1. TOP
  2. 美容
  3. アンチエイジング
  4. 【アンチエイジング】老化を遅らせる食べ物・飲み物で美肌キープ
Sponsored Link

【アンチエイジング】老化を遅らせる食べ物・飲み物で美肌キープ

【アンチエイジング】老化を遅らせる食べ物・飲み物で美肌キープ

20才を超えると
お肌の老化が始まることを
知っていましたか?

その上
仕事のストレスや
エアコンなどでの乾燥で
お肌は常にお疲れモード。

お肌のシワやたるみが原因で
実年齢より老けて見えるかも?!

どうにかお肌の老化を
止めたいですよね!?

高価な化粧水や美容液の
スキンケアだけでは
お肌の老化を止めることは
できないのです。

体の内側からの
スキンケアも大切!!

そのためには
お肌にいい食べ物や飲み物を
日頃から摂ることが必要です。

スポーツフードアドバイザーの
筆者がオススメの
アンチエイジングフード&ドリンクを
ご紹介しましょう!

お肌の老化の原因

【アンチエイジング】老化を遅らせる食べ物・飲み物で美肌キープ

お肌の老化の原因といえば
紫外線というイメージですが
紫外線だけではありません。

何気なく行っている生活習慣が原因で

肌老化を加速させている
場合があります。

もっとも肌老化を加速させる
原因になっているのが

・乾燥
・酸化
・糖化
・光老化
・菲薄化(ひはくか)

この5つが原因だと
言われています。

詳しく見ていきましょう。

乾燥

皮膚の保湿に必要な成分は

・皮脂膜
皮膚の水分の蒸発を防ぐ役割

・細胞間脂質(セラミド)
肌の柔軟性と弾力性を保つ役割

・天然保湿因子
外部からの刺激の侵入や
肌の水分の蒸発を防ぐ役割

これらの成分が主に
肌の内側の水分を保持しています。

1つでも不足してしまうと
肌が水分を保持できず
乾燥してしまうのだとか。

20才を過ぎた頃から
皮脂分泌量が減少し

肌表面からの水分の蒸発を
防ぐことができなくなり
乾燥の原因になるそうです。

細胞間脂質や天然保湿因子は
お肌のターンオーバーで
生成されると言われています。

生活習慣や食事、年齢によって
ターンオーバーに乱れが起こると
これらが生成されず

肌の保湿、弾力が失われ
肌乾燥の原因に。

酸化

リンゴが茶色く変色したり
金属が錆びたりすることを
酸化と言います。

この酸化がお肌でも
起きているのです!

呼吸で酸素を吸うと
体内で活性酸素を作り
細胞を守ろうとするそうです。

紫外線やストレスなどから
肌にダメージを感じると
肌を守ろうと活性酸素が
どんどん増えます。

しかし、増えすぎた
活性酸素によって皮膚細胞は
酸化されてしまい

シミやシワ、たるみの
原因になるんだそうです。

糖化

最近の研究で、
肌のくすみなどの原因が
糖化にあることが
分かってきたようです。

糖化とは、
食事や間食で摂り過ぎた糖質が
タンパク質と結びつき

タンパク質が
劣化することを言います。

わかりやすく説明すると
小麦粉、砂糖の糖質と
卵、牛乳のタンパク質を混ぜて
焼くホットケーキ。

焼くと茶色く
焼き目が付きますよね?

その焦げ色は
糖化によって起こる変化だそうです。

このホットケーキの焦げ目が
お肌ではくすみとなって
表れます。

しかし、糖質は
身体に必要なエネルギー源。

糖質を完全に抜くと
集中力や体力に
影響を与えてしまいます。

うまく食事や間食で
調整して糖質を摂る事で
糖化を遅らすことが
できるそうですよ。

光老化

紫外線によっての老化を
光老化といいます。

紫外線が肌によくないのは
みなさんもご存知ですよね?

