1. TOP
  2. ダイエット
  3. 【2019】ダイエットしても胸を残すための方法とオススメなブラを紹介!!

【2019】ダイエットしても胸を残すための方法とオススメなブラを紹介!!

ダイエットで胸を落とさない アイコン

ダイエットで目指したいのは、
メリハリのあるカラダ。
でも、女性なら誰でも、
胸を残すスリムダウンを
目指したいのではないでしょうか。

ナイトブラのおすすめ人気ランキング!育乳効果は?!試着リポートあり【2019冬・新作、新色も併せて紹介】

そして、
大人女子の魅力がにじみ出るような、
カーヴィーなボディを手に入れたいですよね。

今回は、ただ脂肪を落とすことではなく、
正しい場所に脂肪をつけることを
視野に入れたお話をしようと思います。

適度な脂肪が欲しいカラダのパーツ、
それはみなさんがすでにご存知のとおり、
ヒップラインとバストラインですよね。

とくに今回フォーカスしていきたいのは、
バストライン

ダイエットが成功してサイズダウンするのは
うれしいけれど、狙っていないところまで
サイズダウンしてはいませんか?

女性がダイエットで落としたくないのに
サイズを落としてしまいがちなのは、
胸とおしり。

カーヴィボディには必要な部分なのに、実は
脂肪が落ちやすい部分でもあるんです。

せっかくがんばっているダイエットで、
今までキープできていた
胸のサイズがダウンしてしまうのは
とてももったいないですよね。

ダイエットでカラダ全体を絞るのではなく、
きちんと今の胸のサイズを残す、
正しいダイエットができるよう、
いろいろ見てみましょう!

そして、
胸を残すためのブラについても
見ていきたいと思います。

【2019・1週間でお腹痩せダイエット】ぽっこりお腹を引き締めてくびれを取り戻す筋トレ!

NGダイエットで小胸になってない?

ダイエットで胸を落とさない-イメージー1

間違った知識によるダイエットで
残念なバストラインをつくってしまって
いませんか?

また、バストのサイズダウンについて
ダイエットを成功させるためには仕方がない
と思っていませんか?

とくに、無理な食事制限、
ひとつの食材に頼るダイエットなど、
「我慢をする」ダイエットで
サイズダウンを狙っている方は要注意!

胸のサイズをきちんと残すことができない
ダイエットはNGです。

ダイエットをがんばって
サイズダウンできたと喜んでいても、
バストサイズが変わってしまうのは
うれしくありませんよね。

正しいダイエットの基本は、
やっぱり何よりも、
きちんとした食事で栄養を摂取し、
適切な運動をすること。

そして、バストアップに効果が期待できる
トレーニングを取り入れると
さらなるメリハリボディを狙っていけます。

また、もとの胸のサイズを残すには、
トレーニングに適したインナーを着用して
外からのアプローチをしてあげることも大切です。

この基本を押さえたダイエットができていれば、
ダイエットによる小胸化現象は防げます。

NGダイエットをして、
残念な小胸さんになってしまわないよう、
正しいダイエットを心がけましょう!

では、
具体的にどうしたらいいのか見ていきましょう。

ダイエット成功=バストサイズダウンにならない方法!

ダイエットで胸を落とさない

サプリメントなどから
ビタミンを摂ればいいと思っていませんか?

でも、健康的なダイエットのために、
そして、胸のサイズを残すために必要なのは、
しっかりと食事から栄養を摂ること。

これは正しいダイエットの基本中の基本です。

正しく食べることで、
代謝もアップできるし、
肌つやも良くなります。

食事制限をするダイエットや
ひとつの食材だけを食べるようなダイエットは、
どうしても栄養が偏りがちになってしまいます。

カロリーオーバーや食べることを怖がらずに、
規則正しい生活と食事を心がけましょう。

育乳という言葉が浸透して、
だいぶ経ちましたが、
みなさんは育乳を意識していますか?

