1. TOP
  2. 【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法
Sponsored Link

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

 2017/10/17 ライフスタイル
この記事は約 31 分で読めます。
【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

最近転職した人、
または転職を考えている人
に聞きます。

新しい職場に不安を感じますか?
その不安は何でしょうか?

誰しも、新しい職場は
分からないことだらけで
苦労するもの。

新しい仕事についていけるのか。

自分のスキルを活かせるのか。

いろいろありますが、
一番は人間関係だと思います。

いくら好きな仕事でも
周りの人が悪口を言い合っていたり、
足元をすくおうとしていたら、
辞めたくなります。

逆に仕事があまりに大変でも
仲間がいて、協力し合うような
雰囲気であれば、
結構耐えられるものです。

人間関係はとても重要です。

そこで、今回は、
新しい職場で不安なこと第一位!
人間関係を上手くする方法を
紹介します。

仕事を辞めたいほどのストレス…そんなとき試してみたい状況改善のための30の工夫
こちらも合わせてご覧ください。

Contents

現代の転職事情

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

昔と比べて、
「転職を考える人」
「実際に転職した人」
は増えていますよね。

つまりそれは、
新しい職場をどう乗り切るか
悩む人も増えているということ。

長年、日本の企業は、
終身雇用が基本でした。

終身雇用だと、
勤続年数に応じて
右肩上がりの給料です。

社員の平均勤続年数が長くなると、
その分人件費が増える仕組みです。

それなのに、
多くの企業は業績が横這い、
もしくは下がっています。

今、終身雇用は崩壊
しつつあります。

定年まで安定した収入を
約束してくれる企業が
少なくなりました。

「適材適所でより良い
人材を確保したい!」
と言う企業。

言葉が悪いですが
言い換えれば”使い捨て”です。

自分の身は自分で
守らなくてはいけません。

2.職場での人間関係が重要!
皆さん、今の仕事が嫌に
なったことありますよね?

「仕事に興味が持てない。」
「サービス残業が多い。」

色々な理由がありますが、
その中でも、
職場の人間関係の悪さを
訴える人が群を抜いて
多いと思います。

「上司がおバカ!」
「食ってかかってくる同僚」
「生意気な後輩」

仕事を辞める理由の
TOP1は「人間関係」です。

人と関わらずにはいられない社会

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

社会で生活する以上、
誰かと関わらずにはいられません。

まず、1人で仕事を覚えることは
できません。

数年働くと、
後輩の教育、指導の役目が
回ってきます。

さらに数年働けば
チームや部下を束ね、
管理するリーダーに抜擢
されるかもしれません。

1人でいくら仕事ができたとしても、
周りと上手に関わらなくては、
昇進・昇給はあり得ません。

人間関係は、とても難しく、
今まで良好だった関係が、
何かのきっかけで、
突然悪化する恐れのあるものです。

常に気を遣い、面倒なことも多い
人との関わりですが
悪いことだけではありません。

人は、人と関わることで
成長します。

教えを乞いたり、相談したりして
自分一人では知り得なかった事を学びます。

自分の仕事を後輩に
教えることによって、
より理解を深められます。

何気無い日常の会話の中でも、
新たな発見があったりします。

また、人は
「自分が役に立っている」
ということを、実感したい生き物。

● 一緒に切磋琢磨しながら業務を
遂行する同僚。

● 自分を慕ってくれる後輩。

● 自分を必要としてくれる上司。

彼等に救われたことはありませんか?

生きる為、生活の為の仕事ですが、
それだけでは仕事に対するモチベーションは
保てません。

昇進、昇給がなかなか得られない今のご時世。

良い人間関係が
あなたの背中を押してくれる
のではないでしょうか。

いつだって、
心を満たしてくれるのは人です。

より良い人間関係を持つことで
より豊かな社会人人生
送ることができます。

転職後の人間関係を良くする25のルール

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

「人見知りで新しい職場に馴染めない」

「輪の中に入れず、
一人浮いてしまうのが怖い!」

職場の人間関係で悩む人は多いです。

個人差はありますが、
大体新しい職場に慣れるまでに
3カ月~半年
かかると言われています。

新しい仕事となると、
当然仕事をこなすスピードは
遅くなりますし、ミスも多くなります。

当たり前のことですが、
それを許さない職場もあります。

ただでさえ、知らない人ばかりで、
居心地の悪い職場なのに、
仕事のミスで関係悪化。

なんてことになったら…

人間関係の修復と構築には
時間がかかりますから
新しい職場に一刻も早く慣れる為にも
丈夫な信頼で成り立つ人間関係を
築いていきましょう。

ここでは
人間関係を上手くする方法を
25選紹介しようと思います。

今後のより良い社会人生活の
ために、じっくりチェック
してください!

