1. TOP
  2. ダイエット
  3. 【2018】夏におすすめのダイエット特集!!〜今からでも間に合う〜
Sponsored Link

【2018】夏におすすめのダイエット特集!!〜今からでも間に合う〜

ダイエットおすすめ〜夏 イメージ画像

夏に近づくにつれ、
肌の露出も増えてきて、
気になってくるのがボディライン。

とくに大人女子としては、
つねに、
自己ベストボディでいたいですよね。

もうすぐ本番となる夏に向けて、
水着やサンダルなど、
夏アイテムを
本格的に準備し始めている方も
いるのではないでしょうか?

あと1ヶ月もすれば、夏まっさかり!

あなたの夏ボディ計画は順調ですか?

薄着の季節のおしゃれをフルに楽しむためにも、
ナイトプールや海に行くときのためにも、
磨かれたオンナのボディを披露したいですよね♪

今回は、夏までに、
絶対に成功させるダイエット計画について
見てみましょう!

最新のおすすめトレーニングも
紹介させていただきます。

また、
毎年夏バテに悩まされている方にも
ぜひ参考にしていただきたい、
ダイエットに役立つ
おすすめの夏レシピもご紹介していきます!

【2018 脱!たるみ尻】ヒップアップ効果を目指せるトレーニング法と下着を紹介!

まずは知ろう!ダイエットは正しく食べることから♪

ダイエットおすすめ〜夏 イメージ画像

みなさんに、
夏に向けたダイエットで、
ぜひ、
気をつけて欲しいこと。

それは、
夏のカラダについて
ちょっとだけ知っておくことです。

実は、冬より夏の方が、
わたしたちのカラダは太りやすくなっているって
ご存じでしたか?

ぜひ注目していただきたいのが、
ダイエット経験者なら誰もが知っている
カラダの基礎代謝。

一般的な成人女性だと、
基礎代謝はだいたい
1100kcalから1200kcalと
言われています。

筋肉質な方や
トレーニングをコンスタントにしている方でも、
おそらく1400kcal前後ではないでしょうか。

そして残念なことに
この基礎代謝なんですが、
冬場よりも夏場に下がってしまう傾向にあります。

それは、
夏には気温が高くなるため、
カラダが自ら体温調節をしようと、
がんばらなくなることなどが背景にあります。

冬の間は
一定の体温を保つために使っていたエネルギーも、
夏になるとカラダの中に溜まりがち。

そして結果的に、
夏の間のわたしたちのカラダは、
痩せにくい状態になってしまっているんです。

汗をかいたり、食欲がなくなったりと、
一見痩せやすいように感じる夏場は、
実は、逆だったんですね。

このカラダのメカニズムにも負けず、
夏までにダイエットを成功させるには、
どうしたら良いのでしょうか?

まず大切なのは、
正しく食べること。

バランス良く栄養素を摂取することによって、
効率よく
エネルギーを消費できるようになります。

実は、これはとても大切なこと。

よく巷で話題になっている
◯◯ダイエットなどもありますが、
偏った食事を取り入れるダイエットは、
栄養学的にもおすすめできません。

そして、
後々リバウンドなどの心配のない、
「正しいダイエット」は、
毎日の食生活とトレーニングで
つくられます。

ダイエット成功のカギを握るのは、
質の良い、たんぱく質。
そして、
低脂肪、低カロリーの食事です。

また、
基礎代謝をしっかりサポートしていくためには、
鉄分やビタミンB群、
食物繊維などの栄養素も必要になります。

最近では、
納豆に含まれるナットウキナーゼや
生姜に含まれるショウガオールも
注目されていますよね。

また、
コーヒーなどに含まれるカフェインなどについても、
ダイエットに良いことがわかってきました。

言葉にするだけでは、
いまいち
イメージが沸かない方もいるかもしれません。

でも大丈夫です。

おすすめのレシピなども、
合わせてご紹介していきますので、
心配はいりません!

夏までにダイエットを成功させるために、
食べるのを我慢するのではなく、
美味しく食べながら、
一緒にがんばりましょう!

夏までに食べながら痩せる♪おすすめのダイエットレシピ

ダイエット 食べる

ダイエットで忘れてはいけないのが、
正しい食生活を続けること。

栄養が偏ってしまうと、
カラダは上手にエネルギーを消費できなくなり、
痩せにくいカラダになってしまいます。

痩せやすいカラダを作るためには、
どんな食事がおすすめなのでしょうか?