紫外線には
UV-A、UV-B、UV-Cの
3種類の波長があり

UV-Aは、肌の奥にある
コラーゲンなどを変成し
肌の保湿機能の低下させて
しまう働きがあります。

UV-Bは、メラニン細胞を活性化し
日焼けやくすみを引き起こします。

UV-Cはコラーゲン繊維を壊す
コラゲナーゼ酵素を活性化し
シワの原因になるそうです。

まったく紫外線を浴びないことは
身体にもあまり良くありません。

ビタミンCなどを
しっかり摂って
紫外線に負けない肌を
作ることが大事になります。

菲薄化(ひはくか)

菲薄化とは、
加齢によって皮膚が薄くなること
を言います。

女性ホルモンのひとつ
エストロゲンはコラーゲンや
エラスチンの生成を促進する
働きがあると言われています。

年齢と共にエストロゲンが
減少すると、新しい表皮細胞が
作られにくくなり、細胞数の減少で
皮膚が薄くなってしまうのだとか。

加齢だけではありません。

角質を取るピーリングも
菲薄化に原因のひとつ。

お肌のケアと思って
やりすぎると逆効果に
なってしまう恐れがあるので
気をつけましょう。

菲薄化が進むと
肌の水分を保持できなくなり
乾燥の原因になってしまいます。

これらの原因は
日常生活ですべて避けることは
なかなか難しいですよね?

ただ老化の進行を抑えることが
できるのです。

それは食事。

肌に良い食事とは
どのようなものなのか
ご紹介しましょう。

美肌キープ!食べてアンチエイジング

【アンチエイジング】老化を遅らせる食べ物・飲み物で美肌キープ

お肌に良い食べ物を摂って
美肌を手に入れましょう!

アンチエイジングできる食べ物

リンゴ

リンゴには
ポリフェノールが
豊富に含まれています。

このポリフェノールは
抗酸化作用が非常に強く、

活性酸素によって起こす
肌や身体の老化を防いでくれる
と言われています。

シミの予防や、美白など
アンチエイジング効果が
期待できる食べ物です。

生で皮ごと食べると
ポリフェノールを
残すことなく取れますが

農薬などが心配なら
よく洗い、薄く皮をむいてから
食べることをおすすめします。

また、
ポリフェノールには
ビタミンCの吸収を助ける
働きがあると言われています。

ぜひ、ビタミンC豊富な
フルーツと一緒に
食べて下さいね!

トマト

トマトに
豊富に含まれているリコピンも、

抗酸化作用が
非常に強い栄養素なのです。

紫外線から肌を守り、
コラーゲンの減少を抑制させる
働きがあると言われています。

よって、肌の保湿を高め
潤いを保てるようになります。

にんじん

ニンジンには
βカロテンが含まています。

βカロテンを食べると
体内でビタミンAに
変わるそうです。

ビタミンAは抗酸化作用の
働きがあり、活性酸素の除去や
皮膚や粘膜に直接、潤いを
与える働きがあると言われています。

ニンジンは油と一緒に摂ると
効率よく栄養素を摂ることが
できるので、

ぜひ炒め物や
オイルドレッシングをかけて
食べてください。

ただ、βカロテンとビタミンCを
一緒に摂るとビタミンCを
酸化させてしまうそうです。

一緒に摂るときは
お酢を少し加えることを
おすすめします。

アボカド

アボカドには
美肌やアンチエイジングに効果がある
栄養素がたっぷりと含まれており

「食べる美容液」

と呼ばれているのを
知ってましたか?

アンチエイジング効果では
若返りビタミンと言われるビタミンEを

豊富に含んでいると
言われています。

ビタミンEは
抗酸化作用が高い栄養素で

肌のバリア機能が働き
シミ予防にもなるそうです。

またアボカドには
コエンザエムQ10という
抗酸化物質も含まれていて

ダブルの
アンチエイジングケアがが
期待できます。

バナナ

栄養豊富で有名なバナナも
アンチエイジングに効果が
あるんです!