入社初日の前日までにやっておくこと

入社日の前日、
新しい職場への期待よりも
不安や恐怖を感じている人の方が
多いと思います。

何事も初めが大事!

ここでは、入社初日を
うまく切り抜けるために
やっておいた方が良いことを
紹介します。

抜かりなく物を揃えておきましょう

まず会社から指示されている物は
揃えておきましょう。

例えば、
前の職場でもらった離職票、
年金手帳、
銀行口座の通帳と印鑑など、
入社の手続きで必要な書類の
提出を指示されていると思います。

また社会人の必需品
手帳、メモ帳、筆記用具も
忘れずに!

前日に服装を決めておきましょう

入社日当日に着ていく服も
決めておきましょう。

スーツの必需品ストッキングも
伝染していないか確認しましょう!

ストッキングは伝染しやすいもの。

1つ替えのストッキングを
持っていくようにした方が良いでしょう。

通勤経路を調べておきましょう

当日バタバタしないように
通勤経路も調べておきましょう。

もし可能であれば事前に一回
出勤時間に会社へ行ってみた方が
良いです。

朝の電車の混雑具合や、
乗り換えなどで、
路線検索で調べた時間通りに
出社できないことがあります。

入社初日の流れを軽くイメージしましょう

準備するものが揃ったら、
初日の流れをイメージ
しましょう。

大体初日は自己紹介から始まり、
上司・先輩社員の紹介、
入社手続き、
会社施設の案内
大まかな仕事内容の確認
で終わります。

自己紹介の内容を決めておけば
心に余裕ができます。

そして理解が早まるように
会社のこと、仕事のこと、
ホームページを見たりして、
事前に勉強しておきましょう。

これだけやれば、あとは
早く寝るだけです!

睡眠不足では、思考を鈍らせ
新しい環境へ順応できません。

わからないことだらけで
不安だと思いますが、
思い切って飛び込んでしまえば
意外と平気なもの。

「とにかく笑顔で挨拶を
心掛けよう!」

そう割り切って
早く寝てしまいましょう!

失敗しない1日目の自己紹介

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

自己紹介で伝えなくては
いけないことは次の通りです。

まず最低限話すべき内容は
当たり前ですが

・名前
・前職で何をしていたか
・新しい仕事への意気込み

です。

そしてもし可能であれば
趣味や出身地の話などを
含めると良いでしょう。

話題になりやすく、
とっつきやすい印象を
与えられます!

文面を決めたら一度
声に出して練習してみましょう!

内容は簡潔にまとまっているか
聞き取りやすく話せているか
確認しましょう!

笑顔で相手の目を見て話すイメージを
しながら練習してみてください!

参考までに自己紹介の例文を
載せます!

「 本日よりお世話になります、
〇〇(氏名)です。

これまでは△△業界で
□□の仕事をしておりましたが、
この度ご縁があって皆様と一緒に
働かせていただくことになりました。

趣味は登山で、
今南アルプスの山を
攻めています。

もし共通の趣味をお持ちの方は、
是非お声掛けください。

1日でも早くお役に立てるよう
精一杯頑張りますので、
ご指導・ご鞭撻のほど、
よろしくお願いいたします。 」

適切な服装・身だしなみ

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

服装・身だしなみは
あなたの第一印象に大きく関わります。

例え私服OKの会社であっても
初日はビジネスシーンに合わせた
服装を選んでおいた方が無難です。

制服があったとしても、
受付や更衣室で見られるので、
ビジネスにそぐわない
個性的な服装等は避けましょう。

服装は職場により
暗黙のルールがあります。

初日に周りの社員の服装を
チェックし、2日目から
合わせていきましょう。

人は自分と同じような
雰囲気の人に心を許すもの。

見た目だけでも
新しい職場に溶け込ませましょう!

そして一番大切なのは
「清潔感」です。

出社前に、
しわやよれがないか等、
確認しておきましょう!

社会人の服選びは、
学生の頃の「おしゃれ」
とは異なります。

自分が好きでも、
露出の多い服装や、派手なメイク、
香水や柔軟剤等のキツい匂いを
嫌う人がいます。

社会人の服装は
個性を主張するものではなく、
社内と調和するもの。

社会人としてのマナーや、
季節などを考慮して、
適切な服装を選べているかを
見られます。

ONとOFFを分けて、
自分の好きな服装は
休日に着ましょう!

早めの出社で心に余裕を!