まずは、
総摂取カロリーを抑えつつも、
筋肉を衰えさせないように、
たんぱく質をしっかり摂取すること。

たんぱく質が不足してしまうと、
免疫機能が低下してしまったり、
お肌が髪にも
トラブルが発生しがちになってしまいます。

また、たんぱく質の不足によって
筋肉が落ちてしまうこともあるんです。

筋肉が落ちてしまうと、
それに伴って
代謝も落ちてしまいますので、
これはとても重要です。

体重だけで考えると、
食事制限をストイックにするダイエットは
確かに体重の減少が早いかもしれません。

でも、
本来は落としたくない
必要な筋肉まで
落としてしまっているかもしれないんです。

そして、
筋肉量を維持しつつ、
エネルギーを効率よく消費するためには、
必要な栄養素をしっかりと摂ることも
とても大切です。

バランス良く食べることで、
わたしたちのカラダは、
ダイエット環境に適したものになります。

効率よくダイエットをするためにも、
ぜひ食事には気をつけて、
健康的なダイエットができるように
心がけましょう。

夏野菜を上手に取り入れて、おいしくダイエット♪

旬の野菜は
栄養価が高いことだけではなく、
その季節にカラダが必要としている
うれしい効果がたくさんあるんです。

夏野菜は、
水分とカリウムを多く含有した野菜が多く、
カラダの余分な熱を
とってくれる効果があります。

そして、
ビタミンB類やビタミンCを含んだものも多く、
ダイエットにはとっても向いています。

日本の夏野菜には、
なす、きゅうり、かぼちゃ、とうもろこし、
おくら、しそ、ピーマン、ゴーヤなどが
あげられますよね。

また近頃は、
めずらしい西洋野菜なども
手に入るものが増えてきましたよね。

ズッキーニ、パプリカ、コールラビなど、
見たことのない野菜まで、
たくさんのものを最近は見かけます。

夏の野菜につまったパワーは、
わたしたちの夏のカラダを応援してくれます。

例えば、夏の風物詩でもあるスイカ。
少し見てみると、
トマトで有名なリコピンも豊富で、
抗酸化作用に優れていることが
わかります。

また、カリウムも多く、
疲労回復や利尿作用、
老廃物の排泄にも効果があるんです。

夏にスイカを食べるのは、
美味しいからだけではなかったんですね。
実は、カラダにもうれしい食べ物だったんです。

そして、
夏野菜の代表である
トマトやピーマンに豊富なのは、
最近話題の抗酸化作用が期待できる
ビタミンAやビタミンCたち。

その他にも、
メラニンの色素沈着を防いでくれたりと、
ビタミンCには
女性にうれしい役割がたくさん。

旬の野菜を食べることは、
美味しいだけではなく
栄養学的にも意味があることなんですね。

ぜひ、
夏野菜を上手に取り入れて、
カラダの中から
ダイエットに取り組みましょう!

夏はサラダなど、
冷たいメニューで野菜を摂るのも良いですが、
野菜をたっぷり摂りたい場合には、
やっぱり加熱調理をすることがおすすめですよ。

雑穀でヘルシーに!欧米でも人気のダイエットスープ

A post shared by StockFood (@_stockfood_) on

ヘルシーで栄養価の高い雑穀は、
ダイエットの強い味方!

日本にも古くから
いろいろな雑穀がありますよね。

ひえ、あわ、そば、むぎなど
世界のスーパーフードに負けない
エネルギー満点の雑穀類がたくさん。

キヌアが手に入りにくい場合は、
こういった
日本お馴染みの雑穀でも代用可能です。

ぷちぷちした食感も楽しめますし、
いろいろなアレンジができるので、
レシピのレパートリーが増えますね!

また、フェタチーズの代用としては、
固めの木綿豆腐を角切りにして、
オリーブオイルと塩、
お好みのハーブで漬けたものを使っても。

今回ご紹介するレシピ以外でも、
気をつけてほしいことが1点あります。

たんぱく源となるものと野菜などを
バランス良く組み合わせて、
ダイエットにプラスとなる
スープになるように心がけましょう。

そして、
旬の野菜の恩恵をフルに受けるには、
野菜を皮ごと、殻ごと使うのもおすすめです。

ミキサーを使って
ポタージュなどのスープにしたりと、
工夫しながら、
楽しみながらお料理をしてみてください。

ダイエット食生活が華やかになるので、
美味しく続けられるはずです。

キヌア、ズッキーニ、フェタのスープ:レシピ

●材料
オリーブオイル 大さじ2
にんにく 2片
玉ねぎ(みじん切り) 小1個
キヌア 180 g
野菜スープ(野菜ストック)1250 ml
フェタチーズ 165g
タイム(みじん切り) 適量
バジル 適量
塩、こしょう 適量