バナナにもポリフェノールが
含まれており、抗酸化作用で
肌の老化を緩やかにし
シミやしわができにくくして
くれるそうです。

バナナを毎日食べることで
肌の保湿力や弾力をアップ
させてくれる働きがあると
言われています。

肌の抵抗力も高くなるので
お肌トラブルの解消にも
効果が期待できそうです。

オートミール

オートミールとは
燕麦(えんばく)という麦を脱穀して
押しつぶし乾燥させたものです。

オートミールには
ビオチンという成分が含まれており
肌の再生力を高めたり
血行を促す働きがあるそうです。

ミネラルも豊富で
その一つのセレンという成分には
過酸化脂質の生成を抑え
活性酸素を分解する働きがあるため
老化しにくい体作りができるのだとか。

オートミールは食べるだけではなく
塗っても肌に効果的だったのです。

ミキサーなどで粉状にして
ぬるま湯でのばし顔に塗ってください。

15分ほどおいて洗い流すだけで
角質除去や保湿効果があると
言われているんです。
必ずパッチテストをしてから
パックしてくださいね!

食べて良し、塗って良しの
オートミール。

アンチエイジングだけではなく
普段のスキンケアにも
つかえそうですね!

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)

ピタヤって知っていますか?

サボテン類の果実で
ドラゴンフルーツとも呼ばれています。

ドラゴンフルーツだと
聞いたことがある人も多いはず。

このピタヤとは
「アサイーを越える」
とも言われていて
今、ハワイで注目を浴びているそうです。

レッドピタヤ
ホワイトピタヤ
ピンクピタヤ
イエローピタヤ
ゴールデンドラゴン

と、種類があり
とれも栄養が豊富に含まれて
います。

中でも注目を浴びているのが
レッドピタヤ。

レッドピタヤに含まれる
ベタシアニンという成分は
ポリフェノールの一種で

強い抗酸化作用があり
活性酸素を抑え、メラニン発生や
シミ、シワなども
防ぐことができるそうです。

その他にも
ビタミン類や葉酸、鉄分なども
豊富に含まれており

コラーゲンの生成力を高めたり
くすみや乾燥を防ぐ効果も
期待できるのだとか。

ガン予防、便秘解消
生理痛や貧血予防などにも
効果があるそうなので
まさにスーパーフードですね!

マキベリー

こちらも海外セレブやモデルなどが
注目しているスーパーフードのひとつ

マキベリー。

マキベリーとは、
南米のベリーの一種で
ブルーベリーに似ていますが
ブルーベリーより小さく
濃い色をしています。

マキベリーには、
ポリフェノールの一種である
アントシアニンがアサイー以上に
多く含まれているそうです。

アントシアニンには紫外線の
ダメージから肌を守る働きが
あるため、シミやシワの予防に
効果的だとか。

しかも、血行促進効果もあるため
血流がよくなり、くすみ解消も
期待できます。

その他にもビタミンCも
多く含まれているので
美白効果も期待できそうですね!

食べ方でお肌も若返る?!

アンチエイジング効果がある
食べ物はいつ食べても
良いそうです。

ただ、
せっかく食べるのなら
効果が高まるタイミングで食べて
効率良くアンチエイジング
したいですよね?

どのタイミングで
どれくらい食べれば
効果が高まるのでしょうか。

アンチエイジング効果がUPする食べ方

【アンチエイジング】老化を遅らせる食べ物・飲み物で美肌キープ

・リンゴ

「朝のリンゴは金」と言われるほど

朝リンゴを食べることは
身体にとても良いのです!

果物に含まれる酵素を
朝に摂ることで

1日の消化や代謝活動を
助けてくれるのです!

