1. TOP
  2. 美容
  3. アンチエイジング
  4. 【デコルテ美人を目指す】エイジングケア方法から意識の仕方まで徹底解剖!
ナイトブラおすすめランキング

【デコルテ美人を目指す】エイジングケア方法から意識の仕方まで徹底解剖!

デコルテアイコン2

大人の女性の色気女性的な魅力って
どこから来ていると思いますか?

やはり顔を中心とした
フェイスラインや肌の質感などでしょうか?

それとも、念入りなケアが必要とされる
ネイルやヘアスタイルなどでしょうか?

栄養士おすすめ・目的別ダイエットはこちらから。

 

 

 

 

 

実は、同性同士の視線が集まりがちなのは、
デコルテ・首元・バストなどを中心とした
年齢が出やすい部分。

大人女性の美の秘訣として、
とくに意識したいのは、
たるみやシワが目立ちやすいデコルテライン、
年齢で大きくラインが変化するバストライン。

顔の印象だけではなく
全体の印象を決める部分だからこそ、
本格的なエイジングケアを始めてみませんか?

お腹やせをしたい方は
【2019・1週間でお腹痩せダイエット】ぽっこりお腹を引き締めてくびれを取り戻す筋トレ!
こちらをご覧ください。

背中やせをしたい方は
【2019】一週間で背中ダイエット!!筋トレやエクササイズで華奢な背中を目指そう!
こちらをどうぞ。

Sponsored Link

Contents

デコルテ&バストラインのエイジングケアしてますか?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Nikola Nguyen (@nikola_nguyen) on

洋服選びでも意外と意識することの多い、
デコルテラインとバストライン。

この2つは、女性の顔の印象雰囲気
全体のボディバランスにも
大きく関わってくる大切な部分です。

いつまでも年齢を感じさせない
美しいカラダに見せるには、
すっきりとしたデコルテ、首まわり・うなじ
がキーワードとなります。

そして、
バストラインへの綺麗なカーブをキープすることや
たるみのないラインづくりも欠かせません。

普段から意識しやすい
フェイスラインのエイジングケアに比べ、
多くの女性が怠りがち
デコルテとバストラインのケア。

今こそ、
エイジングケアに取り組んでいきませんか?

デコルテ・首のお悩みは加齢のサインかも?

意外と多くの方が気にしている
デコルテや首のラインのお肌のトラブル

あごのラインからのたるみ
首のシワハリのなさ
デコルテラインにできた大人ニキビなど、
さまざまなお悩みを抱えている方もいるのでは?

実はそれ、ただのスキントラブルではなく、
加齢のサインかもしれません。

お顔のエイジングケアと同様に、
デコルテや首へのエイジングケアをして、
トラブル知らずの美ラインを目指しませんか?

自分では気付けていないかも?デコルテ・首のたるみ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Annie Fraze Alastin Skincare (@anniefraze) on

女性が年齢を重ねていく上で
ぱっと目について気になるのが、
フェイスラインやバストラインのたるみ

でも、私たちのカラダでたるみやすいのは
デコルテや首のラインも同じです。

加齢による筋力の低下、悪い姿勢、
不十分な保湿、不規則な食生活などで、
無意識にたるみやすい首元の原因を
つくってしまっているかもしれません。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by RDクリニック (@rd_clinic) on

欧米では、たるみきったネックラインが
「まるで鳥のような首」という意味で
ターキーネックと呼ばれます。二重アゴと首のたるみ
一緒になってしまう、悲しいたるみ方です。

うれしいことに日本人にはあまり見られません。
しかし、
避けられない加齢においての油断は禁物

毎日の肌のお手入れやメイクアップの際に、
デコルテや首のラインまで
意識している方は少ないのではないでしょうか?