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

なるべく早めに家を出て
時間に余裕を持って
出社しましょう。

もしかしたら電車の遅延など
予期せぬトラブルで、
遅刻してしまうかもしれません。

「遅刻するかもしれない」
という焦りが、あなたから
心の余裕を奪います。

心の余裕が無くなると
気持ちが焦ってしまい、
広い視野で物事が見れなく
なってしまいます。

イライラしたり、
めんどうな事がさらに
めんどくさくなったり。

この状態のまま、
仕事に取り掛かっても、

焦った気持ちから
確認作業を怠り、
ミスに繋がるかもしれません。

人の話をじっくり聞く心の余裕も
無くなります。

早目に出社できたら、
今日一日やることを整理できます。

早い段階で、自分の中の
スイッチを仕事モードに
切り替えることができます。

この仕事モードへの早めの切り替えが、
十分に自分の能力を発揮し、
仕事の成功に繋がります。

出社後一息ついて、
仕事の準備ができる
15分前に到着するのが理想です!

同期は宝

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

もし転職先に、
同時期に入社した社員がいたら
大切にしましょう。

自分の方が評価されたいという
ライバル意識から、
たまに辛く当たってしまう人が
います。

これは非常にもったいないことです。

同時期に入社ということは、
これから自分と同じ環境下で
仕事を覚え、スタートを切る者です。

同じ立場ということは
同じ苦労も分かち合える仲間!

打ち解けやすいでしょう!

今日一日教わった事を
一緒に復習して理解を深めたり、

会社、仕事、社員について
自分達が感じたことを
共有しましょう。

自分一人では知り得なかった事を
同期から知り、視野を広げられます。

例え、配属先が違ったとしても
色々な面で共感できることが
あるはずです。

関係を築ければ、
最も信頼の置ける仲間と
なるでしょう。

「同期がいたから、辛くても、
この仕事を続けられた」

そんな声をよく聞きます。

入社初日に自分から
連絡先の交換を切り出してみましょう!

「今後何かあった時のために
連絡先を交換させていただいても
よろしいですか?」

そう言えば、大体の人は嫌がらずに
交換してくれます。

社員の顔・名前・役職・席を覚えよう!

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

入社してまず初めにやらなくては
いけないことは、
職場の人を知る事です。

社員の顔、名前、役職・席を
覚えましょう!

特に同じ部署の先輩社員は、
当面仕事を教わり、
面倒を見てくれる存在となります。

彼等の顔と名前を覚え、
何かあった時は、
すぐ、その席に向かえるように
しておきましょう。

人は自分を知ってくれる人に
心を開くもの。

仕事を覚えることで
いっぱいいっぱいになりがちですが、
周りの社員に興味を持つことも
大切です。

また、大体入社後1カ月以内に
歓迎会が開かれる会社が多いはず。

お酒の席では、あなたから
上司にお酒をついで挨拶しに
行くのが基本です。

その際上司が誰か
わからないと問題です。

他の社員とも込み入った話を
するでしょう。

「経理の〇〇さん、
楽しい人でしょう?」

「△△部署の□□さん、怒ると怖いよ~」

というように
社員の話で盛り上がるかもしれません。

職場で働く人を知ることで、
話についていけるように
なります。

チェックしよう!社員の服装や持ち物

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

「早く他の社員と打ち解けたいが、
どうしたら良いのかわかならい。」

「話しかけても、大体仕事の話で終わり、
なかなか会話が続けられない。」

そんな時は、
社員の服装や持ち物をチェックし、

自分と共通の趣味は無いか
探してみましょう!

人は自分と似た人に
心を許す傾向があります。

もし同じ趣味を持ってそうな
社員がいたら、
その会話を持ち掛けてみましょう!

共通点が無くても、
その社員が好きそうな事に
興味を持って、聞いてみましょう!

例えば、
スポーツブランドの鞄を持ち、
日焼けして、たくましい体の社員がいたら、
何かスポーツをされているのかも。

「日焼けしてますね!
何かスポーツとかされているのですか?」
と声を掛けてみるとよいでしょう!

携帯に
ご当地もののストラップがついていたら、
旅行に行かれたのかも。

「そのストラップかわいいですね!
どこか行かれたのですか?」

と聞いてみましょう。

自分の好きなことに関しては、
話が盛り上がるもの。

一気に良好な関係を築けますよ!

会社の構造を把握しよう!

トイレ、給湯室、食堂、コピー室など、
各部屋の配置については
最初にまとめて頭に入れておきましょう。

とっさに何か頼まれた時
「2Fの奥がコピー室ですよね!」
と、確認する程度になっていれば
スマートに仕事が進みますよね。
そして、
給湯室や喫煙所、階段下等、
社員が集まりやすい場所は、
情報の倉庫です。

「うちには派閥が3つあるよ!」

「争いに巻き込まれるから
△△部署の〇〇さんとは
関わらない方がいいよ」

普段出来ない濃い話を
聞けるかもしれません。

色々な社員と
コミュニケーションを取ることで、
人間関係が円滑になります!

その場を逃さないためにも、
会社の憩いの場所等、構造についてを
把握しておきましょう!

会社の飲み会には積極的に参加しよう!

