれども、どうしてか痛い恋愛ほど
感じてしまうのがセックスです。

みどりちゃんという彼女がいると知りながら、
好きになってしまった男性ユタカとの関係を続けてしまう
ユウコの恋愛事情には共感してしまう女子続出…!

二人の濡れ場を見た後には、
自分も誰かとセックスをしたい…と思ってしまうので、
見るときには注意が必要です。

本番あり…?!
興味本位でも見る価値はある「卍」

一気に時代は古くなりますが、
古いながらも話題になっている日本の
官能映画が「卍」です。

なぜならこの官能映画、
官能映画にご法度な
本番ありとの噂があるからです。

ストーリー自体は、同性愛の目覚めをメインとして
ある夫婦とそこに絡むひとりの女性のお話です。
男女3人のエロティシズムに
たっぷりと官能を楽しむことができるため、
何回もリメイクされています。

ちなみに、本番ありの噂があるのは
1983年公開の横山博人が監督、
樋口可南子、高瀬春奈、原田芳雄が出演の映画です。

現実にはまれである3人が絡みあう
卍の世界に浸ってみてください。

官能映画シリーズ「完全なる飼育」

誘拐犯との支配的な官能の日々を送るのが、
「完全なる飼育」のメインストーリー。

男性の誘拐犯に監禁され、生活を支配されたことで
ストックホルム症候群に陥り、
お互いに依存関係の強い恋愛にはまっていく
ふたりの官能シーンが見所。

実際に起きた女子高生籠の鳥事件を下書きに
松田美智子が小説化した「女子高生誘拐飼育事件」を原作として
シリーズ化されています。
その数はすでに8本目と
実に人気な日本の官能映画のひとつとなっています。

シリーズ3作目は海外進出!
「完全なる飼育 香港情夜」

完全なる飼育シリーズの中には
なんと、香港との合作もあります。

当時17歳だった伊藤かなを起用したことで、
規制により日本での公開・制作ができなくなったため
香港の監督とスタッフで完全なる飼育を作りました。

日本を離れ知らない土地で、
勝手に運命を感じられて連れ去られた主人公ですが、
言葉も通じない誘拐犯の男性に心惹かれていきます。

誘拐当時の強引なセックスと
心から愛しあったセックスの描写。
官能映画ですが、運命の恋(愛?)に
女子ならうっとりとして、満たされたいと
羨ましくなりますよ!

シリーズ7作目は男性が主人公!
「完全なる飼育 メイド、for you」

完全なる飼育シリーズの中でも
珍しいのが男性目線で捉える7作目。

メイド喫茶の女の子に恋をしてしまった男性が、
彼女を誘拐するまで(させられるまで)を描きます。
主演は、舞台「テニスのプリンセス」でも主演していた
柳浩太朗

草食系男子の誘拐とじれったいセックスに、
女子なら攻めてみたくなってしまう官能映画です。

【2019】究極の癒しグッズ31選! プレゼントにも自分へのご褒美にもおすすめの女性向け癒しグッズを特集!

まだまだある!濡れないときに
おすすめの官能映画

話も官能シーンも堪能できる官能映画は、
1本位は見ておきたいもの。

日本映画よりも、海外作品に
女性が楽しめる官能映画は多いです。

女性向けの官能映画として、とりあえず
有名な作品を押さえておきましょう!

アンチクライスト

さきほどご紹介しました
官能映画として有名な「ニンフォマニアック」。
それを作ったラース・フォン・トリア監督と、
主演したシャルロット・ゲンスブールが
初めてタッグを組んだのが、「アンチクライスト」

壮絶すぎる濡れ場と、話の重さにカンヌ映画祭で
物議をかもしだしたことでも有名です。

官能映画で話題となった問題作としては
見ておかなければならない1本です。

ハモンハモン

今や大女優として有名なペネロペ・クルス
映画デビュー作にして、ヌードと大胆な濡れ場
披露している官能映画。

相手役には現在の夫バビエル・バルデムが
出演しているところも見所です。

17歳

官能映画を見て楽しめるのは、やはり女性の「若き肉体美」。
そして、その女性がセックスを通じて
どう成長するか、という「ストーリー」です。

そんな官能映画の見所がすべて入っているのが、
フランス映画の「17歳」

17歳である主人公が、おじ様との売春を通じて
愛情とは何かに気づく背景は、
私たち大人女子も考えさせられるものがあるでしょう。

キリング・ミー・ソフトリー

官能映画でありながら、
サスペンス映画としても楽しめるのが
「キリング・ミー・ソフトリー」

一目惚れの勢いで結婚してしまった夫の性癖から、
もしかしたら殺人犯なのでは
思い始めてしまう女性が主人公。

怖いけれど、彼のセックスに溺れていく背景に、
性のドキドキと怖さのドキドキで、絶頂のしやすさは
官能映画の中でも群を抜いています。

ベティ・ブルー愛と激情の日々

官能映画の中でも特に有名な作品が、
この「ベティ・ブルー愛と激情の日々」です。

一人暮らしの中年男性ゾルグのもとにやってきた、
ベティという女性との愛と激情の日々を綴った物語。
ベティの激情ぶりの凄さと、そんな彼女との濡れ場は
見ていて感慨深いものがあるでしょう。

特に冒頭の激しい濡れ場は見る価値あり!