自分では気がつきにくいデコルテラインのたるみ。

鏡を正面から見るだけでは
なかなか気がつきにくい首のたるみは、
横方向から確認するのが正解です。

残念すぎるターキーネック予備軍になる前に、
しっかりとケアをしていきたいですね。

ネックラインやデコルテラインのたるみの原因

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Grunge (@dark_time_l) on

女性の大敵とも言えるたるみの原因は、
日本人にありがちな姿勢の悪さ
肌や筋肉の衰え
リンパや血液の滞りなどにあります。

また、長時間仕事でパソコンを使ったり
悪い姿勢でスマートフォンなどを使うことで
なりやすいストレートネックなども
お肌のたるみの大きな原因となります。

いつまでも美しい首元を保つためには、
まずは普段の姿勢を意識すること。

そして、簡単なエクササイズや
ストレッチを取り入れて、
早め早めの
エイジングケアを心がけたいですね。

そもそもデコルテとは?ケアする部分をよく知ろう!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Marie-Antoinette (@marieantoinetteofficiel) on

私たちが何気なく使っている言葉、デコルテ

もともとは、
フランスで生まれたファッション用語

マリー・アントワネットの時代などに、
襟元・胸元・うなじ・肩のラインまでを
大きく開けたファッションが流行しましたが、
その頃の名残りで今も使われているデコルテ。

女性の象徴とも言える、
ネックラインからバストラインにかけての
なめらかなボディラインを指す言葉として
広く使われています。

ブライダルでも一番気になるのはデコルテ&背中!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by THE WEDDING BLISS (@theweddingbliss) on

ブライダルのシーンでよく話題になるのは、
首元・デコルテ・背中のケア。

ドレス姿には、
美しいデコルテラインが決め手となるので、
ブライダルエステなどでも
たくさんのプランが用意されていたりしますよね。

美肌・引き締め・シェービングなど
その目的にもさまざまなものがありますが、
やっぱり大人の女性なら、
しっかりとケアしたい部分ではないでしょうか。

大人の魅力あふれる首から肩のデコルテラインとは?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Mariam Ivanidze♒ (@_mari_iva_) on

大人ならではの魅力があふれる
デコルテとはどのようなものでしょうか。

私たち大人が目指したいのは、
年齢を感じさせない
丁寧にケアをされた上質な肌の質感
滑らかな曲線を持ち、
若さに媚びることのない確かな女性の美

そして、無駄な肉やたるみのない
すっきりとした印象を持ちながらも、
その人らしく年齢を重ねてきた、
女らしさが漂うデコルテではないでしょうか。

またデコルテラインは、しなやかな体幹も鍵!
健康的に年齢を重ねる上でも
見過ごしてはいけないボディパーツと言えます。

ただ華奢なデコルテじゃつまらない!健康的なラインが鍵❤

若さが自然と演出してくれていた
ほっそりとした可憐さ、思わず守りたくなる華奢さ。

でも、大人の女性の場合、
ただ細いだけ、ただ華奢なだけのデコルテは、
ボディ全体をなんだか貧相に見せてしまいがち。

また、個性に欠ける華奢なデコルテは、
つまらない女性としての印象を
知らず知らずにアップさせてしまいます。

華奢なデコルテから卒業して、
ゆるぎない芯のある美しさ
その人らしい美しさをまとった
大人のデコルテラインをつくっていきましょう。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by LipPerfectLA (@lipperfectla) on

たとえば
首元やデコルテラインが見える
着こなしをする場合。

単に細いデコルテラインでは
バストラインを拙い印象にしてしまうことも。
また、チープな色気が出てしまい、品のない露出に
なってしまうことも少なくありません。

そこで意識したいのが、
ヘルシーさのあるデコルテライン。

何気ないVネックからの肌見せなども
上品にまとめることができるので、
ワンランク明るい顔の印象をつくることにも
つながります。

年齢を武器にするデコルテ&バストラインケアの新常識❤

デコルテエイジングケアイメージ追加

女性のおしゃれはもちろん、
エイジングでも外すことのできないテーマ、
デコルテラインとバストラインの美。

女性の魅力は、
年齢を重ねるごとに少しずつ変化していきます。

どんなにアンチエイジングを頑張っても、
デコルテやバストラインは変化していくもの。

無理に上向きを狙うバストライン、
露出多めで色気を狙うデコルテラインではなく、
洗練された「魅せ方」が、大人女性の新常識。

年齢を無視して頑張りすぎない、
ナチュラルな女らしさを意識した
デコルテラインとバストラインを手に入れませんか?