1日1個、
皮ごと摂ることが
推奨されています。

しかし
一度に1個食べるのは大変です。

朝食に1/2個、
夕食に1/2個と

分けて食べながら
1日1個を目標に
食べてみてください。

しっかり洗ったリンゴを
輪切りにして食べれば

皮の舌触りも気にならず
たくさん食べれますよ!

・トマト

トマトのリコピンは
朝の摂取が一番、吸収率が
高いことがわかったそうです。

アンチエイジングに必要な
リコピンの摂取量は
生なら大きめのトマト2個
トマトジュースなら1杯(160g)
また、生で食べるより
加工されたトマトの方が
3倍のリコピンが
摂れるそです。

トマトジュースなどを
うまく取り入れると
たくさんのリコピンが
摂れますね!

朝、トマトジュースを飲んで
十分なリコピンを吸収しておき
昼、夜の食事で、付け合せで
生のトマトを摂ると継続的に
リコピンを摂取できます。

・にんじん

ニンジンに含まれるβカロテンは
油と相性が良く吸収率も高めて
くれると言われています。

オリーブオイルや
ココナッツオイルと摂ると
美容効果がより高まるそうです。

毎食、満遍なく摂取すると
食事だけで必要な摂取量が
摂れるので、サラダや炒め物に
彩りで加えてみてください。

・アボカド

アボカドを摂るタイミングは

朝食前、夕食前に1/2個ずつ!

アンチエイジング効果以外にも
ダイエット効果も
期待できると言われています。

美白効果が高いビタミンCや
海老やサーモンなど

魚介類に含まれる
アスタキサンチンと一緒に摂れば、
アボカドのビタミンEの効果が
高まるそうなのでおすすめです!

加熱してしまうと成分が
壊れてしまうそうなので

生のままサラダなどで食べると
効果が期待できます。

気をつけたいことは
アボカドは高カロリーであること!

美容に良いからと食べ過ぎると
太ってしまったり

肌荒れの原因に。

1日1個を目安に
継続的に摂りましょう。

・バナナ

バナナは朝がおすすめです。

バナナを朝食で摂取することで
腸内環境を整えたり
皮膚や粘膜の代謝を促進し
肌荒れを予防する効果が
期待できるそうです。

継続してバナナを摂取すると
肌がモチモチになったという
声もあります。

しかも、
朝バナナは、ダイエットでも
知られていますよね?

アンチエイジング効果に
ダイエット効果・・

うれしい効果がたくさん
期待できるバナナ。

やっぱりバナナは
身近なスーパーフードですね!

・オートミール

昨今話題のスーパーフード、
“オートミール”は
食物繊維が豊富で
朝食で摂取すると腸内環境にも
良い効果が期待できます。

朝食にオートミールを食べれば
朝からビタミンCが摂れるので、
1日の紫外線対策にもなると言われ
おすすめです。

ただし!
オートミール自体には
味がないものが多く、
美味しいかどうかはちょっと微妙。

ですので、基本の食べ方は
オートミールを牛乳や熱湯で
ふやかし、トッピングなどで
味付けして食べます。

おすすめのアレンジは
ポタージュ系や中華系のスープに
オートミールを入れてふやかすだけ。

ふやかしたオートミールに
パスタソースを和えるのも
おすすめのアレンジ方法です。

・ピタヤ(ドラゴンフルーツ)

ドラゴンフルーツは
さっぱりとした甘味が特徴で
いろいろアレンジしやすい
フルーツです。

そのまま食後のデザートとして
食べてもいいですし
サラダとして野菜と一緒に
食べても、美味しく頂けます。

クセが少ないので
スムージーの食材のひとつとして
使っても良いでしょう。

・マキベリー

マキベリーは
南米の寒冷地のパタゴニアにしか
自生していないので
とても希少なフルーツです。

眼精疲労の回復や、
女性に嬉しい鉄分豊富など
嬉しい栄養素が含まれています。

ただし、
日本で生のマキベリーを入手するのは
大変、困難です…
もし見かけた際にはぜひご賞味あれ!