こんなセックスを一度は体験してみたいと
女子なら感じてしまうはず…!

ラスト、コーション


非日常・非現実的な展開で、障害をここぞとばかりに
盛り込んであるのが「ラスト、コーション」

戦時下スパイな彼女と、暗殺対象の相手との
濃厚な濡れ場は、見ているだけでこちらも
濡れてきてしまいます。

ゴーン・ガール

あのデビット・フィンチャーが
監督した官能映画が「ゴーン・ガール」

普通の主婦であった彼女の失踪を探るという
メインストーリー。探ることで
彼女の壮大な人生計画が見えてきます。

そのために身体を使った濡れ場は
見ていて女性は勇気をもらえることでしょう。

欲しいものは必ず手に入れるその強さに、
官能以外でも感じいってしまいますよ!

【女性向け番外編】 同性愛の
お洒落な官能ドラマ「Lの世界」

 

この投稿をInstagramで見る

 

shiori(@shiimush)がシェアした投稿

映画ではありませんが、
女性がセックスを楽しめる官能ドラマが「Lの世界」です。

ロサンゼルスのレズビアン達をテーマにした
このドラマは、
女性特有の性衝動を教えてくれます。

セックスを汚らしいと思ったり、
行為自体がなんだか間抜けに見える女子は特に注目を!

セックスとはこんなにスタイリッシュなものであるのかと、
新しい世界を教えてくれるでしょう。

スタッフはすべて女性で制作されているのも、
このドラマにかける意気込みが伝わってくるでしょう。

女性のオーガズムとは、女性とは何かを
ダイレクトに伝えてくれる官能ドラマです。

官能映画(女性向け)おすすめ21選
〜まとめ〜

官能映画イメージ2

性欲は男性のものだけでなく、もちろん女性にもあります。
ただし、男性と違って女性の性欲は
表に出しにくいものとして扱われることが多いのです。

男性は性欲を感じさせない女性を好む傾向があることが、
女性が好きに性を解放させることの妨げにもなっています。

けれど、セックスを楽しむ権利は女性にもあるのです。

官能映画に出てくる女性達
どの女性も愛する男性とのセックスを
心から楽しんでいる描写ばかりのはずです。

哺乳類である私達は、本来触れ合うことが好きな動物。
相手の温かさを感じると安心するようにできているんです。

愛する男性の肌に触り、相手から触られることの感触を
感じてみてください。
触れ合えることの喜びを素直に受け取ると、
彼とのセックスは一段と楽しくなります。

官能映画の女性達を見て、セックスについて思うことが
女性であるなら何かしらあるはず。

女性向けの官能映画で、
自分は濡れやすい身体であることを
実感してみてください。

官能を楽しむとき、恥じる気持ちは
いりません!

※本記事内のInstagramにつきましては、Instagramが提供している埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。
※この記事の内容について異なる見解がある場合もございます。それも踏まえた上でお読みいただけると幸いです。

▽彼氏とのおうちデートで見る映画をお探しの方へ

おうちデートも有効に♡男性心理に響く恋愛映画はこれだ!

ナイトブラおすすめランキング

ライター紹介 ライター一覧

矢澤雪子

矢澤雪子

ガールズムービーや海外ラブコメドラマにガールズトークが大好物女子。
女友達の失恋話を何度も聞かされた経験から、女性と男性の脳や身体の違いからくる感情心理に興味を持ち始め、恋愛ライターとして執筆に至る。
人生において恋愛は必ず必要だと信じてる恋愛オプティ二スト。

関連記事

  • 【婚活力アップ】男の本音を知ろう!結婚したいと思われる女性・そうでない女性!!

  • 【大人の恋愛トリセツ】久しぶりに彼氏ができた大人女性の上手な付き合い方 〜30代、心の余裕が武器になります♡〜

  • 【罪悪感なしの不倫事情】私達が不倫にハマる理由 ~みんなヤッてる不倫にはメリットがある!?~

  • 【2019】彼氏が喜ぶ簡単ご飯!!シチュエーション別でご紹介。

  • 【バレンタイン義理チョコ】職場の上司や同僚に渡す時のマナー(メッセージカードの文例あり)

  • 【男性の恋愛観】結婚したいの?したくないの?30代男性の恋愛観とは?!