大人女性だからこそ醸し出せるラインの美しさ

欧米人に比べて首が短めな日本人は、
首元の演出の仕方次第では、
なんだか垢抜けない印象になってしまいがち。

首まわりやバストラインに
コンプレックスを抱えている方にこそ
おすすめしたいのが、
思い切ってデコルテを見せること。

首元が露出されていると、
自然と姿勢を良くしようと心がけますし、
隠さないことが大人の自信にもつながります。

気をつけたいのは、素材やデザインに、
上品さ、上質さを感じることのできる
ものを選ぶようにすること。

さりげなく鎖骨を強調するスクエアネック
少し大きめに開いたVネックなど、
自分のデコルテを綺麗に見せてくれるだけではなく、
顔に映えると思えるデザインを選んでみましょう。

魅力的でカーヴィなデコルテ&バストラインを目指す!

凹凸のないボディラインよりも、
カーヴィなラインが女性らしく魅力的ですよね。

デコルテラインもバストラインも、
程よいカーヴィさが女性をより輝かせてくれます。

無理なダイエットなどで
ただ痩せることや細いカラダを目指すのではなく、
きちんとメリハリのある、
曲線的なボディラインを目指したいもの。

そのためには、健康的な食事はもちろん、
適度なエクササイズやストレッチに取り組むこと、
運動を心がけることも大切です。

デコルテラインの主役は鎖骨❤エイジングケアの方法とは?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Andrey Osy Losevich – Фотограф (@andreyosylv) on

デコルテラインをメイクする上で
一番大切なのは、鎖骨のニュアンス。

ほっそりとしていながらも
ちょっぴりグラマラスな印象を与える鎖骨が
ぜひ大人女性に目指していただきたい鎖骨。

綺麗な鎖骨をつくることが、
年齢を感じさせない
デコルテラインをつくることにつながります。

デコルテラインのエイジングケアで
おさえておきたいポイントについて、
早速ご紹介していきます。

冷え性&肩こりも醜いデコルテラインのもと?

女性でも多くの方がお悩みのなのが、
カラダの冷え肩こりなどの問題。

実は、この2つ、
デコルテラインの美しさにも
大きく関係しています。

冷え性や肩こりの原因は、
血行不良・リンパの滞り・筋肉のこわばりなど。

そして、
その改善と綺麗なデコルテラインづくり
に欠かせないのは、
肩甲骨まわり、鎖骨まわり、
まわり、まわりのケアなんです。

マッサージや体操を上手に取り入れて、
ぜひ、まとめてケアをしていきましょう。

理想の鎖骨をつくるためにケアしたい筋肉とは?

美の象徴とも言える鎖骨のライン
程よく骨が浮き出た綺麗な鎖骨を目指すには、
(簡単なマッサージやストレッチはもちろんですが)
普段の生活から美姿勢を意識することが大切。

悪い姿勢で毎日を送っていると、
どんなにエイジングケアを頑張っても、
すぐに効果が消えてしまいます。

綺麗の基本は、「正しく綺麗な姿勢」。

そして「正しく綺麗な姿勢」には、
・しなやかな体幹
・柔軟な筋肉
が必要不可欠。

肩甲骨まわりの筋肉、
首から背中にかけての筋肉群など、
たくさんの筋肉を
上手に使いこなすことが大切になります。

首まわりの僧帽筋、胸鎖乳突筋、鎖骨下筋

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 米澤 華奈美 (@k_style.kanami) on