お肌の老化を早める?NG食べ物

【アンチエイジング】老化を遅らせる食べ物・飲み物で美肌キープ

お肌に良い食べ物を
食べているから大丈夫!
と思っていても

お肌に悪い食べ物も
食べていては
お肌の老化を抑えることは
できません。

アンチエイジングに
逆効果な食べ物を
しっかり理解して
うまく取り入れるように
しましょう。

油分の多い食べ物

揚げ物など
油分の多い食べ物を
食べ過ぎた時、ニキビが出来た!

そんな経験がある人もいるのでは
ないでしょうか?

油分を摂り過ぎると
皮脂の分泌が過剰になり
ニキビができやすくなります。

質の悪い油は
体内で酸化し、肌の老化を
進行させると言われています。

新しい油で揚げたり
オリーブオイルなどを
使っても良いでしょう。

適度な油分は、肌の乾燥を
防いでくれますが
摂り過ぎは肌や身体に良くないので
気をつけましょう。

糖分の多い食べ物

糖分と言えば甘い物。

甘い物以外にも
ご飯やパン、パスタなど
炭水化物も糖分です。

食事での適量を摂取することは
身体や脳のエネルギー源となるので
大事なことです。

しかし
食後のデザートや間食などで
余分な糖分を摂ってしまうと
お肌を老化させてしまいます。

多くの糖分を体内で
分解、吸収させるのに
多くのビタミンB群が
消費されてしまうのです。

ビタミンB群には
お肌を整える働きがあると
言われています。

そのビタミンB群が糖質分解で
消費されてしまうと
体内で不足してしまい
肌老化を加速させてしまいます。

毎日の間食を止め
週に一度のご褒美として
甘い物を楽しんだり

ご飯やパンなど
炭水化物を食べない日を
週に一度作ったりなど

自分に合った
糖質管理を行えば
アンチエイジングだけではなく
健康管理にもなります。

濃い味の食べ物

濃い味ということは
塩分が多く含まれている
場合がほとんど。

塩分の摂取しすぎも
肌荒れの原因になってしまいます。

塩分を摂ると
体内にナトリウムが
増えます。

ナトリウムが増えると
細胞の水分を奪われてしまい
肌の乾燥の原因になると
言われています。

・外食
・スナック菓子
・ファストフード

などは、塩分が多く
含まれている場合が多いので
食べ過ぎに注意が必要です。

料理の味付けによく使われる
醤油も塩分が多いので
使いすぎに気を付けましょう。

美肌キープ!飲んでアンチエイジング

【アンチエイジング】老化を遅らせる食べ物・飲み物で美肌キープ

食べ物だけではありません。

アンチエイジング効果が
期待できる飲み物も
あったのです。

どのようなものなのか
これから、ご紹介しましょう。

アンチエイジングできる飲み物

アーモンドミルク

最近、話題の
アーモンドミルク。

アーモンドには
ゴマの300倍と言われる
ビタミンEが含まれており

身体や肌の老化を防ぐ働きが
あると言われています。

ビタミンEには

・肌のくすみ、シミの改善
・酸化を防ぐ抗酸化作用で
 若さを保つ働き

などの効果が期待できます。

その他にも
ビタミン、ミネラルなども
豊富に含まれており
ダイエット効果も期待できると
注目を浴びているそうです。

豆乳

豆乳には
美肌に効果がある栄養素

・ビタミンB
・ビタミンE
・サポニン
・イソフラボン

などが含まれています。

・肌の代謝を促す
・肌トラブルの改善・予防
・ハリ、保湿効果
・抗酸化作用で肌老化防止

などの効果が期待できます。

イソフラボンは
女性ホルモンのエストロゲンと
よく似た働きをしてくれます。

イソフラボンの働きは
生理痛の緩和など
女性特有の悩みに効果が
期待できます。

しかも、
全身の肌にハリや弾力を与えるので
バストアップやヒップアップにも
繋がるそうですよ!