普段は意識しなくても、
ダイエット中には
ぜひ意識してほしいのが、この育乳。

育乳を意識しての食事も大切です。

バストラインの維持に必要なのは、
バランスの取れた
たんぱく質、脂質、ボロン(ホウ素)、
ビタミンA・C・Eなどの栄養素。

そして、鍵となるのは、
みなさんもすでにご存知、
女性ホルモンに類似していると言われる
大豆イソフラボンや、
その働きを助けるミネラル類です。

これらすべてが
バランス良く補われていないと、
バストサイズを残すことが
できなくなってしまうんです。

やっぱりダイエットで大切なのは、
カラダを考えての食事をしてあげること。

良質な不飽和脂肪酸をお魚から摂取したり、
お料理に、
オリーブオイルや大豆油を使うのもおすすめです。

ただし、油は、
製造方法や種類によっても、
加熱調理に向かないもの、
加熱してもOKなものとがあります。
用途によって使い分けるように
気をつけてくださいね。

また、
ボロンが含まれる生キャベツを食べたり、
ナッツ類や発酵食品
積極的に取り入れるのもおすすめです。

せっかくなら、
胸のサイズをキープしながら
ダイエットを成功させて、
理想のボディになりたいですよね。

少しずつでよいので、
ダイエットによる小胸化現象を防ぐために、
成長ホルモンや女性ホルモンに
プラスになる食べ物を
日々意識して取り入れていきましょう。

そして、食生活に適度な
筋トレやトレーニングをプラスして、
胸のサイズを残す意識を高めましょう!

ダイエットで胸を落とさない-イメージー2

自信が持てる胸づくりの秘訣はこれ♪

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Passion (@passion.gua) on


日本人女性で胸に自信がある人は
どれくらいいるか知っていますか?

なんと、ある調査では、
約90%の女性が「自分の胸に自信がない
と回答したとか。

あまりに大きな割合で驚いてしまいましたが、
これはとっても残念な結果ではないでしょうか。

知っていますか?

実は、欧米人からはよく
日本人女性の胸はハリがあって、
年齢を重ねても垂れていない人が多く、
とても魅力的だ
と思われているんです。

そしてこれは、
大豆を摂取する機会が多く、
バランスの取れた日本人の食生活にも
関係していると思われます。

しかし、逆に、日本人をはじめとして
アジア人は痩せすぎ、ともよく言われます。
確かに、欧米人のような超カーヴィボディは
あまり日本女性にはいませんよね。

理想の体型は人それぞれ。
しかし、日本人女性はもっと
自分の胸にも自信を持つべきです。

そして、
無理なダイエットはもうやめて、
カーブを描いたデコルテラインや
健康的な魅力と適度なボリュームのある
カラダを目指しませんか?

「ボンボンボロン」のバストアップ効果は?!| 1か月・2ヶ月・3ヶ月体験レポートを書いてみました。(口コミも併せて紹介)

自信を持てる胸への第一歩

おそらく、胸に対するこの自信のなさは
バストサイズや、そのかたちから
来ているのではないでしょうか。

大きい胸の人は、小さい胸に憧れ、
小胸の人は、豊かな胸に憧れる。

人によっては、美しい弧を描いた、
はりきれんばかりのバストラインに
憧れる人もいるかもしれません。

憧れのバストには絶対なれないと
決めつけていませんか?

あるいは、本当は自信を持っていいはずなのに、
いまいち自信が持てない、という方も
多いのではないでしょうか?

実は、ポイントを押さえれば、
誰もが理想のバストへ近づけるんです。

重要となるのは
ひとりひとりの意識改革。
ないものねだりをするのではなく、
今あるものを愛してあげる、
ポジティブな気持ちを持つことも大事です。

胸を残すためのキーワードとなるのは、4つ。

先ほどお話した食生活
適度な筋トレ
そして、育乳マッサージ
正しいブラを着用することです。

まずは、キーワードを順番に確認して、
自信の持てる胸を目指しましょう!

ライター紹介 ライター一覧

juriiiiiiiiii

juriiiiiiiiii

旅、本、映画、音楽、おいしい刺激が必要不可欠。
そして、元シンクロ選手だったこともあり、水との時間を大切にしています。
WEBライターのほか、翻訳家、ファッションバイヤーとしてもひっそり活動中。
女性がより自分らしくいられるような情報を発信していきます。

関連記事

  • 必ず痩せるために!ダイエット方法!本当に痩せた呼吸法もお教えします!

  • おすすめの青汁・おいしい飲み方を、栄養士がタイプ別に紹介!【ダイエット・野菜不足解消】

  • 【今話題のセルフエステ】じぶんdeエステを体験!効果は?持ち物は?・・・レポートします!

  • 【2019水泳ダイエット-5】元シンクロ選手が教える水泳ダイエットで魅力的なお尻・スレンダーな脚を無理なく作る。

  • 【2019水泳ダイエット-4】元シンクロ選手が教える水泳ダイエットで引き締まったお腹・魅力的な背中を無理なく作る。

  • 【さつまいもダイエット】1週間置き換えダイエット!栄養士が1週間分のレシピを公開!