綺麗な鎖骨をつくるためには、
背中から首にかけて伸びている僧帽筋
鎖骨から耳に伸びる胸鎖乳突筋
鎖骨と肋骨をつなぐ鎖骨下筋などの筋肉を
しなやかに整えてあげることが効果的です。

これらは、カラダの中でも特に重い
「頭」を支える大きな役目も担っている筋肉です。
そのため、この3つの筋肉をほぐし柔らかくすると
肩こり改善などにも役立ちます。

女性らしい美しさを手に入れるだけではなく、
カラダの悩みを解消することができるのは、
とてもうれしいですよね。

バストまわりの大胸筋&小胸筋

年齢とともにたるみが気になる
バストケアでも大切な筋肉、
バストから肩のラインを囲む大胸筋
肩甲骨と肋骨をつなぐ小胸筋

どちらも、
腕を動かすことの少なくなった現代では
衰えやすい筋肉とも言われており、
女性にとっては、
バストアップの鍵となる筋肉でもあります。

この2つの筋肉をしなやかに保つことで、
綺麗な鎖骨メイクはもちろん、
バストケアとデコルテケアにも
つながります。

肩まわりの三角筋

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Tomomi Nakano (@tomokuro_sanbo) on

三角筋は、
肩甲骨・鎖骨・上腕部につながる筋肉。

二の腕の引き締めにも有効な筋肉としても
知られる三角筋ですが、
実はデコルテラインのケアにも大切なんです。

理想の鎖骨を目指すことが
二の腕痩せ・バストアップなどにもつながり、
上半身をまとめてケアすることになるなんて
すごいことですよね。

自分の鎖骨に満足してる?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by @sandramabelle on

ぜい肉で鎖骨が埋もれている、
綺麗に骨が浮き出ていない、
なんとなく鎖骨のラインが歪んでいる気がする、
など女性が持つ鎖骨の悩みには
いろいろなものがあるかと思います。

顔かたちや性格にも個性があるように、
鎖骨にも個性があってあたりまえ。

理想ばかりを追うのではなく、
自分で納得のいく鎖骨を目指して、
まずはできることから
ケアをはじめていきませんか?

【デコルテをケア】ストレッチと簡単な運動で魅せる鎖骨を手に入れる❤

デコルテエイジングケアイメージ追加2

綺麗なデコルテラインとエイジングケアに
大きな効果が期待できるのは、
誰でも簡単にトライできる
鎖骨のストレッチと運動なんです。

これを、毎日少しずつでも
忘れずに取り組むのが理想です。

ちなみに、アメリカの女性誌の調べでは、
オーバーウェイトでもないのに
わずか12%程度の女性しか
自分のボディラインに満足できていない
という例も出ています。

鎖骨だけではなく、
大人の魅力あふれるデコルテのためにも、
ぜひ自分が自信の持てる
ボディラインづくりをしていきたいですね。

美しい鎖骨の定義とは?

美しい鎖骨の定義は、
V字でも縦のラインでもなく、
横にまっすぐラインを描いている鎖骨。

そして、喉の下から肩へと続き、
指のはらをそえられる程度の
なだらかなくぼみを持つ鎖骨です。

鎖骨まわりを手のひらでなぞるだけのケアでも変わる?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 新宿・中野 かっさサロン&スクールBio salon (@biokassa) on

デコルテの主役とも言える鎖骨は、
手のひらでやさしくなぞるだけでも
十分なマッサージ効果があると言われています。

とくにおすすめしたいのは、
むくみ・たるみ・肩こりに悩みのある方。

耳の後ろから首のつけ根
首のつけ根から鎖骨に沿って
ゆっくりと手のひらを這わせてみてください。

それだけで、リンパの流れに刺激をあたえ、
だいぶスッキリ感が味わえるはずです。

姿勢が悪いと自覚のある方、
肩こりがひどい方は、
鎖骨から肩甲骨まで
鎖骨から首の後ろまでをなぞってあげることで、
さらに高いスッキリ感を得ることができます。

デコルテケアにはセルフマッサージが効果的!