赤ワイン

赤ワインに含まれる
ポリフェノール。

このポリフェノールには
抗酸化作用があり
体内の活性酸素を除去する
働きがあります。

そして、AHA酸も豊富に
含まれており

このAHA酸には
古い角質除去や
肌のツヤ感をだす働きがあり
ピーリング効果が期待できると
言われています。

ルイボスティ

ルイボスティには美肌効果が
あると言われる、SOD酵素が
含まれています。

このSOD酵素は
活性酸素を抑制させたり
除去する効果があり
肌の老化を抑えてくれる
そうです。

シミやそばかすの
予防だけではなく

SOD酵素によって
免疫力が整い
アトピーの症状改善や
花粉症対策などにも
効果が期待できます。

美容ドリンク

手軽に美容成分が
バランス良く摂れるのは
やはり、美容ドリンクですよね!

しかし
どの美容ドリンクでも
同じ効果が
期待できるのでしょうか?

美容ドリンクを選ぶ時の
ポイントをご紹介しましょう。

• しみ・くすみでお悩みには・・

○ビタミンC(美白効果)
○プラセンタ(老化抑制)
○ビタミンB2
(ターンオーバーを促進、シミ改善)
○L-システイン
(新陳代謝を正常化、シミ改善)
○アスタキサンチン
(抗酸化作用、メラニン抑制)
○エラグ酸(メラニン・老化抑制)
○リコピン
(肌のバリア機能、メラニン抑制)

• しわ、たるみでお悩みには・・

○ヒアルロン酸
(保湿効果で乾燥防止)
○エラスチン
(ハリや弾力を与える)
○ビタミンC
(コラーゲンと摂取でシワたるみ防止)
○イソフラボン
(コラーゲンやヒヤルロン酸の
働きを助ける、肌トラブル改善)
○プラセンタ
(しわ改善、肌トラブル改善)
○コラーゲン
(皮膚のコラーゲン繊維生成)
○ナイアシン
(ターンオーバー活性化、肌老化抑制)
○抗酸化成分
(アスタキサンチン、リコピン
コエンザイムQ10、カテキンなども
しわやたるみに効果があるそうです)

肌のお悩みにあった
成分が多く含まれている
ドリンクを選びましょう。

飲み方でお肌も若返る?!

【アンチエイジング】老化を遅らせる食べ物・飲み物で美肌キープ

アンチエイジング効果が上がる飲み方

・アーモンドミルク

摂取方法としては
牛乳と同じような
使い方、飲み方で良いでしょう。

1日の摂取量は200ml程度が
推奨されています。

たくさん飲めば効果が
上がるわけではないようなので
摂取量を守り、継続的に
摂るように心がけましょう。

・豆乳

1日の摂取量は
無調整豆乳で200ml~400ml。

調整豆乳や豆乳飲料は
成分量に違いが出てくるそうです。
無調整豆乳より少し多めに
飲むようにしてください。

直接、飲む以外にも
料理にも使えるので
摂取しやすいと思います。

ただ、過剰摂取してしまうと
ホルモンバランスを崩したり
子宮癌や乳癌のリスクを高める
恐れがあると言われています。

摂取量を守り
美肌を手に入れましょう。

・赤ワイン

ワイングラスに1~2杯程度で
十分なポリフェノールが
摂取できるそうです。

ですが、
ワインはアルコールです。
アルコールの飲み過ぎは
美肌には逆効果。

飲み過ぎには注意しましょう。

・ルイボスティ

ノンカフェインですので
飲み過ぎても体に悪いことは
ないようです。

普段、飲んでいるお茶を
ルイボスティに変えても
良さそうですね!

