1. TOP
  2. 美容
  3. コスメ(化粧品)
  4. 【2018】コンシーラーの選び方と30代におすすめのコンシーラを用途別に紹介!!
Sponsored Link

【2018】コンシーラーの選び方と30代におすすめのコンシーラを用途別に紹介!!

【2018】コンシーラーの選び方と30代におすすめのコンシーラを用途別に紹介!!

30代になると、顔のシミやそばかすが
気になってはきませんか?

とあるお肌のお悩みアンケートによると、
3,40代の肌に関するお悩みNo.1は
ずばり「シミ・そばかす」だそうです。

シミ・ソバカスに悩み始める3,40代は
とっても多いんです。

できてしまったシミ・そばかすは
なかなか落ちにくいけれども、
隠すことはできます!!

今回はにっくきシミ・そばかすを
キレイに隠してしまうコンシーラーの
選び方を紹介します。

あなたのお悩みにあったコンシーラーを
見つけてみてくださいね。

シミそばかすはコンシーラーで解決!

シミに効果のある美容液や、
シミを消す美容整形の治療など、
シミそばかすを消すための方法も
ありますよね。

しかしどの方法も、完璧に消すまでには
時間がかかります。

出来ることならば、今すぐにでもシミを
消してしまいたいですよね。

そんなときにはコンシーラーの出番です!

コンシーラーを使えば、シミを隠して
お肌をキレイに見せてくれます。

シミそばかすなどのお悩みは
コンシーラーを使って解決しましょう!

コンシーラーはどんな人に必要?

ファンデーションとは、
顔全体の状態を整えて、
肌のキメや発色を美しく見せるものです。

対して、コンシーラーとは
シミやそばかすニキビ跡、
濃いクマなどファンデーションで
隠し切れないもののために部分的に使います。

コンシーラーはシミそばかす
などが気になる人に必要なアイテムです。

ファンデーションで十分肌のアラは
隠れてしまう人には、
コンシーラーは必要ありません。

コンシーラーはいつ塗るのか?塗る順番は?量は?

コンシーラーの塗る順番は
・リキッドファンデーションを使うか
・パウダーファンデーション使うか
によって変わります。

・リキッドファンデーションを使う場合

リキッドファンデーションを使う場合は、
コンシーラーはファンデーションの後に
塗ります。

リキッドタイプのファンデーションで
隠し切れなかった、シミそばかすやクマ
などをコンシーラーによって
自然になるように隠します。

・パウダーファンデーション使う場合

メイクはまず液状のものから塗り、
粉上のものは後に塗ることが基本です。

パウダーファンデーションの上に
コンシーラーを塗りますと、
肌への密着力が弱まります。

ですので、パウダーファンデーションを
利用する場合は、ファンデーションの前に
コンシーラーを塗ります。

コンシーラーを塗った後にファンデーション
を塗る際は、コンシーラーをこすらない
ように丁寧に塗ります。

塗る量は、
はじめは少しだけの量で
薄く塗ります。

それでも隠し切らない場合は
少量を何度も重ね塗りしていきます。

最初からたくさんの量をぼってりと
塗ると自然な感じに仕上がりません。

コンシーラーの塗りすぎには要注意です。

コンシーラーの選び方は?

【2018】コンシーラーの選び方と30代におすすめのコンシーラを用途別に紹介!!

コンシーラーにも
リキッドタイプ・パウダータイプ
スティックタイプなど
色々な種類があります。

さらには、
色味も赤系や青系など様々です。

それぞれのシミそばかすなどの
お悩みを解決するには、どのタイプの
コンシーラーを選ぶべきか説明します。

コンシーラーはどんな色を買えばいいのか?

コンシーラーの色選びのポイントは
お悩み部分の色と反対色を選ぶということ!

例えば、目の下の青っぽいクマには
赤系やオレンジ系統のコンシーラーを、
ニキビ跡や茶色いシミには白系や青系
のコンシーラーを選びます。

また、明るさは自分の肌や使用している
ファンデーションよりも暗い色のものを選ぶのは
NGです。

自然な感じに、
シミやそばかす、クマを消すためには、
ワントーン明るい色を選びます。

ただ、明るすぎても浮いてしまうので、
あくまでワントーンだけ明るい色にしてください。

コンシーラーはパウダー?リキッド?どっちを買う?