顔と同じように皮膚が薄く、
やさしいケアが必要なデコルテ部分。
エイジングケアには、
セルフマッサージがおすすめです。

肩こり・首こり・頭痛・ストレートネック、
たるみ改善の小顔効果まで期待できるので、
やらない手はないですよね。

リラックス効果があるので、
お風呂あがりやテレビを見ている時、
仕事中の息抜きなどのシーンでも
おすすめです。

鎖骨のエイジングケアと肩こり解消効果のある体操

鎖骨のエイジングケア、
デコルテまわりのケアに強いのは、
どこでも手軽にできる体操

自分の手や腕の重みを上手に利用して、
じんわりとほぐしていくことで、
肩こりや首こりも解消しますし、
疲れた鎖骨まわりを効果的に
リフレッシュをすることができます。

二重アゴ、首のしわまでをすっきりさせるデコルテラインのストレッチ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Mariana Espinosa (@maarianae) on

寝る前やお風呂あがりなど、
ちょっとした隙間時間やリラックスタイムに
ぜひ取り入れていただきたい
デコルテのエイジングケア。

年齢とともに気になりやすい、
顔のたるみや二重アゴ、
首のしわなどまでケアできるストレッチを
習慣づけませんか?

仰向けに寝て、
腕をまっすぐ天井に伸ばすだけ
簡単ストレッチ。

のど元をきゅっと引き締める効果も
期待できます。

デコルテラインのツヤ肌キープにもおすすめのストレッチ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by NAHO ᵕ̈ (@nahomitsujioka) on

いつまでも肌のハリを感じることのできる
大人のデコルテラインの秘訣は、
程よく艶のある肌感。

それには、内臓への刺激、
背筋をきちんと伸ばすことで、
新陳代謝を促進する効果もある
三角のポーズでのストレッチがおすすめです。

猫背にならないように、
しっかりと背骨を意識して、
がぴーんと一直線になるよう
正しいポーズでのストレッチを心がけましょう。

頑張りすぎないストレッチで、ジュエリーいらずの綺麗な首元を目指そう❤

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Yurika Kato (@yurika0729) on

カラダの中でも重い頭を支えている首回り。

そんなデコルテラインのエイジングケアでは、
普段頑張っている筋肉をケアする
ストレッチを上手に取り入れた、
「頑張りすぎない」アプローチが正解。

セルフマッサージやヨガなど、
ゆっくりしたペースで行うケアで、
ジュエリーいらずのナチュラルな美しさを持つ
デコルテを目指していきたいですね。

ダンサーに学ぶ!美しいデコルテをつくる運動とストレッチ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Petipá (@petipaoficial) on

完璧に近い美しい鎖骨のラインと
デコルテラインの美しさを持つのは、
やっぱりカラダの使い方のプロであるダンサー

姿勢のよさから始まり、
デコルテのラインを綺麗に魅せるということまでを
常日頃から当たり前にしているダンサーには、
大人の女性が見習うべき所作や
ケア方法がたくさんあります。

年齢を重ねていくにつれ
崩れやすいカラダのラインづくりのためには、
適度な筋力トレーニングや運動が大切。

ぜひ、ダンサーのカラダづくりから
学んでみましょう。

短期間で見違えるデコルテをつくる運動

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Spolay スポレー 1分で!おうちエクササイズ (@spolay_) on