ただ、最高級でもある
スーパーグレード以上の
茶葉を選ぶと、より効果が
期待できるそうです。

ヤカンで20~30分ほど
煮出してから
ホットで飲むことを
オススメします。

・美容ドリンク

美容ドリンクは
使用上の注意事項を
よく読んで飲むのが
大前提になります。

お肌のゴールデンタイムと言われる
夜10時から2時。

この時間に成長ホルモンが
活発に分泌され
お肌を作ると言われています。

コラーゲンやヒヤルロン酸が
含まれるドリンクは
夜寝る前が良いでしょう。

ビタミン系が多く含まれる
ドリンクは夕食後が良いそうです。

美容ドリンクの過剰摂取は
美容どころか健康にも
影響を及ぼす恐れがあります。
ご注意ください。

お肌の老化を早める?NG飲み物

【アンチエイジング】老化を遅らせる食べ物・飲み物で美肌キープ

肌の老化を早めてしまう
飲み物があります。

美肌を保つために
控えたい飲み物をご紹介します。

冷たい飲み物

冷たい飲み物を
たくさん摂ってしまうと
身体が冷えてしまいます。

身体が冷えてしまうと
代謝や血行が悪くなり
お肌には、よくありません。

お茶や水など
常温か温かくして
飲むことをオススメします。

アルコール

アルコールは
体内で分解するときに
多くの水分が必要に
なります。

利尿作用も働き
体内の水分が失われてしまい
肌が乾燥してしまうそうです。

そして、アルコールは
ビタミンCなどの働きを妨げ
体内の酸化が進んでしまうと
言われています。

お酒の飲み過ぎは
お肌だけではなく
健康にも良くありません。

飲みすぎに注意しましょう。

糖分の多い飲み物

砂糖入りのコーヒーや紅茶、
コーラなどの炭酸飲料など
糖分が多い飲み物は
肌の糖化の原因になります。

肌の糖化は、
くすみやシミの原因になり
肌の老化を早めてしまいます。

無糖のコーヒーや紅茶に変える
炭酸飲料は控えるなど

なるべく飲み物での
糖分の摂取は避けるように
しましょう。

カフェイン

カフェインも
アンチエイジングには
良くないと言われていますが

最近では、コーヒーなどにも
ポリフェノールが含まれているので
アンチエイジングに悪い影響はないと
考えられるようになったそうです。

しかも、カフェインには
体脂肪を燃焼させる働きや
利尿作用で老廃物を
排出させる働きがあると
言われています。

燃焼作用で血流がよくなるので
肌にはプラスの働きになります。

カフェインの過剰摂取で
不眠の症状が表れ
寝不足での肌荒れが
カフェインの影響と
思われていたのかもしれません。

1日2杯程度のカフェインでは
お肌に悪影響はないようです。

飲み過ぎに気をつけ
うまく生活に取り入れましょう。

まとめ

【アンチエイジング】老化を遅らせる食べ物・飲み物で美肌キープ

いかがでしたか?

肌の老化・・・

まだまだ若いと思ってても
どんどんお肌の老化は
進行しているんです。

怖いですよねー!

でも、身近な食べ物や飲み物で
老化を遅らせれるのは
嬉しいですよね!!

筆者は毎朝
りんごとバナナのヨーグルトかけを
必ず食べるようにしています。

そのせいか、冬でも
お肌の乾燥はないような気がします。

効果がすぐに表れないので
途中で諦めてしまう人も
多いのではないのでしょうか?

紹介した食材をたくさん
完璧に摂取するより
始めやすい食材を継続的に
摂取することが美肌への近道です!

諦めずに
続けてみてください。

きっとしっとりピチピチお肌が
キープできるはずです。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

スマート美学の注目記事を受け取ろう

【アンチエイジング】老化を遅らせる食べ物・飲み物で美肌キープ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スマート美学の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

m-ring

m-ring

スポーツフードアドバイザーの資格をいかして、
健康的なダイエットや美容、食事を日々、研究してます。
アラフォーの私が、20代30代でやってれば良かった、
やってて良かった、ということを皆さんにシェアできればと思ってます。