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

会社の飲み会が嫌いな人、
多いと思います。

できれば避けたいけど、
付き合いの悪さで自分の評価が
下がるかもしれない。

そんな思いから、
無理矢理参加する人は
少なくないはずです。

飲み会に参加しないだけで、
評価が下がる社員は、
大体仕事でも良く思われていません。

1人で仕事ができないのであれば
誰かのサポートを受けて、
業務を遂行するもの。

それなのに誰とも関わろうと
しなければ心配になります。

飲み会の重要性は、
上司によると思います。

もし合理的に仕事だけで
評価する上司であれば、
飲み会に参加しなくても
良いでしょう。

しかし、社員との交流を
重要視する上司であれば、
断ってばかりではいられません。

飲み会では、普段聞けない
濃い話が飛び交います。

仕事で接点が無い社員とも
飲み会で打ち解け、意気投合し、
強い人脈となることがあります。

トラブルがあって
気まづかった社員とも
お酒を交わすことで不思議と話せる
こともあります。

飲み会は必ずしも
悪いことだけではありません。

人間関係を良くするための
重要な仕事の1つだとも言えます。

もしお酒が飲めない場合は、
素直にそのことを伝えましょう。

「お酒は飲めませんが、
飲み会の雰囲気は好きです!」

と伝えておけば、
角が立たないでしょう。

また、どうしても飲み会に出られない時は
断り方に注意しましょう。

「用事があるので、参加できません」
とだけ伝えた場合、
相手は拒否されてしまったと
思うかもしれません。

まずお誘いいただいたのですから、
そのことについて感謝や謝罪の気持ちを
伝えましょう。

入社直後でお金が無い等、
本当の参加できない理由を
伝える必要はありません。

嘘でも具体的な理由をあげ、
「参加したいのですが、できない」
と、いった感じで断りましょう。

例えば…

「折角お誘いいただいたのに、
申し訳ありません。

今日は久しぶりに会う
友人との飲み会があり、
参加できそうにないです。

また誘ってください!」

と伝えてみましょう。

しかし、あくまでも
どうしても参加できない場合のみ!

できるだけ飲み会に参加した方が、
いろいろな人と関わり、
今後につながるきっかけも多いかもしれません。

毎週とは言いません。

たまには、
一次会だけでも良いので、
参加してみましょう!

大人女性が気をつけるべき職場の人と行く忘年会のマナー!
こちらも合わせてご覧ください。

年下の上司や先輩社員との上手な付き合い方

中途採用で入社すると、
年下の上司や先輩社員が職場にいる
ことがあります。

「年下の社員に教えを乞うのは
なんだか気まずい。」

「年下の上司が明らかに
自分に気を遣っている。」

悩む人は多いと思います。

例え、自分の方が年上であっても
上司や先輩社員には
敬語を使いましょう!

タメ口や呼び捨てはNGです!
生意気だと嫌われてしまいます。

中には
「敬語は使わなくて良いですよ」
と言ってくれる先輩社員がいます。

それでも少し言葉を緩めるぐらいで
基本は敬語にした方が良いでしょう。

また、年下なのに
自分は上司だからと偉そうに
接してくる人がいます。

イライラしますが、
こちらが大人になって、
軽く受け流してしまいましょう。

丁寧な態度を心掛け、
言われたことはきちんと行い、
仕事で見返してやればいいのです!

大抵は、年下上司にとっても
年上の部下は扱いづらいもの。

どこかぎこちなかったり
距離を置かれてしまうこともあります。

そういう時は自分から
積極的に話しかけてみましょう!

ちょっとした挨拶や会話でも、
その積み重ねで話しやすい雰囲気を
与えられます。

苦手な社員の対処法

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

職場では苦手な人とも
接しなくてはいけません。

一旦嫌いになると
その人の悪いところばかりに目が行き、
どんどん嫌な気持ちになります。

こんな時は、自然に振舞うことを
意識して行いましょう。

「丁寧な会話を心掛ける。」

「相手の話を良く聞き、
なるべく合わせる。」

「この人はこういう人なんだ」
と割り切り、それ以上考えない。

苦手な人の
マイナスパワーを全て
受け止める必要はないのです。

心の持ちようで
今の状況を変えられます。

しかし、
「自分の仕事を故意で邪魔されている」
など明らかに業務に支障をきたす問題は
なんとかしないといけません。

まず、嫌がらせの証拠を残しましょう。

悪口などはボイスレコーダーに
記録しても良いです。

証拠を残したら、
後は訴えるだけです。

① 嫌がらせをする本人と直接対決
「〇〇さんの、この行動に
私は納得できません!」

「何故そのようなことを
するのでしょうか?」

本人に直接訴えるのも手です。

こういう嫌な人は、
反撃されない大人しい人を
見つけて嫌がらせをすることが
多いです。

「私は反撃する人だよ!」
と分からせてやりましょう!