短期間で、
デコルテラインをすっきり整えることができる
座った姿勢でも立った姿勢でも
簡単にできる、腕の上げ下ろし運動

腹筋や背筋に自信のない方でも
気軽にトライできるデコルテケアの第一歩です。

腕を肩甲骨から大きく動かすことを
意識してみると効果がアップします。

実は、肩甲骨のしなやかさは、
ダンサーの基本でもあり、
美ボディでは欠かせないものでもあります。

肩甲骨まわりが柔軟になると、
新陳代謝もアップなど、
うれしい効果がたくさんありますので、
ぜひ意識的に動かしてみるようにしましょう。

デコルテケアはバストのリフトアップにも効果的!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ❤︎ ❤︎ (@ayako_ballet_health) on

大人の女性の悩みでもあるのが、
カラダのたるみとゆるみ。

美しいデコルテラインのケアだけではなく、
バストアップや二の腕の引き締めにも
効果を期待できるのが、
チューブタオルを使ってゆっくりと行う
肩回し運動です。

ここでも注意したいのは、
背筋をきちんと伸ばし、
正しい姿勢を意識しながら、
腕を肩甲骨から大きく動かすこと。

バストラインや二の腕を意識して行うことで、
効果アップが期待できます。

美しいデコルテづくりは「正しい姿勢づくり」にもぴったり

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ❤︎ ❤︎ (@ayako_ballet_health) on

美しいデコルテをつくる上で大切になるのは、
あごの使い方

姿勢が悪い方や猫背になりがちな方は、
どうしても、あごが首から前に出がち。

普段から、あごをきゅっと引いて
遠くを見据えるように姿勢をつくると、
自然と美姿勢がつくれるようになります。

上にご紹介した動画のような
足上げは、少し上級さん向け。

初心者さんの場合は、
腕を肩のラインに伸ばすことから
はじめてみましょう。

その時に、
あごから目線を指先に持っていくことを忘れずに。

頭の先から足先まで、
ぴーんと糸が張られているような
緊張感を意識することで、
年齢に負けない美しいボディラインを
キープすることができるようになるはずです。

綺麗な姿勢を保つのがつらいと感じる方は、
お腹まわりや背中まわりの
体幹が弱っている証拠。

デコルテのエイジングケアには、
さまざまな筋肉が本来持つちからを
呼び起こしてあげることも大切です。

鎖骨と肩甲骨を柔軟にして理想のデコルテラインを手に入れる❤

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ❤︎ ❤︎ (@ayako_ballet_health) on

バレエ由来のストレッチ方法には、
ムダな脂肪のないすっきりとしたあごのライン、
綺麗なデコルテラインをつくることができる
大人の女性にぴったりのストレッチがたくさん。

しなやかなデコルテラインのほか、
バストラインやウエストライン、
二の腕の引き締めにも効果が期待できる
こちらのストレッチは、
ぜひ毎日取り入れていただきたい基本のひとつ。

カラダのラインを整えることを目的とする
大人のストレッチに大切なのは、
筋力と柔軟性のバランス感

どちらが欠けても、
美しいボディラインは実現しません。

毎日少しずつでもよいので、
女性らしく魅力的なカラダのために、
柔軟性と体幹を鍛えていきましょう。

いつまでもセクシーなフランス人女性がお手本!大人女性のデコルテケア

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Dasha (@alieveelan) on

欧米でも、上手に年齢を重ね、
大人の女らしさが漂っている女性が多いと噂の
フランス人女性は、
デコルテを魅せる着こなしでも
定評があります。

フランス女性がお手本とされる
引き算上手のスキンケアなどにも
学ぶことは多いですが、
自分に嘘をつかないというライフスタイルや
自然体な色気をまとう姿は、
ぜひ見習いたいですよね。

どこかアンニュイな魅力がいっぱいの
フランス人女性の美から、
デコルテケアを考えていきたいと思います。

フェイスケアと一緒にデコルテケアしてみませんか?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by MAISON SARAH LAVOINE (@maisonsarahlavoine) on

デコルテケアもフェイスケアも
もう少しカジュアルに考えてみませんか?