●作り方
1. オリーブオイルを鍋に熱し、
玉ねぎとにんにくを塩ひとつまみと
5分ほど炒める。
2. キヌアが柔らかくなるまで煮て、
野菜スープを入れ、水分をある程度飛ばす。
3. 塩こしょうで味付けをする。
4. ボウルに盛り付け、フェタをのせ、
ハーブを散らせるて、食卓へ。

いつもの食事をちょっとアレンジ♪色とりどりに夏ダイエット!

いつもの朝ごはんも、
できるだけ
色とりどりにするようにしてみてください。

目にもキレイな朝ごはんは、
一日の
フレッシュなスタートにもぴったり!

人工的な甘さの強いグラノーラを
自然な甘味のシリアルや
雑穀たっぷりの
ミューズリーに変えるだけでも効果はあります。

そして、
新鮮なフルーツや、
美容にも良いナッツ類などを
プラスしてみてください。

プレーンなヨーグルトを取り入れると、
お腹の調子も整うので、
さらにおすすめですよ。

また、
食卓にのぼるご飯に、
豆類をプラスして、
さらなるたんぱく質を摂るのもおすすめ!

トマトのリコピンは、
夏のお肌には必須の栄養素ですし、
これから旬のとうもろこしも、
ビタミンB類や食物繊維が豊富です。

ぜひ、
積極的に取り入れてみてください。

サッパリ食べたい夏の食事には、
ライムやレモンなどを添えてみると、
とてもおしゃれになります。

夏のカラダにうれしいビタミンCも
しっかり摂取できるので、
一石二鳥ですよね。

ミントやフェンネル、
コリアンダー(パクチー)などのハーブも
消化を助けてくれたり、
デトックス効果があったりという効果が。

そのため、
ダイエット中のプラスアルファとしての
ハーブ使いにはとってもおすすめです。

いつものメニューでも
ハーブを加えるだけで、
少し違う味わいになったりと
気分転換にもなりますよ。

目にも美味しいご飯は、
カラダにも美味しいご飯なんです。

カラフルなアレンジで、
ぜひ、
いろいろ試してみてください!

食卓があざやかになるカラフルな古代米に注目!

A post shared by kei (@aoisora.to.mainichigohan) on

古代米という言葉を
聞いたことがありますか?

わたしたち日本人の多くが口にしているお米は、
白米ですよね。

現代に栽培されているイネは、
品種改良をくりかえされたものですが、
古代米は、
もともとあった稲の原種(野生稲)です。

もっともポピュラーなものでは、
黒米などがあります。

最近は、和食カフェなどでも
使われていたりするので、
すでにご存知の方もいるのではないでしょうか?

玄米や麦ご飯、
雑穀ご飯などと並んで、
健康に気をつかう方が好む
ご飯ですよね。

この古代米は、白米に比べ、
ビタミンB群やナイアシンなどの栄養素が豊富で、
鉄分、マグネシウムなど、
ダイエットにもうれしいミネラルもたっぷり。

そして、
黒米や紫米、黒紫米などの
黒っぽい古代米の色の成分は、
アントシアニンというポリフェノールです。

ポリフェノールの効果は、
すでにご存知の方もいるかとは思いますが、
抗酸化作用、
アンチエイジングや美肌に良いと言われていますね。

でも、いきなり古代米のみ!では
抵抗のある方もいるかもしれません。

最初は、
味の濃いカレーなどと合わせて食べたり、
白米に少しだけ混ぜて
食べてみるのがおすすめですよ。

米文化な国の割には
残念ながら日本ではあまり見かけません。

しかし、
最近は少しずつ、古代米の
取扱いが増えてきた傾向にあります。

今でも
台湾やその他のアジアの国では、
広く食べられています。

ちなみにこの間訪れた台湾では、
おにぎりに使うことが多いようです。

海外旅行の際などに、
お土産として
買って帰ってもいいかもしれませんね!

ヴィーガンアレンジで、ダイエットレシピを増やす♪

A post shared by Best Of Vegan® (@bestofvegan) on

A post shared by Ashley Melillo (@blissfulbasil) on

ヴィーガンメニューは、
いつも新鮮で、驚きにあふれています。

レシピのレパートリーに飽きてきて
ダイエットが長続きしなかった、
という経験はありませんか?