少しは強さを見せないと
なめられてしまう嫌な世の中です。

② 上司に相談
本来、職場の悪い雰囲気に気付き、
改善するのは上司の仕事。

上司に相談し、
嫌がらせを注意してもらうのが
基本です。

しかし、
相談して良い方向に変わるかは、
その上司によります。

合理主義の上司だと
嫌がらせをしている人の成績が良ければ、
その人を援護するかもしれません。

上司に相談する際は、
異動や、最終手段として退職も
少し考慮しておいた方が
良いでしょう。

不本意かもしれませんが、
その場から逃げることも
立派な対処法の一つです。

③ 同僚に相談
「上司に相談するのは、ためらいがある」

そんな人は、心を許せそうな
同僚に相談しましょう!

自分が苦手だと思う社員は
大体皆からも良く思われていません。

また、あなたが
相談して仲間を作ることは、
嫌がらせをする人にとっても脅威です。

あなたの後ろ盾を気にして、
変なことはできなくなるでしょう。

④ 社外の専門家に相談
社内の人に相談しても
何も変わらなかったという時は、
社外の専門家に相談すると
良いでしょう!

公共機関で嫌がらせの相談を
受け付けているところがあります。

ネットで調べてみましょう!

いろいろな事例を扱っているので
ためになるアドバイスをもらえる
と思います。

下手に丁寧過ぎてもNG!自分を見せよう!

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

「入社したら自分は下っ端で
他の社員は全て先輩!」

「敬わなくてはいけない!」

そんな気持ちから
自分のキャラをひた隠し、
丁寧過ぎる対応をしていませんか?

例えば、

「会社の経営理念が素晴らしい!」

「こんなに優しい先輩方が
いらっしゃって私は幸せ者です!」

と、必要以上に褒めたりしていませんか?

「大変恐縮ですが…」

「今後とも何卒宜しく
お願い申し上げます」

など丁寧過ぎる言葉を使って
会話していませんか?

丁寧な対応は良いですが、
行き過ぎると、
扱いずらい人となります。

「良い子ぶってる?」
「媚びてる?」

と勘違いされることも。

いくら下っ端だからと言って、
自分を卑下する必要はありません。

「私なんて〇〇ですから・・」
と謙遜のつもりで言っていたとしても、
あなたを採用した人事の立場が
無くなります。

丁寧すぎる対応は壁を作ってしまい、
より良い人間関係が築けなくなります。

ある程度は自分を見せて、
皆が話しやすい雰囲気を出しましょう!

理解しておこう!採用のきっかけとなった自分のスキルや経験

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

新卒で採用された時は、
先輩社員から仕事を教わり、
徐々に自分の出来る範囲を
広げていくのが仕事でした。

周りも、すぐに一人前の仕事を
求めたりはしません。

しかし中途採用だと違います。
大体が即戦力として採用されています。

例え、前職とは異なる仕事だとしても、
社会人としての最低限のマナーは
心得ていて当たり前。

電話対応や雑務など、
メインの仕事ではないが、
誰でもできる仕事で力を求められます。

入社前に、採用のきっかけとなった
スキルや経験を把握しておきましょう!

履歴書に書いた内容を見返したり、
面接時に話したことを思い出して
整理しておきましょう!

採用担当者は
あなたの上司に採用の理由を
話しているはずです。

とは言っても、
面接の時は採用されたくて、
自分を大きく語ってしまった
という人もきっといるでしょう。

スキルや経験は採用のきっかけの
1つに過ぎません。

採用担当者の多くは、
あなたの人柄、
会社にフィットできるかどうかを
見ています。

仕事がいくらできても
自己中心的過ぎる人とは
一緒に働きたくないもの。

分からないことは
きちんと確認する。

何かあった時は報告する。

自分が出来る事は
率先して行う。

スキルや経験よりも
社会人としての基本的マナーを
守っているかどうかの方が
重要だったりします。

新卒で採用された時と違い、
下っ端の立場に甘える
ことはできません。

日々積極的に業務に取り組む姿勢が、
信頼関係を築きます!

新しい仕事は内容だけでなく目標、スケジュールも把握しよう!

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

入社して間もない時期は
任される仕事も少ない時期。

忙しい職場では、
教える時間が取れず、
誰でもできる小間切れの仕事を
お願いされることも多くあります。

しかし、与えられた仕事を
ただ行うだけでは、成長しません。

どんな時でも、
仕事の全体を考えながら
しっかりとこなしましょう。

この仕事はどのような目標を
掲げていて、

どのようなスケジュールの元
進められているのか。

自分がお願いされた作業は
仕事のどの部分を担っていて、
何の役に立つのか。

仕事の全体を
見ようとするだけで、
理解が早まります。

そして、
先輩社員や上司が求める
スピードと完成度が
なんとなく分かるようになります。

例えば、

「〇〇に関する情報を集めといて!」

と言われ、大量の情報を集め、
綺麗な文章でまとめていたとします。

自分では、がんばったつもりが

「もっと早くして!」
「こんなに量はいらない!」

と、
上司から言われてしまったとします。

この作業が何の役に立つのか
理解していたら、

いつまでにどの程度のものを
用意したら良いのかも
きっと分かっていたでしょう。

仕事を早く覚え、
皆に追いつくためにも

小さな作業に思える仕事も
想像力と思考力を活かして
丁寧に仕上げていきましょう。

前任者がいる間にやっておいた方が良いこと

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

中途採用だと、
退職する予定の前任者の代わりに
採用されることが多いです。

もし前任者がいたら、
その人がいる間に、
積極的に色々な事を
聞くようにしましょう!