フランスでは、
女のたしなみという考え方もあるほどに、
フェイスケアと一緒に、
デコルテケアやデリケートゾーンのケアが
一般的に行われています。

「デコルテも顔の一部」、
「美は暮らしの中の芸術」などという考え方が、
自然体でありながらも、
大人女性の魅力あふれる
美しいデコルテをつくっているんです。

紫外線ケアでデコルテの質感も意識

紫外線ケアが必要なのは、
顔だけだと思っていませんか?

日本では、
「美白」へのイメージが先行しがちですが、
紫外線ケアの本当の意味は、
肌を老化から予防すること。

でもそれは決して、
アンチエイジングを徹底することや、
老化から目を逸らすことではありません。

紫外線ケアをするのは、
肌の質感や自分らしく年を重ねるため。

デコルテに紫外線ケアをするのも、
質感を大切にしたいからなんです。

ボディスクラブでやさしくデコルテのくすみ&角質ケア

 

View this post on Instagram

 

Natasha Shahさん(@nashshah_)がシェアした投稿

綺麗なデコルテのラインにこだわるなら、
にきびぶつぶつなどの肌トラブル、
くすみなどのお悩みからも
解放されたいですよね。

フランスをはじめヨーロッパでは、
美白などの意識はあまりないものの、
自然派スクラブを使ってのボディケアや
くすみケアが多いです。

角質をクリアにすることで
肌トラブル知らずのデコルテラインを
手に入れられます。
くすみ対策にもぴったりです。

やさしく丁寧なケアと保湿が前提なので、
必要以上に力を入れてゴシゴシは禁物

顔と同じく皮膚が薄いことを忘れずに、
エイジングケアに取り組みましょう。

高い美容オイルやクリームに頼らない美しいラインの秘訣とは?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by marioncotillard ♡ (@themarioncotillard) on

私たち日本人は、どうしても、
お肌の若々しさを保つには、
高い美容液やクリームが必要と考えてしまいがち。

でも、呼吸をするようなナチュラルな感覚
お肌のケアをするフランス人女性たち。

ヨーロッパでは、フランスに限らず、
引き算ベースでのスキンケアが一般的です。

高級感やトレンドのケア方法にとらわれずに、
自分がいいと思っているもの、
自分の肌に馴染むシンプルなケアを基本に
エイジングケアに取り組む人が多く、
美しいボディラインへの価値観も人それぞれ

「自分の魅力を正しく知ること」も、
上手に年を重ねることや、
女性が輝き続けることの条件なんです。

脱アンチエイジングの時代が来た!?ボディ・ポジティブの考え方

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Lune Delachance (@lunedelachance) on

生きていく上で年齢を重ねることは、
誰にでも起こる当たり前のこと。

また、ひとりずつカラダにも
個性があるのも当たり前のこと。

海外でも、
既成の美の概念や他人の価値観とは異なる
自分のカラダの魅力を理解するという、
ボディポジティブの考え方とともに、
脱アンチエイジング」の声が
上がっていることをご存知ですか?

無理なダイエットをすることや
アンチエイジングはもう古い。
年齢にとらわれない自己ベストなボディや、
健康な心と身体のためのエイジングケアこそが、
私たちの必要とするもの。

そんな考え方が多くの女性誌や
モデルの活動などを通して
どんどん広まってきています。

加齢とは何か?大人だからこそ考えたい年齢の重ね方

欧米諸国に比べ、
文化的にも性差がまだまだ大きい日本では、
女性の年齢が気にされがち。

少女の頃とは違い、
年齢を重ねることが当たり前になっている
大人の現在だからこそ、
あらためて「加齢」について
考えるべきかもしれません。

「大人だから」という理由で、
何かを諦めたり、
何かを始めたりしなければいけないのではなく、
自分らしく、自分の好きなように
歳を重ねていくことが大切なのではないでしょうか。