そんな時はぜひ、
ヴィーガンメニューを参考にしてみてください。

ヴィーガンメニューが
とても勉強になるのには、
理由があります。

お肉を食べない代わりに、
豆類やナッツ類などから
たんぱく質を摂るのがヴィーガンの基本。

日本には、
豆腐や納豆などの
大豆食文化が根強くあるので
イメージがつきやすいのではないでしょうか。

また、
ヴィーカンメニューには、
野菜の中でもたんぱく質が多めの
アボカドがよく登場しますよね。

そして、
意外な食材の組み合わせや、
たんぱく源をしっかり入れているメニューは、
ダイエットメニューとしても
とても勉強になりますよ。

今回ご紹介するのは、
とっても簡単で、
みなさんにおすすめしたいレシピ!

食欲のない時でも食べられる
夏にぴったりな、
ひよこ豆のペースト、フムス。

ちょっとカタカナ表記が難しい音ですが、
ホムスと言われることもあるようです。

もともとは、
中近東発症の食べ物ですが、
今では、
世界中で有名と言ってもいいほど人気。

わたしの家では、
ピタパンやトルティーヤなどと一緒に
サラダなどと一緒に
ワンプレートご飯にしています。

その日の気分で変えて、
アレンジできるのもおすすめポイントで、
お好みで野菜を加えて色味を加えたり、
唐辛子を入れてスパイシーにしたりと
アレンジが楽しめます。

では、
手軽に作れて美味しく食べられる、
ベーシックなレシピをご紹介しますね。

ぜひ、
いろいろアレンジしてみてくださいね!

ベーシックなフムス(ひよこ豆ペースト):レシピ
●材料
ひよこ豆 1缶
白ごまペースト 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
ヨーグルト お好みの量
にんにく 1片
レモン汁 大さじ1
塩、こしょう 適量
ねぎ 適量
コリアンダー(パクチー) 適量

●作り方
1. 材料をすべて入れ、ミキサーにかける。
2. 水分が足りない場合は、ヨーグルトなどで調整する。
3. 塩こしょうで味を整え、できあがり。食卓へ。

燃やす食事でダイエット効果をプッシュ!

A post shared by Marie Cudennec (@bainmariefood) on

脂肪を燃やすパワフルな食べ物を
上手に取り入れて、
夏までのダイエットに生かしましょう!

代表的なものは、
みなさんもご存知のはずの唐辛子。

唐辛子のカプサイシンの持つ、
脂肪燃焼効果や血行促進、
そして美肌効果は有名ですよね。

でも、唐辛子の問題は
やっぱり辛味成分。

辛いのが苦手な方には、
ダイエットメニューに取り入れていくのは
ちょっと大変ですよね。

そこで注目したいのが、
和食にも欠かせない生姜もおすすめです。

生姜に含まれている
ジンゲロン(ジンゲロール)や
ショウガオールも
ダイエットには効果絶大なんです!

このあまり耳馴染みのない
ジンゲロンとショウガオール。

脂肪燃焼、便秘改善、免疫力アップなど、
カプサイシンに負けない効果が
認められています。

カラダに不要なものを
燃やすお手伝いをしてくれる
優秀な生姜を毎日の生活に取り入れて、
おいしくダイエットに励みましょう。

生姜たっぷりの
生姜ご飯にして炊いてみたり、
お味噌汁にすって入れたり、
と小さなアレンジからも対応できます。

また、
にんじん生姜スープなどや
かぼちゃ生姜スープなど、
季節の野菜との組み合わせたボタージュなどで
取り入れるのもおすすめです。

ぜひ
いろいろな食べ物に生姜をプラスして、
燃やすダイエットを意識してみてください。

【2018】通販で買える!セクシーなモテ水着を特集・貧乳さんにおすすめの水着も!

目指せ夏ボディ!トレーニングでダイエット効果アップ♪

食事も大切だけど、
ダイエットを続ける上で
やはり忘れてはいけないのが
トレーニングです。

目指したいのは、
正しい食生活で痩せやすくなったカラダに、
きちんと筋肉をつけてあげること。

すると、夏が終わっても、
ライン崩れがなく、
キレイでしなやかな
美ボディを維持することができます。

自信たっぷりでかけられる
ビーチボディのためにも、
ぜひ
効果的にトレーニングを取り入れましょう!

基礎代謝が下がりがちな夏場に
おすすめしたいのは、
部分トレーニングだけではない
フルボディトレーニング!