「見て覚えよう!」
「やってみたらわかる」

と、質問を避けてはいませんか?

目に見えないところに
気を付けた方が良い仕事の落とし穴が
あったりします。

格段にスピードアップする
小技があるかもしれません。

そして、
前任者から引き継ぐことは、
仕事内容だけではありません。

前任者が関わっていたお客様、
取引先の担当者など、
紹介してもらいましょう。

今後あなたが仕事で
関わっていく人達です。

前任者と一緒に
挨拶に行った方が
相手側も受け入れやすいでしょう。

前任者がいる間に、
全て仕事を完璧に回せるように
なるのは難しいです。

前任者から得るのは
仕事の基盤だけです。

それを今後どう扱うかは
あなた次第です。

あなたが積極的に人と関り、
やる気を見せ、なんとか仕事を
こなそうとしていれば、
前任者も安心するでしょう。

早めに慣れると自信に繋がる!電話対応!

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

電話対応は、社会人の
基本的スキルのひとつ。

「中途採用で、
電話対応ができていないと、
恥ずかしい!」

そんな思いから、
苦手意識を持っている人は
多いと思います。

しかし、電話対応から、
多くのことが学べます。

何度もお客様や取引先の
電話を受ける内に、
その会社名や担当者を覚えられます。

お客様、取引先からの電話を
社内の担当者に取り次ぐことで、
誰がどの案件を担当しているかが
分かります。

そして相手に
自分のことも知ってもらえます。

電話の苦手意識を
克服するためには、
場数を踏んで慣れるしかありません。

まずは電話に出て、
メモを取り、担当者に引き継ぐ
これだけで構いません!
挑戦してみましょう。

電話対応のコツ

電話対応で気を付けることは、
次の通りです。

◆ 声の表情を意識して、
丁寧に発する。

◆ 電話の要件を正確に聞き、
伝言する。

これだけです!

いつ、誰から、誰に、
どのような要件で電話があったか。

折り返し電話が必要かどうか。

常にメモとペンを携帯し、
記録できるように
しておきましょう!

慣れるまでは、
周りの人の電話対応に耳を傾け、
お手本にしても良いです!

電話で良く使う言葉を
練習しておくと、
話し方がスムーズになります。

例えば、最初の名乗り。

「お電話ありがとうございます。
〇〇会社△△部署の〇〇です。」

「いつもお世話になっております」
「かしこまりました」

と間に挟む言葉。

「恐れ入りますが」
「お手数ですが」
「差し支えなければ」

等のクッション用語。

ちょっとした合間に練習するだけで、
電話に対する恐怖心が和らぎます。

また、電話の基本的なマナーも
心得ておきましょう。

会社によっても違いますが、
基本3コール以上待たせて
しまった場合は、

「お待たせ致しました。」
と出るようにしましょう。

保留が長くなった時も一旦解除し、
時間が掛かる旨を伝え、
待つか折り返すか
確認するようにしましょう。

電話を通じて、
コミュニケーションを取ることで、
人間関係が円滑になり、
自分の仕事もスムーズに
進められるようになるでしょう。

即戦力の期待に応えるためには観察力が重要!

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

皆さん、新しい仕事を
早く覚えるために、

先輩社員に質問したり
マニュアルを読んだり、
実際に仕事しながら覚えたり

それぞれに工夫されていると思います。

しかし、
それだけでは足りません。

仕事の多くは見て覚えます。

例えば、会議の前
先輩社員は何を準備していますか?

資料はどのようにまとめているか。
そしてどのように説明しているか。

意見の伝え方は。
質問の仕方は。

何かあった時の判断・選択は。

先輩社員のやり方を観察して、
良いところは盗んでしまいましょう!

盗んで真似することで、
自分の仕事を覚える
スピードが一段と早くなります。

そして色々な人のやリ方を知ることで、
状況に合わせてカスタマイズし、

自分のやりやすいように変え
応用が効くようになります。

できる社員は観察力に長けています!

周りを見る力を養いましょう!

できる社員とできない社員を分析しよう!

「あの人はできる!」
と言われる社員がいたら、
要チェックです!