どのタイプのコンシーラーを選ぶべきかは
顔のどこの部位に使うかどうかによって
変わります。

目の下や口回りなどの柔らかく
動きやすい部分にはリキッドタイプの
コンシーラーを使ったほうが、
よれにくく肌への負担も少ないです。

頬やあご、おでこなどのこすっても
動きにくい部分には固めのスティック
タイプのコンシーラーをポンポンと
つけると隠しやすいです。

シミやそばかすなどが広範囲に
及んでいる場合は、パウダータイプ
のものと使うと自然な仕上がりになります。

顔のどこを隠したいかによって
選ぶと、上手にシミやそばかすなどを
隠すことができます。

30代におすすめのコンシーラーを用途別に紹介

シミそばかすをしっかり隠すコンシーラー

・ジュエリーハート ウルトラカバーコンシーラーWP


とにかくカバー力がすごい!
顔のシミそばかす、クマだけではなく
体の傷跡やタトゥーまでもしっかりカバーすると
話題のコンシーラー!

水や汗にも強いウォータープルーフタイプ
ですので、プールで使っても安心です。


少しお値段は張りますが、
リピーターも多い愛されアイテムです!

出先でもさっと使えるスティックタイプのコンシーラー

・マキアージュ コンシーラースティック EX 2

しっかりとシミを隠しながらも、
肌との一体感があり、
自然に気になる部分を隠します。

スティックタイプで、
見た目もスッキリとスタイリッシュです。

出先でもサッと使うことができます。

・資生堂 パーフェクティング スティック コンシーラー

濃いシミやそばかす、暗い色のクマ
なども隠すことができる優れものです。

スティックタイプは、固いものが多く
柔らかい目の周りや口周りには
向いていないとされています。

しかし、このスティックコンシーラーは
なめらかに伸びやすいので目の下のクマ
部分にも塗ることができます。

汗や皮脂による化粧崩れもしにくく
長時間持続します。

資生堂 メーキャップ パーフェクティング スティック コンシーラー

たっぷり遠慮なく使えるプチプラコンシーラー

・KOSE コーセー ノア スティックコンシーラー

お財布にやさしいプチプラコンシーラーです。

販売店にもよりますが、
500~800円ほどで購入できます。

濃い傷跡までは消せませんが、
目の下のクマ、薄いシミそばかすならば
十分に隠してくれます。

スティックタイプで初心者にも使いやすいです。

最新モデル!おすすめの新作コンシーラー

・クリニーク ビヨンド パーフェクティング スーパー コンシーラー

クリニークから待望の新作コンシーラー
がでました。

シミそばかす、目元のクマなどの部分を
完璧に隠します。

パーフェクトを超えた
スパーコンシーラーです。

リキッドタイプで肌にぴたっと密着し、
白いTシャツにも色移りしない
驚きの落ちにくさです。

汗や水にも強いウォータープルーフ
タイプで、一日中カバー力をキープします。

・資生堂 コンシーラーブラシ

こちらはコンシーラー本体ではありません。
コンシーラー専用のブラシです。

コシが強くしっかりとしているブラシで
指で塗るよりもキレイにコンシーラーを
塗ることができます。

使い方は、コンシーラーを肌に塗った
後に、このブラシを使って薄く広げます。

コシがあるブラシなので、固めの
コンシーラーもキレイに塗り広げる
ことができます。
資生堂 ザ・メーキャップ コンシーラーブラシ

まとめ

今回は、おすすめのコンシーラーの紹介と
コンシーラーの塗り方や選び方を
説明しました。

30代になってくると、どうしても気になる
シミやそばかすですが、この記事を参考に
上手にコンシーラーを使って頂けたらな、
と思っています。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

スマート美学の注目記事を受け取ろう

【2018】コンシーラーの選び方と30代におすすめのコンシーラを用途別に紹介!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スマート美学の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hanako

hanako

現在、一女一男を子育て中のアラサー母さんです。
育児に追われ、美容にちょっとサボり気味。

私みたいなズボラさんでも綺麗になりたくなるような記事を書くように頑張っています。
皆さんと一緒に学んでいけたらいいな、と思ってます。