全身をくまなく動かすフルボディの筋トレは、
ダイエット効果も早く実感できます。

そして、
リラックス効果もあるので、
イライラしがちなダイエット中には最適です。

ぜひ、参考にしてみてください。

水着ボディのために!おすすめトレーニング方法

夏と言えば、海やプール!

露出の多いレジャーも増えるし、
また、普段のおしゃれにも
露出は増えてきますよね。

水着が似合う美ボディを
トレーニングでしっかり作っていきましょう。

今回おすすめしたいのは、
韓国アイドルのワークアウト。

すらっとした美脚と
女性らしく柔らかなボディラインには
憧れますよね。

このワークアウト、
私もトライしてみましたが、
すごい効きます!

ビデオは韓国語なのですが、
イメージで追っていけるので、
ぜひチャレンジしてみてください。

チェックポイントにも
画像で説明が入るので、大丈夫!

本格的な夏が始まるまでに、
きっと美ボディがつくれますよ!

パート1からパート4まであるのですが、
一つにチャレンジするだけでも
だいぶ効果が実感できました!


代謝アップ!10分間フルボディワークアウト

ぜひ
夏までにぜひ頑張ってほしいのが、
フルボディワークアウト。

数種類のワークアウトを組み合わせて、
それぞれ45秒ずつ、
きっちりとボディを作り込んでいきます。

10分間のトレーニングなので、
いそがしい毎日にも
取り入れていただけるはずです。
夏までにがんばる!20分間フルボディワークアウト

こちらは、
20分間のフルボディトレーニング。

どちらのトレーニングも
お家でもマットさえあれば、
できる簡単トレーニングです。

夏までにビキニボディを手に入れるために、
ぜひ挑戦してみてください!

ホットヨガ&ビクラムヨガで超発汗ダイエット!

ハードコアなトレーニングをお探しなら
おすすめしたいのは、ビクラムヨガ。

LA発の
ホットヨガの先駆けとも言えるヨガで、
すでに40年の歴史を持ち、
今では全世界に1600スタジオを持つほど。

日本でも、
東京を中心に、各地にスタジオがあります。

ビクラムヨガは、
ただのホットヨガとはちょっと違います。

まずレッスンが行われるのは、
温度を40度、湿度を40%以上に保った
ヒーティングスタジオ。

そして、
ヨガポーズ26種類と呼吸法を取り入れ、
レッスンはみっちりと90分間続きます。

温められたスタジオの中では、
柔軟性も高まりますし、
じっくりとポーズを作るので、
コアの筋肉はもちろん
ホルモンバランス、集中力も強化されます。

何よりも、
すさまじく発刊できるので、
デトックス&リラックス効果抜群!

お家やジムでのトレーニングに
少し飽きてきてしまった方、
レッスンを通してがんばりたい方には
とてもおすすめです!

一度経験したら、
やみつきになってしまう
ビクラムヨガとホットヨガ。

ぜひ、
自分のレベルと合ったコースを選んで、
夏までのダイエットに役立ててください。

まとめ

ダイエット ヨガ
今回は、
夏までにしっかり効果を出せる
ダイエット特集をさせていただきました。

いかがでしたか?

夏ダイエットのポイントは、
しっかり食べること、
よく動くこと。

ぜひ夏までに
自分の理想ボディに近づけるよう、
一緒にがんばっていきましょう!

【2018】一週間で背中ダイエット!!筋トレやエクササイズで華奢な背中を目指そう!

Sponsored Link
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

juriiiiiiiiii

juriiiiiiiiii

現在は、イタリア人夫とふたり暮らし。
旅、本、映画、音楽、おいしい刺激が必要不可欠。
そして、元シンクロ選手だったこともあり、水との時間を大切にしています。
WEBライターのほか、翻訳家、ファッションバイヤーとしてもひっそり活動中。
女性がより自分らしくいられるような情報を発信していきます。

関連記事

  • 【美尻になる方法】ヒップアップ!! 効果的なお尻の鍛え方 ~尻上がりな女に~

  • 【48時間でリセット!?】 食べ過ぎた次の日のリセット方法10選を紹介!

  • 【2018 脱!たるみ尻】ヒップアップ効果を目指せるトレーニング法と下着を紹介!

  • 【食事制限なし】食べて痩せる!体にやさしいダイエット法!?『マイナスカロリーダイエット』

  • 【2018】ふくらはぎ痩せが目指せる!正しいマッサージ方法とグッズを紹介!

  • 【ダイエット中の口臭】早く気付いて!痩せたら臭い!?ダイエット中も気にしたい口臭ケア!