職場ににとって
望ましい行動を取っているから
「できる」と評価されています。

その望ましい行動を
洗い出してみましょう!

例えば、

◆ 返答が早い

◆ 時間を守る

◆ 目標がある

◆ 常に学ぶ姿勢

など、特徴があるはずです!

自分も、盗んで、真似してみましょう!

逆に、言い方が悪いですが
「できない」と言われている
社員も観察しましょう。

どうして「できない」と
判断されているのか、

その原因が分かれば
自分の行動も見直せます。

例えば、

◆ 人に責任をなすりつける

◆ 言い訳をする

◆ めんどうな仕事を避ける

◆ 人によって態度を変える

など、
残念な要素があるはずです。

社員は皆お手本です。

どんな人からも
学ぶことができます。

「この人から、もう何も学ぶことは無い」
と、決めつけるのはやめましょう!

盗んで吸収して、
例え反面教師であっても
損することはないのです。

誰でもできる細かい作業は積極的に行おう!

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

まだ一人で任せられる仕事が
少ない間は
自由時間を与えられ、

マニュアルを読んで過ごす
なんて日もあるかもしれません。

そんな時は、
教えられなくても
誰でもできる仕事を積極的に
行いましょう!

もちろん指示された
マニュアルを読んで勉強
するのが最優先です。

それに支障をきたさない程度で
お手伝いしましょう!

例えば、
積極的に電話に出て、取り次いだり、
足りなくなった備品を
倉庫から運んだり
コピーを取ったりなどです。

倉庫に行くなど席を外す際は、
上司に一声かけてからにしましょう。

皆がめんどうだと思う
仕事を積極的に行うことで
感謝されます。

またお手伝いをすることで、
話しやすい人、
頼み易い人となり、
周囲との壁が無くなります。

社員とのコミュニケーション
が増え、いち早く新しい職場に
溶け込めるようになるでしょう!

言ってはダメ!「前の仕事では〇〇だった」

新しい職場には新しい職場の
やり方があります。

郷に入っては郷に従えで
新しく採用された人には
今の会社に合わせてほしいもの。

何か仕事を教えても
「前の職場では〇〇だった」
と、全否定。

「前職ではこのやり方だった」
と、勝手に判断し、
進めてしまった結果、

大きなミスに発展。

こんなことを繰り返していては、

「もうあなたには
何も仕事を頼めない!」

と判断され、孤立してしまいます。

前職はあなたが通ってきた道。

今までの経験や知識は
紛れもなく
あなたの大きな武器です。

しかし、
その武器を自慢すれば
無論、マイナスの印象を
与えてしまいますよね。

今の仕事に活かす程度に
留めておきましょう!

今の職場のやり方が
絶対では無いですが、

あなたはまだ新人の身分です。

謙虚に素直に
新しい仕事を覚えましょう!

知ったかぶりはNG!きちんと確認を!

中途採用の場合
社会人経験があるため、
”右も左も分からない新人さん”
では許されません。

だからと言って
「私わかります!」と、
知ったかぶりでは何も学べません。

確認も質問もせず、
勝手な判断でミスを犯す方が
「できない人」
と認定されてしまいます。

分からないことは
素直に確認しましょう。

積極的に仕事のやり方を
聞くことで、壁が無くなり、

年下の先輩社員が居たとしても
話しやすい雰囲気を与えます。

教えてくれた人に対しても
「ありがとうございます」と
その都度感謝を伝えましょう。

結果、より良い人間関係を
築くことにも繋がるでしょう!

質問する時に気を付ける事

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

変なことを聞いてできない人
と思われたらどうしよう

など、質問に苦手意識を
持っている人少なくありません。

しかし、仕事をする上で
避けて通れるものでもありません。

ここでは質問で失敗しないために、
気を付けた方が良い事を紹介します。

質問のコツ

① 相手の都合を考える

取り込み中の仕事がある時に
話しかけられたら嫌なものです。

相手の都合を考え、
タイミングを見計らいましょう!

「今お手すきでしょうか?」
と一言かけてから、
質問すると良いでしょう。

② 質問は手短に分からりやすく

長々とまとまっていない
質問をされても困るもの。

質問は手短に済ませる
ようにしましょう。

「何がわからないのかわからない」

といった丸投げの質問は、
相手を不快にさせます。

質問する前に、
まずは分からないことを
メモに書き、整理しましょう。

そして自分ならどうするか
考えてみましょう。

整理し、考えることで、
質問の内容が具体的になります。

具体的になることで
相手もスムーズに答えてくれます。

③ 質問に優先度をつける

質問は緊急を要するものから
確認するようにしましょう!

とても忙しい時に
「会社の備品はどこで
仕入れているのですか?」
なんて質問してしまえば、

“今その質問必要なの!?”
と聞かれた相手は
イライラしてしまいますよね(笑)

優先度の高い質問とは
それが解消されないと
自分の仕事が止まってしまう
もののことです!