エイジ・ポジティブこそ大人女性が目指すべき本当の美

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Carmen Dell’Orefice (@carmen_dellorefice) on

今や、世界高齢モデルたちも80代

年齢を重ね、たるみやシワが増えても
私たちを魅了し続ける彼女たち。その存在に、
学ぶことがたくさんあります。

肌やカラダが老化するのは、
誰にも止められない。
だったら、現在の自分を
とことん愛してあげることが大切。

そんなエイジ・ポジティブの考え方が、
女性たちの中で広がっています。

30代、40代、50代と、
年齢を重ねていく上で、
これからが楽しみだなと思える
生き方をすることも大切なのではないでしょうか。

美しさの本当の意味や、
女性としての本当のしあわせとは、
意外と身近なところにあるのかもしれません。

デコルテの美しさは保つのではなく、日々の努力と生き方からにじみ出るもの

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Karolina Sokolovskaya (@sokolovskaya_karolina) on

デコルテラインの美しさは、
顔の印象にも深く関わりがある部分。

そして、顔の印象は、
その人の生き方や内面まで
表現しているとも言えます。

加齢とともに少しずつ変わっていく
私たちのカラダは、
その時々で違う美しさを持っています。

何歳になっても、
自分を磨くことをさぼらずに、
常に自分のボディラインに満足していると
笑顔で答えられる女性でいたいですよね。

綺麗なネックラインとデコルテのためには、自分らしくいることも大切❤

 

View this post on Instagram

 

A post shared by shahd (@kshahdz) on

その人らしい美しさは、
我慢しない生き方から自然と生まれるもの。
自分が好きになれるデコルテや
ボディラインを目指すことが
自分らしいカラダづくりにもつながります。

年齢によるたるみやシワから目を逸らさずに
まっすぐに向き合ってみましょう。

そして、マッサージ・運動・体操などを
上手に取り入れたエイジングケアをすることで
自分の個性が生きた
デコルテラインやボディラインを
目指していきたいですね。

【まとめ】

デコルテエイジングケアイメージ1

エイジングケアは、
女性にとっては大切なテーマ。

とくに、年齢が出やすい首、
あごからバストまでのデコルテのラインは、
顔の次によく見られる部分でもあります。

リラックス効果や美肌効果のある
ストレッチや体操を取り入れて、
ぜひカラダの内側と外側から
自分に合ったエイジングケアを
していっていただければと思います。

 

※本記事内のInstagram、YouTubeにつきましては、Instagram、YouTubeが提供している埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

 

アンチエイジングは運動で!【二の腕編】気になる部分をしっかりケア。目指せ、二の腕美人!

【背中美人を目指す】〇〇な運動でアンチエイジング!相性のいい食べ物も併せて紹介

Sponsored Link
ナイトブラおすすめランキング

ライター紹介 ライター一覧

juriiiiiiiiii

juriiiiiiiiii

旅、本、映画、音楽、おいしい刺激が必要不可欠。
そして、元シンクロ選手だったこともあり、水との時間を大切にしています。
WEBライターのほか、翻訳家、ファッションバイヤーとしてもひっそり活動中。
女性がより自分らしくいられるような情報を発信していきます。

関連記事

  • 【2018最新版】オルチャン肌は目指すには美白がポイント!その方法やおすすめのアイテムを紹介!

  • 【2018】毛穴のタイプ別におすすめの下地と相性の良いファンデーションを紹介!!

  • 【新作コスメ2017】春から夏までのコスメ特集(画像付き)〜押さえておきたい定番コスメブランド〜

  • 【2018ヘアケア】冬におすすめのシャンプー特集!オーガニック/ノンシリコンについても解説!〜 美髪は好印象の秘訣 〜

  • 【2019】低糖質ケーキ20選!-ダイエット中でも食べられる!通販で購入できる-

  • 【2019痩せたい-3】掃除ダイエットのお陰で、躰はスリムに部屋ピカピカ!!