このような緊急性の高い
質問から聞くようにしましょう!

優先度の低い質問は
上司や先輩社員の
状況を見て確認しましょう!

正しいメモの取り方

「それくらいなら覚えられる」
と、自分の基準でまばらに
メモを取る人がいます。

しかし人の記憶力ほど
当てにならないものはありません。

どんどん新しいことを
聞いていく内に、
「あれ?さっきの何だっけ?」
と思い出せなくなります。

仕事ができる人は
メモの重要性を知っているのです。

メモを取ることで、
情報の抜け漏れを防げますし、
紙に書くことで記憶できます。

見返すことで理解も深まりますよね。

いち早く新しい仕事を
覚るためには、
上手にメモを取りましょう!

上手なメモのコツ

ここではメモを取る上で
気を付けた方が良いことを
紹介します。

① まずは理解する

上司や先輩が話している時は、
まず、それに耳を傾け、
理解しようとしましょう!

メモを書くことで
いっぱいいっぱいになって
話を聞いていない人がいます。

後で見返した時、
頭の中に少しでも知識がないと、
メモから情報を引き出すことが
できません。

② メモは要点だけ書きだす

一言一句全て綺麗な文章で
メモを取ろうとしていませんか?

メモを取る時間は
限られています。

長々と文章を書いていると、
大体途中で中断して、先に進み、
情報が洩れます。

メモは話の要点のみ抜き取って、
書きだしましょう!

例えば、

備品Aの注文受けた時
→取引先Aに発注

と、矢印を用いて簡略化しながら
書きましょう。

実は要点だけを書きだすことで、
情報を取捨選択、整理しています。

メモの達人は
話の本質を見抜く力があります!

最初は難しいかもしれませんが
場数を踏んで、
徐々に鍛えて行きましょう!

仕事における思考力が
高まります。

そしてメモした要点を
見返した時に分からないことがあれば、
できるだけその日のうちに
質問しに行きましょう。

仕事を終えて帰る前に気を付ける事

自分の仕事が終わると
すぐに帰っていませんか?

まだ入社して間もない時
あなたの仕事は
先輩社員が管理していることが
多いはず。

きちんと仕事の進捗、成果を
報告するようにしましょう。

仕事を終わらせれば報告はいらない
という職場でも、挨拶はしましょう!

「本日いただいた仕事が
終わりましたのでお先に失礼致します。
お疲れさまでした。」

そうすることで
今日もしっかり仕事して
くれたんだなと思ってもらえます。

また、自分が帰る時、
周りの先輩社員が
まだ作業していたとします。

余裕があれば、
「何かお手伝いできるこありますか?」
と積極的に協力しましょう。

「ない」と言われたら、退社し易いです。

「じゃ、これ手伝って!」
と言われたら
仕事の理解が深まりますし、
会社に溶け込みやすいでしょう!

教えてくれる先輩社員には感謝の気持ちを

何かを教えてもらった時は
その都度感謝の気持ちを
伝えましょう。

教えるのには労力を使います。

仕事内容をまとめたり、
必要に応じてマニュアルを
修正したりします。

分かり易く説明するために
工夫もします。

実際の業務がある中、
時間を割いて教えてくれて
いるのです。

「いつも助けてもらっているのに
“ありがとうございます”の
感謝の言葉がない!」

悪意はなく、
精一杯に仕事するあまり伝え忘れて
しまっているだけかもしれませんが、

こういったきっかけから
人間関係は悪化します。

出し惜しみせず、どんどん
「ありがとうございます」
を伝えましょう!

感謝の気持ちは職場の人間関係を
円滑にします!

まとめ

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

いかがでしたか?

社会人の悩みの大半は
人間関係です。

仲間に入れてもらうため、
悪戦苦闘する人がたくさんいます。

「もう、孤立してもいい!」

と割り切ってしまう人もいるでしょう。

1人こつこつ仕事ができるのなら
その方が楽かもしれません。

しかし、どんな仕事も
必ず周囲の協力があって
成り立っています。

人と関わらずにはいられません。

ならこちらから
積極的に関わってしまいましょう!

仲間と協力し合うことで
仕事がスムーズに進み、
何かあった時励ましてくれたり、
背中を押してくれますよ!

【失敗したくない!】30代女性が転職を成功させる!おすすめの転職サイト32選♡
こちらも合わせてご覧ください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

スマート美学の注目記事を受け取ろう

【人間関係の不安解消】転職後の新しい職場で人間関係を上手くする25の方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スマート美学の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

やんやん

やんやん

独身時代はシステムエンジニア、現在はリラクゼーションサロンで働く主婦です。
仕事や恋愛、自分磨きに悩む女性達のための情報を発信していきたいと思います。
少しでお役に立てれば幸いです。